いてんてんてん。 

2007年08月26日(日) 15時14分
ここは長文を一気にupしづらいので、違うところにも作品を置いてみることにしました。

http://kotoba72.blog.shinobi.jp/


よろしければどうぞww

ふと思いついた情景。 

2007年08月19日(日) 1時00分
 ずいぶん前に書き綴った創作もとい妄想です。追記からどうぞ。

11.滴 

2007年08月17日(金) 0時36分
 喫茶店の中、熱いブラックコーヒー。
 ふと外を見てみると。
 
 空が泣いていた。
 
「……同情なんか、いらないんだけどなぁ」

 言いながら、頁をめくる。
 しかし、雨は店内にも入ってきてしまったらしく、開いた頁にポツポツと水玉を作っていく。

「……」

 困った、実に困った。
 新しく買ったばかりの本だというのに。
 どうして、悪いことばかり続くのだろうか。

「………………バカやろー」


 雨の日、喫茶店の中、ぬるくなったブラックコーヒー。
 コーヒーだけではない、後味の悪い本の結末のせいだけではない、苦い苦い気持ち。


 恋が、終わった。

9.鏡 

2007年01月09日(火) 21時59分
9.鏡

こちらは右手、相手は左手。


白と黒で敷き詰められた碁盤を、ただ睨みつける。







――対局相手は、自分自身だというのか。


8.夜 

2007年01月03日(水) 1時09分
8.夜


闇夜にまぎれて、あなたは訪れる。
誰も知らない、蜜に満ちた逢瀬。

一つになれる喜びを感じられるだけで良かったのに――――あなたの全てを欲してしまった、私の心、の、愚かさを。


どう、か―――赦して。

7.星 

2006年12月31日(日) 0時24分
7.星


流れ星に願いをかける。

ただ、幸せでありたいと。


―――だけど、この心は知ってしまったのだ。


あなたとの仕合せが、私を幸せにしてしまったことを。



3.音楽 

2006年12月26日(火) 21時54分
3.音楽

モーツァルトやシューベルトですら私の心は癒せないのに。


どうして、どうして。








……あいつの声を聞いているだけで、こんなにも落ち着くんだろう。



4.鍵 

2006年12月25日(月) 23時34分
4.鍵

カギを手に持って向かうの。
このために、ぴっかぴかに磨いておいたんだから。

だけど―――「それ」は、どうしたって、全く開かなかった。



後からやってきた赤いほっぺの女の子。
私が持っているカギと大差はないはずなのに。


かちゃり


軽い音を立てて、「それ」は開かれた。



……ああ、私のカギではダメだったのね。
「それ」の鍵穴は、赤いほっぺの女の子のもので。
決して私のものではなかった。


もうすでに、私じゃない子が住んでいたのね。
















―――私の手の平に残ったのは、傷ついた、古ぼけたカギだけ。

1.暁 

2006年12月25日(月) 23時02分
1.暁


全ての始まり。
全ての根源。
そして。

全ての、温もり。

―――思い出すのは、あの笑顔。

「……何にも知らないで、笑ってやがって」

胸の傷に沁みて、じくじくと痛む。
こんな苦しみを伴うならば、そんなもの、いらない。

僕は、薄明るい夜空をきっと睨みつけた。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:那斗
  • アイコン画像 誕生日:10月30日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ポルノグラフィティ、宇多田ヒカル、speena……
    ・読書-十二国記、宮部みゆき作品、恩田陸作品、陰陽師、中華ファンタジー系……
読者になる
妄想シンドローム患者でっす(´∀`)
声フェチ&手フェチです
ポルノグラフィティを愛しています
十二国記が大好きですが、最近は宮部みゆき作品を読み漁ってます
「主従関係」(SMとか、そんなんじゃないですよ。あくまでプラトニックです)「忠誠」という言葉に反応します
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる