こ と ば 十五
2007.08.16 [Thu] 03:33



夜明け の 空 に




よあけ の そら に のぞむ もの は

なにも ない 


よあけ の そら は すべて と すべて を

その いろ に やどして

かたりかける

むごん の ことば で しずかに かたりかける


よあけ の そら に のぞむ もの は

なにも ない 
 

こ と ば 十四
2007.07.07 [Sat] 11:27



おおきな せかい の

ちいさな わたし


おおきな わたしの

ちいさな せかい
 

こ と ば 十三
2007.06.29 [Fri] 14:04


        
        あめ

        みずたまり

        うさぎ の こ

        ぴょん


        あめ 

        は の しずく

        あまがえる

        ぴょん


        あめ

        みずたまり

        そらの くも

        しろい
 

こ と ば 十二
2007.06.29 [Fri] 14:00



  さんぽ   草野 を ゆく

  さんぽ   煙突の まち を ゆく

  さんぽ   やま の おがわ に であう

  さんぽ   ゆきの しろさ めにしみる

  さんぽ   おちば が かさり

  さんぽ   わんこ こんにちわ

  さんぽ   つぎ は なにに であうかな
 

こ と ば 十一
2007.06.29 [Fri] 13:53


夕暮れに わたしを 呼ぶのは だれ

昼の なごりは 空の 端に ひっかかって

夜の はじまり を 赤い リボン で 結んだ


夕暮れに わたしを よんだのは だれ

とおい 四本 煙突の 赤い 標識灯 が 

同調 して 明滅 する


夕暮れに わたしを 呼んだのは あなた

どこともなく 遠い せかいの はずれ に

すんでいる あなた
 

こ と ば 十
2007.06.29 [Fri] 13:47


おぼろ の つき の

やまみち は 

だまって ひとり

かえる みち

うち では だれが

まっている

ほんとに

きのう の

ひとだろか
 

こ と ば 九
2007.06.29 [Fri] 13:42


詩 を かこう

詩 は ことば を 浄化 して くれる


詩 を かこう

どんなに うそっぱちな ことば で あっても

詩 は 言葉 を 浄化 してくれる


詩 を かこう

詩 は きのう を 浄化 し 


あした を 希望 に 変えてくれる
 

こ と ば 八
2007.06.25 [Mon] 02:25



        あめ

        みずたまり

        うさぎ の こ

        ぴょん


        あめ 

        は の しずく

        あまがえる

        ぴょん


        あめ

        みずたまり

        そらの くも

        しろい
 

こ と ば 七
2007.06.23 [Sat] 06:50


  はなれていても  そばにいるときも

  じかんは おんなじに

  すぎてゆく



  はなれていても  そばにいても

  じかんは やがて

  やってくる



  まってていても  いなくても

  じかんは そっと ふりむいて

  しずかに そっと なみだぐむ
 

こ と ば 六
2007.06.22 [Fri] 07:37

 かぜに ひかり が あるように

 よるには おと が あるんだね


 かぜに このは は ひるがえり

 よるの このは は ひっそりと
  

 かぜは だれか に つたえたい

 よるの だれか に つたえたい


 わたしの おもいを つたえたい