- 

2007年04月11日(水) 13時49分
とつぜん、一昨日の会話がフラッシュバック。
マックのコーヒーのせい?


酔った勢いによるお誘い、そのままにされたら
酔ってないこちらとしては哀しくなってしまうけれど
あなたは酔った勢いによるお誘いを反故にしたりしないから
哀しくならなくていい。

酔うと誘いたがりというのと、
酔うと話したがりという話のときに
言ってあげればよかったかなぁと思ったこと。


- 

2007年04月06日(金) 22時59分
いろいろなことがはじまって
いろいろなことがおわりました
きっと


感情の出し方が、もともとうまくなくて
長女だからかなぁなんて思っていたんだけど
おとなになったらすこしずつ、よくなってきたかなって
でも、そうじゃないみたい

どうしたらいいのか、ぜんぜんわからないけど
なにが、どうするのが正解なのかもわからないから
このままなかったことにするの

たくさんのきもちを封じ込めたり
うそっこのきもちを表現してみたりしてたら
ほんととか、正解とかわからなくなって
結局オタオタ、しどろもどろ

- 

2007年04月03日(火) 12時12分
恋人さんは、あいかわらず頭がいいなぁ。
まぁだから選んだわけだけれども。
それにしても近くにいずして、あの指摘は間違ってはいないものの
わたしひとりではどうしようもなく
遠隔操作でピピピってのにも限度があるわけです。


- - - - - - - - 


ちょっと、最近はいろんなひとに逢いすぎたな。
ココロが壊れそうで、しわしわだ。
調子にのりすぎたんだよ、きっと。
過去の戒め一切役に立たず、自分の学習しない脳みそを恨む。
たぶん、いいこいいこされたかったりするだけなんだろうけど
そうそう簡単には・・ねー。

前回のM2は引きこもり炸裂で、だけどココロの平静は保てた。
今回はそうもいかなそう。
なかなか周囲がうるさくて、いちいち敏感に反応してしまうわたしとしては
たぶん今年がてんやわんやでキチガイザタ・・・
ってのが眼に浮かぶ。
なんかいい方法ないかなぁ。

- 

2007年04月02日(月) 0時30分
本来は連絡してから公式に大会出場なのだろうと考えてあのひとの指導に泥を塗らぬように作った梗概は散々な言われようでどうしたものかと。
途中あたらしいあのひとの隣の席で大アクビをするあのコは正解だと思うがしちゃだめだよ、実際は。
それにしてもこっぴどい言われように疲れたのなんのって。
最終的にはあのひとから連絡はないわけだし、あたらしいあなた好みの梗概に作り直してくるから、もう何も言わないで!と耳を塞ぎそうになった。
というか、心は完全に塞いでて相づちだけの場面が何度か・・・

それにしても今年寝る暇あるのかしらってくらいの要求されたわよね。
まさかの留年ありえそうで恐いんですけど。
それにしても、気づけば1/4が休学でこの学年大丈夫かしらなんて心配してたら、案の定帰宅してからわたしの身体にも異変が。
眼球がものっすごく痛い。
昨日は火事の現場から車いすのオジサンを助け出す夢のせいで睡眠2時間だったし、脳みそってよりも確実に精神が疲れておりますわよ。
そんなわたしは、明日脳内ピンクゼリー出すためだけに一日奔走するわけです。
また水曜日にあたらしいあのひと好みの梗概持参しなきゃ行けないのにね。

- 

2007年03月30日(金) 12時01分
覚書き。
IKEA経由の車にて。

あのコはひとりで完結しているなぁと思ったよ。
ああいうタイプのコには恋人がいらない。
もしくは、恋人いない期間が長過ぎて完結しるようになってしまったのかもしれないけれど。
もしくは、わたしに告白されないように(!? 絶対ないけどね)完結された人間を装っていたか。
まぁどちらにしても、わたしにとってのあのコは完結されていて、とりつくしまがないというか、入り込む(ってなんだ?)余地がないようにみえたよ。
そう、だからすこしツラくなった。
あの純粋さとか、そゆのは罪に近い気がするのはわたしだけか。
前日に会っていたひとりめとふたりめは年齢は違えど、どちらもひねくれてるから一緒にいてらくちんだ。
あのコの純粋さ(べつに白いってわけじゃないんだけど)の作り方ってのは結構的を射ていて、ひさびさに感心させられたよ。
でも自分でコントロールしてあの純粋さをだせるのはものすごく天才的な気さえしたりして、キャンペーン終わったはずだったのに的な。
話は合うのに乙女的というか、乙女よりも純粋アピールを多分無心のうちに全面押し出しされると困ってしまいます。
でもって、運転中に泣くという失態。
なんだか、ここ2、3日の間に聞いた話と相まって、わたしが可哀想になってきたり、こなかったり。
どちらにしてもふがいない。
結論としては、素直にしたらいいということなのだろうけど
わたしの素直は諸刃の剣なので危険極まりなく、それをフォローするためのいまがあるのでそうそう簡単には素直になれないのよって思ったり。
あのコはあのコでわたしはわたしとはわかっているし、
あのコはそういう才能を持ち合わせたコなのだろうけれど
結局のところ、わたしは自分が不器用なことを目の当たりにした感があり、つらいなぁ。

- 

2007年03月25日(日) 19時30分
仕事辞めたからってめくるめく世界が転がってると思ったら大間違いってことに気づかないのは偏差値の問題かはたまたモラルの問題か全然わからない。
どちらにしてもめくるめく世界がないことは確かでめくるめく世界を退職によって自ら作り出したのならそれは本当の幸せではないので要注意。
大きな代償が待ってると思ったほうがいいよと言ってやりたいがそんなこと言ったらただのイジワルお姉さん。
言っても言わなくてもわたしはあのコからしてみればいつだってイジワル女でしかないという事実にどのくらい我慢できるか我慢大会だったのか!?
精神衛生上よくないので忘れることにするよ絶対忘れないけどね。

さてさてご機嫌で酒盛りの現場に電話をかけてきたのはアチラ側でいつものように酔った勢いで電話をかけたわけではないことをみんなに言っておきたいのなんのって!
それにしても90分は反省の嵐で会わす顔なくこれからどうしたもんかと考えるけれどまぁこれといって得策良策なしってのが常で今回も変わらず。
待ち合わせに来る来ないで判定すればいいのだけど面倒なのはあとから来る予定だったコだと思うわけで不憫に他ならない。
まぁそういう☆の巡りってことかしらーなんて言いつつも心はどうしようって何も手につかず結局考えないように映画観ちゃったり観なかったりで結局観た。
浮遊感についてあのコと話し合う必要ありだけれど絶対怒られること必須だから怒られたくないコは連絡しないのです。

- 

2007年03月24日(土) 0時17分
それで結局なんでこんな現状なのか理解不能。
楽しけりゃいいなんて年甲斐にもなく思ってみたり。
疑心暗鬼で及び腰ってのがいつもの調子だけど
とことんのっかってみてから捨てられるってのも
まぁありっちゃありか。
2年数ヶ月の月日が摩耗せずにあるなんてなんて素敵なの。
それでもあの薄っぺらな紙には到底かなわないわけで
どうもそこんところが腑に落ちないけれどまぁいいよ。
あの誘いにどこまでのると振り落とされるのか未だ不明。
泣きたくないから泣かない程度に楽しむの。
泣かない程度の楽しみは罪にはならないはずだから。
それにしても摩耗しない2年数ヶ月ってのは
人生最大の愛なわけでこれを日本の国は認めないってのが
なんだかもうだめなんだと思うわけだよ。

- 

2007年03月21日(水) 3時05分
電話のかけ方とコチラとアチラの温度差から派生してかわいらしいと言われる言われない言わせるの正当化とうっとおしい女の善し悪しについて。

吐き気がする。
で、結局自分がかわいいと言われなかったことが気に食わないのだろうという結論。

30過ぎて結婚も出産もできない女なんてサイテーと言い切るあの女に、つい最近国会等でみかけたような台詞を浴びせられる不遇について考える。
女はコドモを3、4人産んでこそ健康でいられるような仕組みになっているのだから一人も産まないのは不健康だし、サイテーの人生だなんて誰が決めたんだよ!

- 

2007年03月18日(日) 16時49分
長時間に渡る他人との接触ということが不可能なことを思い知らされる3日間体験。
突発性難聴再発&両耳か!?という状態に。
単に体調悪くて耳が聞こえづらくなっただけだと思うけど。
あと貧血で脳みそグルグルとか。
蕁麻疹による身体の皮膚異常だとか。

長時間他人と接触した後は
反省の嵐で使った言葉をすべて再確認&他人の反応反芻作業がみっちり大変。
これからどうしたらいいのかもうわからないわけです。

- 

2007年03月10日(土) 18時08分
ぐうたらではないが、ぐうたらという誹りを免れないような生活。
3年前の論文なんてクソクラエと破り捨ててしまいたいのを我慢。
夏の学会発表を前に3年前の論文をイチから書き直すべきか思案。