オススメリンク集 

May 31 [Sat], 2008, 20:03
健康志向で行こう
新しいNews.com
趣味陣日記
競馬必勝法女
健康志向ブログ
太ももダイエット術
短期ダイエットのコツと注意点
スピードダイエットとリバウンド
セルライト
太る理由
ダイエットと食生活
低カロリー食品ダイエット
おからダイエットクッキーの作り方
しそ酢ダイエットとコーヒーダイエットについて

ダイエットは食事から 

March 08 [Sat], 2008, 6:47
最近ダイエットを始めました。

食事面の改善は、ダイエットに取り組む時には避けて通れないものです。健康的なダイエットを達成するためには、適度な運動と共に食事面からの改善が重要です。極端な食事制限は健康を害するだけでなく、リバウンドの原因となって結局太ってしまったり、ストレス原になって精神に悪影響をきたすことになります。

健康的なダイエットをするためにはバランスのよい食品で栄養を摂り、体と心の美しさを目指すことが大切です。食事はダイエット時に最も心がけなければならないことです。食事を野菜中心に切り替えることで、豊富な食物繊維やビタミン、ミネラルを取り込むことができます。

サラダは体を冷やしてしまうこともありますので、生で食べるよりも、温野菜を中心にて食べましょう。ここでドレッシングを大量にかけてはカロリーが上がってしまうので、スーパーなどにあるノンオイルドレッシングを使いましょう。

油脂成分控えることで体重を減らそうと肉類や魚類を完全に断つ人もいますが、栄養面でもよくない上に健康を損なうことにもなりかねません。適度な筋肉は体のエネルギーを燃やし基礎代謝を上げる効果がありますが、肉や魚にはその筋肉を作るための豊富なタンパク質が含まれています。筋肉のない体はやせにくくもなります。

魚介類はカルシウム、タンパク源です。魚の脂に含まれるDHAは血液をサラサラにする効果もあります。ダイエット中でもバランスの取れた食事を取る事も大切です。お肉やお魚を食べる場合はテフロン加工のフライパンにする、体に脂肪が付きにくい油にする・蒸すなど調理法で工夫しましょう。油を専用の容器に入れ、フライパンにスプレーすることで少量の油で揚げ物や炒めものを作ることもできます。

2007日本グランプリの混乱が司法の場へ 

February 29 [Fri], 2008, 19:41
昨年、30年ぶりに富士スピードウェイで開催されたF1の日本グランプリ。

一昨年までは日本GPといえば鈴鹿サーキットが定番だったのですが、F1(国際自動車連盟=FIA)は各国のサーキットと5年単位で契約をしており、ちょうど契約が切れる2006年をもって鈴鹿サーキットでの開催が終了、2007年からは富士SWでの開催となりました。
この日本グランプリは、サーキット替え、水面下では「鈴鹿=ホンダ」と「富士=トヨタ」の綱引きがあり、結果的に富士SWに軍配が上がったと言われる曰く付きのレースです。

こうして30年ぶりに富士SWで日本GPが開催されたわけですが、雨が降りしきる悪天候と、運営側の見込みの甘さが重なってトラブルが続出。
特に交通関係で問題点が噴出しました。

●指定の駐車場や駅から会場までのアクセスをシャトルバスに限定(徒歩も禁止)。結果、雨で場内走路が陥没したために大渋滞を引き起こした。
●大渋滞によって遅延するバスを、雨の中待たされた観客は数万人にも上り、気温の低い富士山の麓で、5時間以上待たされた人も多かった。
●そのお詫びとして富士SW側が「冷たい」飲み物を提供(爆)
●トイレ数が少なく、トイレは1時間待ち。
●特に14万人が詰めかけた決勝の日は、大渋滞でスタートに間に合わなかった観客が続出。
●第1コーナー寄りのC指定席の一部(約7000人席)からレースが見えないことが判明、チケット払い戻し。このニュースは全国ニュースでも流れた。

このような、あまりに相次ぐトラブルに、観客からは「この混雑が改善されない限りもう来たくない」との声が上がったほど。
確かに、雨の中で何時間もバス待ちを強いられてしまったら、そんな気持ちになってしまうのは想像に難くないですね。

このトラブルから半年後の今年4月頃をめどに、観客の一部が「バスのトラブルでF1を楽しめなかった」と、富士SWに対して約 70人が集団訴訟を起こすそうです。

どのような司法の判断が下されるのか、注目しておきたいところです。