山形のハト大量死、53歳男を逮捕…飼育の125羽殺す

May 25 [Mon], 2009, 19:52
山形県寒河江市の農業用水路でハトが大量死しているのが見つかった事件で、県警は20日、同市寒河江、ダンプ運転手渡辺誠容疑者(53)を廃棄物処理法違反(不法投棄)と動物愛護法違反(虐待)の…

 山形県寒河江市の農業用水路でハトが大量死しているのが見つかった事件で、県警は20日、同市寒河江、ダンプ運転手渡辺誠容疑者(53)を廃棄物処理法違反(不法投棄)と動物愛護法違反(虐待)の両容疑で逮捕した。

 発表によると、渡辺容疑者は5月上旬から中旬にかけて、自宅に隣接する小屋で飼育していたハトに水や餌を与えずに衰弱させ、首を手で絞めるなどして殺し、同月15日から17日にかけて、用水路に125羽の死骸(しがい)を投棄した疑い。

(2009年5月22日00時50分 読売新聞)