(無題) 

2007年03月07日(水) 0時24分
最近やつれております

掛け持ちキツい

でもみんなイイ人でよかった。

こんなに優しく教えて貰ったことないよ

今月はご飯食べる約束だったけど時間なく無理でした。残念。逢いたいなぁ。
というか珈琲飲みにくると言われたが
やめてください(笑)
せめて後一ヶ月待て。
TSUTAYAではムカつくことばかりです。にゃー。小喧嘩したし(笑)
ふぅ、、新しい職場は新鮮で勉強になるし楽しい。覚えることいっぱいです。

頑張ろう。

何のためかわからんがとりまえず頑張ろう。
みんな応援してくりてありがとう
いじめられる心配もなさそうです,
直ちゃんとも一緒に仕事できなくなるんだなぁ。悲しい…
いろいろ喧嘩もしたけれどすごく仲良くしてくれて面白くて頼りのある人。こんな人に出会えたのは奇跡です。
これからも一緒に休みとって遊びましょう。
これから先辛いこといっぱいあるけど、頑張るよ。琴にゃんはピンチをチャンスに変える女だからね。
私らしく頑張っていきます

あー。小渕琴音になりたい、
、、

気が向いたら
体力があまってたら
時間があったら日記書こ。

(無題) 

2007年03月02日(金) 22時41分
制服来てみた☆

(無題) 

2007年03月02日(金) 22時37分
さおりちゃん☆
うける昔話いっぱい(笑)
琴音のポーズ微妙だよね
まぁいちおう顔隠しといたからね!

朝の何気ないMAIL 

2007年02月21日(水) 13時02分

今日は朝から出勤だって

琴音ちゃんはいつも
この時間から仕事してるんだよねって

私の事思いだしてくれたんですね

ありがとう

あなた 

2007年02月21日(水) 12時47分

あの日からどれだけの時がたったのだろう?
今でもカレンダーをめくれないでいる、
この部屋はあの日から時間が止まったまま。
写真の中で笑ってる貴女をまだ上手く見れないんだ。

手を合わせどんなに語りかけても返してはくれない

なぜ一度も夢の中で逢いにきてはくれないの?

私、上手く歩けていますか?

心に問いかける

空のように儚くて
海のように広い心

それが貴女。

あの空に
あの海に

貴女はいる

そう信じてる

暖かさ 

2007年02月17日(土) 0時32分
本当いい。
素敵。凄く泣けてくる
何度聞いても胸がキュンとなる。こんな素晴らしい歌があっただろうか?
私が好きな歌はこれ

「あのガードレールを飛び越えれたらキスすると約束をした。
あれからもうどれだけの壁を今日まで二人で超えたのだろう?
冬空に凍える君を包みこむマフラーのように
そっと肩を抱き寄せながら
粉雪に濡れた未来を…


ごめん。間違ってるかもしらんが琴音の今のNO1はこれ。

なんでこんなに暖かいんやろう
これだけぢゃなくてもっとイイ歌いっぱいあるけど

私はこういう暖かい歌が好き
メロディーもいい
心に染みる
優しくなれる

未来を想像できるような

そんな人と聞きたい

コブクロが素敵な件。

勲章 

2007年02月17日(土) 0時04分
この歳にして
こけました

その時できた傷をPIC UP!

皆に遠慮がちに笑われたのがショックです。

my self 

2007年02月09日(金) 20時43分
闇は私を浄化させる

泣かせてくれる

太陽はこんなにも眩しいものか

だったら笑顔でいるしかない


私は二つの顔を持っている

時々自分が自分でない気がする

昼の私は夜の私をあざ笑うかのようにのうのうと笑ってる。

何も考えずに。

夜の私は昼の私が嫌いだ。

大嫌いだ。

夜の私は昼に出ていきたいと願うが、

荒波にもまれて
おぼれてばっかりだ。

昼の私は我慢強い。

夜の私は泣き虫だ。

すべてを破壊したくなる

手のひらにある幸せを潰してしまいそうになるんだ。

怖いんだ。

大切な人が信用できないと叫ぶ。

好きなのに大好きなのに。

なぜか不安になるんだ。

いつもふと浮かぶのは

コノママ

アナタト、

空ノ果テ

自由ナ世界ヘ―――――――。

 

2007年02月06日(火) 20時46分
悲しいはずなのに
なぜか涙は出なかった
泣きたい。大声で泣き叫びたいのに一粒の涙もでないよ
心の中で泣くのは辛すぎる

私がこんなに沢山傷ついているのに
あなたは他の女といるんだろうね。

どんなに傷ついても
どんなに裏切られたとしても

私はあなたを求めるだろう…


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

笑!
何年か前のノートに書いてた笑!
アホやな自分!

まぁこんな事があったから成長できたんやね

この詩のあなたへ!


私こんなに幸せだぜ!

あなたも幸せになってね

出逢った事でこんなに成長できたよ

AUGUST 

2007年02月06日(火) 20時18分
君のその変わらない笑顔が切なすぎて
思わず気持ちを言ってしまいそうになった

2人で一緒に過ごす時間を
愛しく思っているのは
もう私だけなんだね

二人で寄り添い見上げた花火を
今一人夜空を見上げて思いだしているよ
何もかもが輝いて
永遠を信じたあの瞬間
忘れることなんてできない

私の頬に流れる涙はきっと
あの時の君の涙と同じ分だけ悲しくて重いんだね

手を離してやっと解ったんだ

どんなにあの日に帰りたいと願った?
分かってる。もう戻れない

でも
夢の中でもいいから戻りたいんだ
あなたの瞳にうつる私が
きらきら輝いていた
夏の日に
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kotonyan
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる