【 更新情報 】

スポンサード リンク

骨盤ダイエットの注意点

 骨盤ダイエットを実践する上で注意すべき点があります。

 最も注意したいのが、ポーズにこだわり過ぎてしまうことです。

 写真はどうしても平面的なものになりますので、どのような姿勢をしているのかがわかりにくくなってしまう部分が出てしまいます。

 体の固さ、手足の長さにはどうしても個人差があります。

 その辺りを無視して、紙面通りの姿勢を取ろうとすると無理が生じてしまうこともあるのです。

 また、無謀な体勢を取ろうとすると、骨盤だけでなく体の要所要所にいらない力が入り、筋肉に負荷がかかって骨盤の歪みが助長されていまいかねないので気をつけましょう。

 骨盤を整える姿勢を取る時は、身体に負荷がかかりすぎないよう気をつけましょう。

 効率的な骨盤ダイエット運動には呼吸のコントロールも重要ですので、身体を動かす際にも意識して行いましょう。

 むしろ力を入れようとして、わざわざ息を止めてしまう場合もあるので注意しましょう。

 息を止めての運動は筋肉が縮こまってしまう原因になりますので、骨盤ダイエット効果が減少します。

 筋肉の伸び運動ができるように、骨盤ダイエット運動では呼吸を忘れないことが大事です。

 より確実な骨盤ダイエットのためには、腹式呼吸をマスターしましょう。

 運動の効率がアップします。

 強引に骨盤矯正ポーズを取りさえすれば骨盤の歪みが治るというものではなく、力づくで行うだけでは骨盤にかかる力が散ってしまいます。

 身体にいいダイエットを成功させるためにも、骨盤矯正を目的としたエクササイズを続けてください。

気軽に出来る骨盤ダイエット法

 家庭で、特別な器具を必要とせずにできることが骨盤ダイエットのメリットです。

 骨盤の歪みを治すことを目的としているので、骨盤ダイエットの基本は体操です。

 骨盤ダイエット体操の基本は腰を回すことです

 足を肩と同じくらいに開いてまっすぐ立ち、腰を右、左と回す動作をまず10回行いましょう。

 体を動かす時はゆっくりと、過剰な負荷をかけてしまわないようにしてください。

 あくまで骨盤の歪みを正すための運動です。

 呼吸を意識して静かに息を吐き続けながら、体を前に倒して前屈をする運動も、骨盤ダイエットに重要な意味を持ちます。

 前屈の次は後に反る姿勢を取ります。

 できるところまででいいので、体を1回元に戻してから、後ろ向きに反らせましょう。

 10回を1セットと数えて、上半身を前後に倒す運動を行っから、腕の動きをつけながらの腰の回転運動を行います。

 手の位置は、腰より下で足より少し上目に、てのひらを当てながら回ります。

 両足は肩幅と同じくらいに広げて行うことが基本で、左右に10回ずつを1セットとして捉えて行ってください。

 慣れないうちは、骨盤ダイエットの最中に身体がぐらついてしまうかもしれません。

 けれど、上半身が不安定では骨盤ダイエットとしては効果が期待できませんので、できるだけ腰だけの運動ができるようにしてください。

 より骨盤ダイエットに関する詳しい知識を得たいという時は、最寄りの整体病院などに方法を聞いてみるといいのではないでしょうか。

骨盤ダイエットとは

 女性の多くは、年をとってもなおきれいでい続けたいと思っているのではないでしょうか。

 社会的現象といってもいいほど、数多くの人がダイエットに取り組んでいます。

 メジャーなダイエットとして多くの人が挑戦しているものが、骨盤ダイエットです。

 痩せるだけでなく体にもいいことが骨盤ダイエットの特色で、骨盤の歪みを正すことによってダイエット効果の高い体になれるというやり方です。

 また、痩身効果だけでなく、血流改善による冷え性体質の改善や腰痛対策にも骨盤ダイエットは効き目があるようです。

 骨盤ダイエットは、日常的に運動量が少ない人やダイエット運動に時間を使えない方でも挑戦できます。

 赤ちゃんを産んですぐ、骨盤に負荷がかかりやすいような環境にあるお母さん方も、骨盤ダイエットを始めてみましょう。

 妊娠や出産を通して広がってしまった骨盤が、その後の姿勢や行動によって負荷が増して歪みが大きくなると、静脈が押されてむくんだり冷え性になったり、加齢と共に血管にが発生したりします。 血管の中にできてしまったが、何かの拍子に血流に押されて流れ出し、重要な臓器に届いてしまっては大変です。

 産後数ヶ月経過した後からでも、骨盤ダイエットを実行すると良いでしょう。

 きれいでいつづけるためには、表面上の美しさだけでなく、健康に気を使うことも大事です。

 まずは骨盤ダイエットで正しい姿勢を手に入れることから始めてみることをおすすめします。
P R
カテゴリアーカイブ