あなたへ。 

2005年11月27日(日) 0時00分
やっぱりドアを閉めた後、
私の瞳から涙がボロボロと出てきてしまった。

やっぱり大好きだった。
本当はもっともっと一緒にいたかった。

私もあなたに触れたかった。


けどそれは私のわがままで、
別れたいのも私のわがままで、
最後の最後まであなたは私のわがままを聞いてくれた。

後悔してないなんて嘘だけど、
そう自分に言い聞かせないと狂ってしまいそうで。

今でも、いつでもあなたのこと考えてます。
戻れるものなら・・・・。

それも私のわがままだね。


私はあなたに何もしてあげられなかった。
あなたを苦しませることしかできなかった。

ごめんね、ごめんね。


あなたが私を忘れても
私はあなたを忘れない。


いつまでも、いつまでも大好きだから。




幸せになってください。





今まで私と一緒にいてくれてありがとう。









さようなら。


天秤。 

2005年11月19日(土) 6時36分
僕は君と一緒にいたい。
けど、僕が君を選ぶことで一人の人間が傷つく。

さらに、
付き合っていればまた、今と同じようなことが起きる気がする。

だから僕は今の自分の気持ちにウソをついているような気がする。
淋しくないわけないじゃないか。
会いたいと思うのは当然じゃないか。

僕は君が好きなんだから。


でも君のことを思うなら
今、僕との付き合いをやめて
他の人をみつけたほうがいいと思う。

そうすれば少なくとも僕のことで悩むことはなくなるだろう。

そういう気持ちの伝え方は間違っているかもしれないけど、
君はもう悩みたくないって言っていた。

それなら、僕の選択はきっと間違っていないはずだと信じたい。

今、僕が君と別れたら
僕は毎日君を失ったことを後悔するだろう。

それでもいいんじゃないかって思うんだ。
君が僕のことで苦しまないなら、僕はそれでもいいと思うんだ。

僕のことで誰かが苦しむのは嫌なんだ。
それこそ自分が嫌いになってしまうからね。


君は僕と一緒にいて苦しむのと
僕がいなくて苦しむのはどっちがいい?


これはいつか君に聞かないといけないことだね。




僕は君が一番大好きだよ。

ちがうん。 

2005年11月15日(火) 0時32分
昨日ご飯食べた後
布団に入ってウダウダ言いながらそれなりに伝えたいことを話した。

けど、やっぱり本人に本音はいえねー。


何を話したって、
+あなたへの好きは恋愛の好きじゃない
+みんな好きなん

まぁ大まかにこんな感じ。


あなたは自分が一番ならそれでいいとは言ってたけど
私はそれじゃだめだって言った。

じゃーどうしたいん って言われたけどわからない。


ぶっちゃけると
他の男は恋愛の好きとして見れてるん。
だけど彼はそれとはちがうん。

コレが言いたかった。


でもいえねー。
顔見たら絶対いえねー。

考えすぎなくていいとか言われたけど
結論でてるんよ。


確かに私はあなたのこと大好きだし、
離ればなれになるのも嫌だけど、
たぶんそれだけなんだ。

好きとか言ってみてるけど
本当はちがうんだ。

くっつきたいけどそれは好きだからじゃないんだ。
寂しいだけなんだ。

それはあなたに対しても君に対しても一緒なんだ。



だからみんな好きなんだ。





そういうこと。





結局私は誰でもいいんだよ。

自分の事好きって言ってくれて、
自分のそばにいてくれる人ならさ。

ただの自分勝手な人間なんさ。

ただの寂しがりやなんさ。




最近生きてるここちしねー。

腕切りてー。

いっぱい泣きてー。




愛されてー。







くそったれ。

やっと。 

2005年11月13日(日) 1時03分
何時間もボーっとしていたような気がする。

泣きたいけど泣けなかったんだ。
本当に生きてる心地がしなかった。

私が切ることを望まない声が頭の中をぐるぐる渦巻いてたけど、
私はただ泣きたかった。

泣けばきっと元気になれるから。


でも不思議と涙は出てこなかったんだ。



他に方法がなかったんだ。
ごめんなさい。



私にはああするしか
自分が生きてることを確かめることができなかったんだ。




すぐに泣けると思ったのに、
1時間も2時間も切っていたような気がする。


もう切ったらまずいと思ったから
今度は殴ることにしたんだ。


そしたら泣けた。

いっぱい泣けた。

よかった。


彼氏ともまぁまぁ普通にお話できたし、
切ってよかった。
殴ってよかった。
泣けてよかった。


今日もゆっくり寝られそう。

でも、傷つけちゃった。
怒られるかな。
泣かれるかな。
見せないようにしないとだね。

あと、ちゃんと伝えないと。




あなたとは付き合えないって。




言えるかな。
好きって言われてすごく嬉しいんだけど、
私はあなたとは一緒になれないって言えるかな。

彼氏といる時間がながすぎたね。
一人で考えて、それを行動に移すことがこんなにも大変なことだったなんて。

自分のこともろくにできない人間に
人のこと考えてる余裕なんてないんだね。

よくわかった。


私はもっと一人で色々できる人間にならなくちゃ。
一人で色々悩める人間にならなくちゃ。
一人でがんばれる人間にならなくちゃ。


たとえ自分を傷つけてでも。




がんばらなくちゃね。








がんばろう。



少しずつなんて言ってられない。


嬉しかったのは 

2005年11月11日(金) 17時33分
僕が泣いたのは
「絶対消えるよ」って言われた時。

嬉しかった。


消えないってわかってたけど、
すごく嬉しかったんだ。

君と一緒にいれば消える気がしたんだ。


でもわかってるからこそ哀しくもあったんだ。
どんなにがんばっても消えないんだって。


でも、僕は君とは一緒になれないと思う。
君は僕とは全然違うから。
時々すごく不安になるんだ。

だからきっと君とは一緒になれない。


それに、今君が知っている僕は本当の僕じゃない。
君は僕だけど、僕じゃない人を好きになっているんだよ。

だからいつか嫌いになると思うんだ。
それは僕はとてもつらいから、やっぱり僕は君とは一緒になれない。


ごめんね。
つらい思いをいっぱいさせてしまってごめんね。


どんなに謝っても許されないけど、
僕には謝ることしかできないんだ。


ごめん。

本当にごめんなさい。

きっと大丈夫。 

2005年11月08日(火) 22時03分
最近鬱気味だから
本当は腕切ったり、わんわん泣きたいんさ。

けど、腕切ったところでただ傷が増えるだけだし、
一人で泣いたところで余計に虚しくなるだけだし。

ようするに誰かに一緒にいて欲しいのよ。
もしくは誰かを感じていたいのよね。

でもなんか彼氏とはメールしたくない。
一緒にいて欲しいなんて言えるわけもない。


そのせいか明日すごく楽しみなわけよ。


私のことぎゅっってしてくれる人と会えるでしょ。
だからすごく嬉しいの。

最近彼氏はあんまりしてくれないし、
一緒に寝たりもしないしね。

好きなら私が嫌って言っても無理矢理にでも
布団で一緒に寝て欲しいんだよね。

そういう気持ちわからないかな。


こたつに一緒に入ってさ、
私はPCいじって、彼は漫画読んでて・・・・。
そんなの嫌なのに、なんでわかんないかな。

そうやって当たり前のように私が存在してるのがすごく嫌なの。

普段一緒にいられない分、一緒にいるときくらい
好きって気持ち全身で感じたいよね。

だけど最近そんな風に感じなくなってる。


私が悪いのかもね。



平気で指輪とかはずせてるし。
メールだって来なくても全然平気だし。

私のほうが愛情なくなっちゃったのかもね。



メール、
1日、2日しなくても彼は心配なんて全然しないから。

布団で寝たら泣いちゃいそう。
今日もこたつで寝よう。



明日はきっともっと笑顔でいられるはずだから。

あなたのため 私のため 

2005年11月05日(土) 10時43分
我慢をすることがあなたのためになるというのなら
私はどんなことでも我慢しましょう。

我慢することが私のためになるというのなら
私はどんな我慢もいたしましょう。

でも、
一人のときは違う。

我慢なんてできない。
我慢なんてする必要がないんだ。

何も考えなくていい。
何も考えなくていい。


なのに思ってしまうんだ。


そうやって自分を傷つけるんだ。




もういいんだ。

これであなたに嫌われようと
あなたに怒られようと
私に悔いはない。


誰に何を言われたって今なら平気。


あなたを失うことさえなんなくできる。





なんだろうこの気持ち。

今の私には怖いものなんて何もない。
恐れるものなんて何もない。





此処の私。 

2005年01月13日(木) 20時05分

ここの私って
本当に弱いよね。

少し突付いたら死んじゃいそう。



最近気がついたのは
1人を感じるのは、2人だからってこと。

心の中ではいつも常に2人なのに、
実際はじぶんしかいないから、1人だって思う。


それと、死にたいって思うのは、
余裕があるから。


前は自分の事は自分でしてたし、
誰も何もしてくれないし、
頼る人なんていなかったから、
死にたいって思う余裕も無かった。

でも今は人に頼ることを覚えてしまったから、
私は死にたいって思う余裕が出来た。


そんなかんじ。



本当にくだらないよね。
バカバカしいよね。


そうわかっているのに
私は今 また腕を切りたいって思ってる。

切っても死なないし、
本当は死にたくなんか無いくせに、
私はまだ自分の腕を見るたびに「切りたい」って思う。


「ここの傷が少ない」とか
「まだ傷つけられる」とか


そのくせ
成人式の写真を撮るとき
必死で自分の腕の傷を隠してるんだ。


本当にバカだよね。
だったらつけるなっていうんだ。



隠してるくせに
どこかで誰かに「どうしたの?」って聞いて欲しかったり

でも答えるのに困るから聞いて欲しくないって思ってたり


本当にバカだよね。






今年1年
なにもないといいなぁ。

病気にでもなって死ねたらいいなぁ。

明日にでも地球が爆発してくれないかなぁ。





もうだめぽ。


溜息。 

2004年12月09日(木) 20時04分
何に腹が立っているのかわからず、
何が悲しいのかわからず、
ただ自分の家に向かって歩いた。


何かがすごく悔しかった。
何かがすごく悲しかった。
何かがすごく苦しかった。
何かがすごく寂しかった。


なんだか解らないから
すんごく腹が立った。




あー
あー
あー



もういやだ。

言葉と心 

2004年12月02日(木) 20時02分
なんの用も無いのに
一緒にいないで欲しい。

私に物をたからないで欲しい。

邪魔しないで欲しい。

頭撫でないで。

くすぐらないで。

肩組まないで。

手繋がないで。

冗談でも好きなんて言うな。




それが君のスキンシップなのかもしれないが、
「触るな」って言ってるのに触るなよ。


当たり前のように隣を歩くなよ。



「お前は変わってない」じゃなくてさ、
お前が少し変われよ。

少しわきまえてくれよ。


普通じゃないだろ?
おかしいだろ?
変だろ?
わかるだろ?


何がしたいんだ?





いや、
私が悪いのか。


私が悪いんだな。


もっとはっきり言えばいいんだな。



もっとしっかりすればいいんだな。




私が悪いんだ。

私が。










こんな私に罰をください。

もっと私を強くしてください。





1人で生きていけるなら、
他人との馴れ合いなんていらなくなる。


その強さが無いから、
私には少しの言葉しか出てこない。



気持ちと言葉が合っていない。









今日も私に罰をください。



P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ぷろふ
+ 琥兎(kou)
+ 20歳 女
+ A型 みずがめ座
みんなの一言
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kou4949
読者になる
Yapme!一覧
読者になる