おはよう、と、おやすみ、を

January 18 [Sun], 2009, 17:18
神様、もし願いがひとつだけ叶うなら、

おはよう、と、おやすみ、を言える毎日を。

朝起きて、「おはよう」を言ったら、

夜眠るときに、「おやすみ」を言える。

それだけでいいのです。

お父さん、お母さん、お兄ちゃんやお姉ちゃん、妹や弟たち。

みんなでごはんを食べて、たくさんお話をして、

夜にはみんなで手を繋いで眠る、それだけでいいのです。

だけどそのたったひとつの願いさえ、もう叶わない。

あの空から落ちてくる鉄の塊で、すべてが奪われた。

街も、家も、友だちも、家族さえも、すべてが奪われた。

なぜあたしたちは、あの鉄の塊を浴びなければならないの?

なぜあたしたちは、怯えて暮らしていかなければならないの?

あたしはいつ、家族のもとへ行くことになるのでしょう。

神様、どうか意地悪をしないで。

あたしたちに、おはよう、と、おやすみ、をください。



いまこの瞬間にも、世界のどこかで多くのちいさく尊い命が奪われています。
ついさっきまで笑っていた女の子が、ついさっきまで元気に駆け回っていた男の子が、
子どもを慈しんでいた母親が、家族を守ろうとしていた父親が…
ひとの痛みやぬくもりを感じることのない、冷たい兵器によって奪われる。
そしてそのスイッチを押しているのは、引き金を引いているのは、おなじ血やぬくもりを持った人。
スイッチを押す人にも、引き金を引く人にも、家族や大切な人がいる。
痛みも哀しみもわかりあえるはずなのに、わかろうとはしない。
傷つけられたら傷つけ返し、また傷つけたから傷つけられる。
それは果てなく繰り返され、果てのない憎しみや哀しみを生み出す。

それを終わらせるために、人間はどこかで気づかなければならないんじゃないだろうか。
傷つけあうだけでは、結局なにも変えられないことを。
爆弾でも、銃でもなく、人が人を想う気持ちこそが、終わらせる方法だということを。

くだらない利権争いで、いちばん被害を受けるのは、弱い人々からなのです。
政治からいちばん遠い人たちから、命を奪われていくのです。
自分たちがどうして殺されるのか、その意味すらわからず殺されていくのです。

あの笑顔を、あの涙を、あの声を、どうして感じようとしないのだろう。
どうして、「敵」を「敵」としてしか、見ないのだろう。
名を知らぬなら、名を知ればいい。
言葉を交わしたことがなければ、言葉を交わせばいい。
その手は誰かを傷つけるためにあるのではなく、誰かと手をつなぎ、助けるためにある。

どうか、世界の子どもたちに安らぎを。
どうか、世界の子どもたちに褪せることのない笑顔を。

愛するひと

December 20 [Sat], 2008, 1:21
どうしてもどうしても忘れられない人がいる。

それは幸せなことなのか、不幸なことなのか。

彼のことを想うだけで、胸のなかに灯りが燈る。
やわらかくゆるやかに揺れる、やさしい気持ち。
きっとそれだけで生きていけるんじゃないだろうか。
たった独りになったとしても生きていける気がする。

それは哀しいことなのか、寂しいことなのか。

たったひとりの人を胸に抱いて生きることは…

幻想だと、錯覚だと、だれもが嗤い、憐れむでしょうか。


それでもこの想いを信じ、貫きたいと思うのです。
これが最後の恋であると。
たとえ報われぬ想いだとしても。

寂しいけれど、幸せ。
幸せだけれど、寂しい。

愚かだとしても、こんな恋のかたちがあってもいいでしょうか。
ずっとずっと彼の面影だけを愛して、生きていく。

きっとそれが、なによりも幸せな、私の恋なのです。

とめられない

December 07 [Sun], 2008, 21:08
逢えば逢うほどとらわれる想い。

逢いたいけど、逢いたくない。

逢いたくないけど、逢いたい。

どうして、この想いはとめられないの?

あなたより素敵な人はたくさんいるのに。

あなたじゃなくてもいいはずなのに。

どうしてあなたしか見えないの?

世界中のことばを掻き集めたって、

この想いを伝えきれるはずもない。

許されるならそばにいたいんだ。

あなたの笑顔を独り占めしたいんだ。

恋の闇

December 06 [Sat], 2008, 21:20
あなたが決死の覚悟で、その信念を貫こうとするのなら、それはわたしには踏み込めない、踏み込んではいけない領域なのかもしれない。
そしてわたしの信念もまた、あなたでも…あなただからこそ、曲げることはできない。

あなたとわたしはおなじ気持ちを抱えながら、正反対の信念を持って生きているから、一緒にはいられない運命なのかもしれない。
お互いの想いがわかるからこそ、わかりあえなくて、傷つけあうことしかできないかもしれない。


だけどたとえあなたの信念を曲げさせてしまうとしても、あなたにとって耐えられない道だとしても、わたしはあなたと一緒にいられる道を諦めたくない。
あなたと一緒にいられるためなら、どんなにつらい道でも、どんなに苦しい道でも、傷ついても耐えてみせるから。
あなたをそのすべてから守り、一緒にいることは後悔させないから。

だからあなたがどんなに拒んでも、わたしはついていくよ。
それがいつかわたしの信念を曲げ、あなたの信念を曲げてしまうとしても。
いつか一緒にいられない日が来てしまうとしても、最後まで諦めずついていくよ。

それでもあなたを愛してる。

December 03 [Wed], 2008, 22:37
あなたの気持ち。
わたしの気持ち。

おなじはずなのに、おなじだから、どこまでもまじわらない。

あなたの幸せを願う私と、私の幸せを願うあなた。
どうしておなじ夢をみているのに、すれちがってしまうの?
私はただ、あなたの隣にいるだけでしあわせになれるのに。
あなたと一緒に生きられるだけで、それだけでいいのに。

私のしあわせを勝手に決めないで。
ひとりですべてを背負っていこうとしないで。

そう願う私の思いは、あなたらしく生きようとするあなたの道を閉ざす。
あなたらしく生きてほしいと願う気持ちと、相反する。

どうしてこんなささやかな願いさえ、あなたを苦しめるんだろう。
あなたが私を大切に想わないのなら、あなたを苦しめずにすんだのに。

おなじ気持ちでいるのに、どうして私たちは一緒にいられないんだろう。

それでもあなたを愛する気持ちはきえないの。
不器用にまっすぐしか生きられないあなたが、とても愛しいの。

ポッケにひとつ

November 07 [Fri], 2008, 0:17
なんにも入っていないポッケにひとつ。

甘いあめ玉も、

退屈しのぎのゲームも、

だいすきな音楽も、


そんなものよりもほしいもの。


あなたの手をぎゅっとにぎって。

なんにも入っていないポッケにひとつ。

つめこみたいんだ。

憧憬

October 29 [Wed], 2008, 0:24
わずかに出逢えたその奇蹟に 頬がほころぶ。

すこしはやくても、すこしおそくても、だめだった。

そんな些細な偶然が積み重なっていけばいいのに。

ほんの一瞬、目があうだけでうれしいなんて、中学生みたいかな?

もうすこし、もうすこし。

あなたに近づけたらいいのに。

還る想い

October 16 [Thu], 2008, 0:29
いちどは諦めたはずの夢。
どうしてだろう、やっぱり想いは此処へ還ってきたんだ。

「やめてしまえば楽になる。」

そう言い聞かせてきたはずなのに。

「なにか変わった?
なにも変わってない?」

返ってこない答えを探してみても。
ひとり空回りしてるみたいで、すこし切ない。


また会いに行ってもいいかな?

まだあの夢、見ていたいんだ。
離れても還ってくるこの想いを。
きっといつか誇りに思えると信じるから。

永遠の恋

October 13 [Mon], 2008, 0:43
もしわたしの気持ちを知ったなら、あなたは逃げてしまうでしょうか。
あなたに恋をして、はじめて忘れられない想いがあることを知りました。
きっともう、あなたがわたしを見てくれることはないでしょう。
わたしとあなたは別々の道を歩いていくことでしょう。

それでもあなたをまだ「すき」だと想う心がきえなくて。
あなたはたったひとり、いまでも特別な人なのです。

いつかあなたじゃない誰かに恋をして、あなたじゃない誰かと家庭を築くのかもしれない。
だけどきっと、あなたは永遠にわたしのなかで特別なひかり。
あなたに出逢えたこの奇蹟に、わたしは永遠に感謝することでしょう。

わからなくて。

September 10 [Wed], 2008, 1:25
いまあたしが感じているこの感情のなまえがわからない。
この感情を誰に、どうやって伝えればいいのかわからない。
きみへむかうこの感情がわからない。


すき?

きらい?

さみしい?

せつない?

どれもあてはまるようで、あてはまらないようで。
糢糊とした感情はたよりなく浮かんでいる。
P R
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ことは
» たからもの (2007年02月12日)
アイコン画像まリな
» たからもの (2007年02月07日)
アイコン画像ことは
» 回転木馬 (2007年01月26日)
アイコン画像まリな
» 回転木馬 (2007年01月25日)
アイコン画像ことは
» らくがき (2007年01月24日)
アイコン画像まリな
» らくがき (2007年01月23日)
アイコン画像ことは
» Letter for you (2007年01月07日)
アイコン画像みのり
» Letter for you (2007年01月01日)
アイコン画像ことは
» 一歩ずつ (2006年09月15日)
アイコン画像ゆきな
» 一歩ずつ (2006年09月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KOTOHA
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
Yapme!一覧
読者になる