2005年9月23日。26歳になって既に4ヶ月が過ぎた・・・。
焦りを覚える。でもまだ間に合う。 動かなきゃ! まずは「ここ」から・・・。

誕生日に / 2006年05月27日(土)
■ダ・ヴィンチ・コード

久しぶりに映画を見た。
巷で話題なので見てみた。

誕生日(5/23)という事で、そんなノリで。



前提としてフィクションだけど「もしかしたら・・・」
と思わせる程に確信に迫れる。。。

トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ(アメリ/スパニッシュ・アパートメント)、
イアン・マッケラン(ロード・オブ・ザ・リング)、ジャン・レノ、ロン・ハワード(ビューティフル・マインド)
キャストも監督も素晴らしかった。


予備知識ないとちょっと難しいかも。。。
これから見に行く人はサイト見てみるといいかもね。

http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/site/home.html


このサイトにはGAMEもできるで結構おもしろい


「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」一度は実物を見てみたい・・・






 
   
Posted at 21:18 / ■映画 / この記事のURL
コメント(0)
アブデカ / 2006年05月27日(土)
■アブデカ
 
渋いハードボイルドの決定版!
7年ぶりの復活に感動!!
http://www.abudeka.jp/




こんなおっさんにならなってもいいね〜
 
   
Posted at 21:05 / ■映画 / この記事のURL
コメント(0)
新婚旅行 / 2006年04月16日(日)
■新婚旅行 in BARI

忙しい時期で恐縮でしたが、新婚旅行に行ってきました。
快く了承頂いた部署の皆様に心から感謝しつつ、皆様に少しだけ
その様子をご紹介!

ご興味をもたれた方は、是非一度。
とても豪華な旅と貴重な経験ができました!!


  ・・・・・・まさに楽園・・・・・・・・

まずは、宿泊場所と宿泊ホテルのご紹介
ありえないくらい豪華でした。ご存知の方もいるかも。。。
一生に一度の経験かも(^^;)

★場所(Jimbaran, Denpasar, Bali)
http://www.fourseasons.com/jp/jimbaranbay/directions_and_map.html

★ホテル(Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay)
http://www.fourseasons.com/jp/jimbaranbay/guest_room_614.html# 


広大な敷地内にそれぞれ一軒屋(=ヴィラ)が区分けされています。
まさにプライベートな空間として使えます。(上記ご参照)

基本的にはホテルでのんびり、繁華街でショッピングを楽しんだ
5泊6日の旅でした。

全部で100枚くらい写真をとりましたが、PhotShopが家のパソコンに無いので
画像アップできず。。。残念!(誰か下さい・・・)

買い物や、食事はバリで一番の繁華街の『レギャン通り』でしました。

毎日、気温30度以上。スコールがあるものの歩くだけで汗だく。
それでも時間を無駄にできないと、町を見物。

とにかく物価は安いのだが、日本人には向こうも必死!
買わせようとあちこちから声がかかる。。
(※物価はだいたい日本の半分くらいの感覚。ビール1本75円位)

そこを突破し、いざお金を払う時は、交渉・交渉(Discount Please)で
お互い譲らずの激しい戦いが繰り広げられる。

ホテルでのゆっくりとした時間とのワビサビ(?)を感じつつ色んな出会いもありました。
町で遊んで、ホテルに戻るとビールを飲みながらプールで人泳ぎ!!
夜は、DVDのレンタルができて見ほうだい!

  ・・まさに楽園です・・・・・

細かく話すと異常に長くなるので、今回はこの辺で!
ネタは尽きない、本当にいい旅でした!!

  ・・Terima Kashi BARI・・・・
 
   
Posted at 17:55 / ■GOOD! / この記事のURL
コメント(0)
★・★挙式★・★ / 2006年03月26日(日)
★2006/3/25 ホテルラフォーレ東京 / 御殿山ヒルズ 八つ山 にて挙式をしました。




とてもいい式にする事ができました。
今はほっと安心をしています(笑)


参加して頂いた皆様にも本当に楽しんでくれたと思います。
何ヶ月も前から準備をして来た甲斐がありました。


今はもの凄い達成感で一杯です。


当日は心配していた天候にも恵まれ、とても爽やかな陽気となりました。
会場周辺も、晴天の中、桜の蕾がちらほら花をつけ始めた庭が一望でき
とても綺麗でした。

参加してくれた友人の笑顔がとても印象的でしたね。


式は、親族と親しい友人達と少人数でアットホームな感じで
行ないました。


お呼びできなかった皆様本当に申しありません。
近々ご挨拶がてら飲みにでも行ければと思います。



式を無事終え、振り返ると当日まで本当に色々な事を乗り越え、
一人の男としてちょっとだけ成長できた気がします。。。




また明日から夢に向かって「やってやるぞ!」という感じです!!




Thank you really...
 
   
Posted at 21:41 / ■NEWS / この記事のURL
コメント(0)
一杯のコーヒーで / 2006年03月26日(日)
TULLY'S COFFEE

一杯のコーヒーに「笑顔」と「情熱」と「安らぎ」が。。。
スペシャリティーコーヒーを提供しているTULLY'S COFFEE


シアトル生まれの本格的なコーヒーを提供しているタリーズコーヒージャパン株式会社が展開しています。
SHOPには、同社代表取締役社長の松田公太氏の情熱と思いが溢れています
(※勿論味は最高〜!)

最近六本木に足を運ぶと必ずよっています。

お店の店員さん(同社ではアルバイトから社長までFirst Nameにフェロー(仲間という意味)
と付けて呼びあっているそうです。)
は皆素敵な笑顔で向かえてくれます。

珍しくコーヒー豆(ビーンズ)を購入してみましたがとても丁寧に対応してくれました
本当にお客様の事を考えている事がわかります。

本当に「味」と「落ち着く空間」を提供するという情熱が伝わります。
ついつい足を運びたくなる。
一体のコーヒーの力は凄い!!

■購入したビーンズです(コクがあり、コーヒー好きに人気らしいです。)


■すべては一杯のコーヒーから
松田氏の著書です。
タリーズのファンになりますね!
 
   
Posted at 20:02 / ■GOOD! / この記事のURL
コメント(0)
クロノス・ジョウンター弟2段・第3段 / 2006年01月30日(月)
■クロノス・ジョウンターの伝説





クリスマスに見た舞台の続編。

「バック・トゥ・ザ・フィーチャー」、「ターミネーター」、「タイムコップ」、
「ドラえもん」etc・・・
映画・アニメ・演劇に関わらずタイムトラベル作品はおもしろい。

クリスマス講演も本当に良かった。

この劇団もタイムトラベルの作品が本当に多い。どれも素晴らしい!


今回の千秋楽はなんと「祝日」 いかねばなるまい。


因みに本作品は『黄泉がえり』を書いた梶尾真治原作です。。。



 
   
Posted at 01:02/ この記事のURL
コメント(0)
ビジョナリーカンパニー / 2006年01月30日(月)
■ビジョナリーカンパニー(時代を超える生存の原則)




時代を超え際立った存在であり続ける企業
永続の源泉を「基本理念」から学べます!

非常に難しいけど、非常に大切な事を学べた気がする。
実は内容の10%も理解できていない。。。
これから何度となく読み返すことになると思う。

もっと見識を広めねば!!

きっと目標をもって仕事をしていく上での「原点」になるはずだから。。。


因みに、【ビジョナリー】って「基本理念」のことで、
基本理念を持って成長する企業を
ビジョナリー・カンパニーっていうそうです。
 
   
Posted at 00:05 / ■著書 / この記事のURL
コメント(0)
ルパン三世 / 2006年01月29日(日)
■ルパン三世 天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜

 http://www.vap.co.jp/lupin/index.html

久々にDVDで見てしまいました。
この歳になっても未だに楽しめるアニメがある。

懐かしさいっぱいで堪らない。

きっと誰にでもそういうのはあるはず??

 因みに俺は「次元 大介」派! 渋い!!

 
   
Posted at 18:30 / ■映画 / この記事のURL
コメント(0)
体脂肪率10%台を目指します! / 2006年01月09日(月)
■コナミスポーツ(半年ぶり〜。。。)

また、運動始めました。
日々衰える体と、増える脂肪に危機感を感じました。
2006年まず健康維持と、ダイエットに励みます。

こんなとこです。
http://www.konamisportsclub.jp/

【本日の測定結果】
体重:70.5KG
体脂肪:24%

目標
65KG、17%、逆三角形のBODYを取り戻すぜぃ
 
   
Posted at 19:49 / ■GOOD! / この記事のURL
コメント(1)
■考えた。考えさせられた / 2005年12月31日(土)
■追われ者



また一人尊敬できる人の生き方を知ることができました。

この世代の方々は時代がそうさせたのか、
なんてアクティブで苦労と成功と挫折と栄光を
これほどまでに経験しているのだろう。

2005年。。。

自分にとっても様々なことがあった1年だったが、
この本で締めくくることになりました。
 
   
Posted at 00:03 / ■著書 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.