ネオジム磁石の成分比較

June 30 [Sun], 2013, 12:59

ネオジム磁石は、最強の磁力をもつことで、強い磁場を作り出します。


そのため、小型化しても、高性能な製品を作り出すことを可能にしています。


また、耐久性があり、同じレアアースのなかでもサマリウムコバルト磁石より値段が安く手に入ります。


1984年に佐川眞人博士により発明されたネオジム磁石は、当時、世界中で注目をあびました。


そして、今なおネオジムじしゃくは、多くの製品を生み出し続けています。


ここでは、そのネオジム磁石の成分についてご紹介します。


磁石の専門業者サンギョウサプライはココ


電磁石と永久じしゃく

June 29 [Sat], 2013, 12:58

永久磁石と電磁石は、いずれも出ている磁気は同じものです。


しかし、永久磁石は、鉄を熱して冷ましたり、焼いたりすることで自然のエネルギーを出すことができます。


電流が流れていなくても、常に磁石としての機能を果たします。


方位磁石の活用

June 22 [Sat], 2013, 12:57

方位磁石は、コンパスとも呼ばれていますが、外でのスポーツやアウトドアではなくてはならないものです。


たとえば、登山やヨットセーリングなど、自分の位置を知っておかなければ、遭難に合った時に大変なので、方位磁石は、絶対に必要なものです。


希土類磁石の活躍

June 18 [Tue], 2013, 12:56

希土類磁石は、英語名でレアアース(rare earth element)と言われているもので、17の元素からなっています。


精密機器、ハイテク機器、音響機器などに必要な磁石であることから、各企業から熱い視線を集めています。


それもそのはず、この希土類磁石がなければ、上記にあるさまざまな製品が作れないからです。


では、その貴重な希土類磁石の活躍の場とは?いったいどのようなところで用いられているのでしょう?!

磁石の不思議

June 12 [Wed], 2013, 12:56

磁石を作るときに必要な材料は、鉄、ニッケル、アルミニウム、ネオジム、ボロン、サマリウムなどを混ぜ合わせることで、永久磁石が作られます。


また、これらの成分の配合や組み合わせにより、精度の違うさまざまな種類の磁石ができるのです。


さて、磁石は、S極とN極の2つの磁極を持っていますが、同じ極どおしだと押し返しますが、たとえば、S極とN極だと引き合う磁性を持っています。


P R