男のおしゃれの話

December 30 [Wed], 2015, 13:24
WEB通販で服や靴を買うのに最も心配なのはサイズ感だと思います。何らかの保証が用意されているところも多いようです。しかし、買い物で失敗は出来る限り避けたいものです。
ストールはきちっとし過ぎないように巻くのがベーシックな巻き方ですが、少し差を付けるなら結び目を作ることでガラリと印象が変わります。ややゆとりを持たせるようにするのがポイント。アレンジが自由自在なのもストールのメリットの一つです。
フォーマルな場で蝶ネクタイを着用するイメージがあるかもしれません。ですが、この頃は多様なタイプがあって誰にでも使えます。従来のボウタイは簡単に結べないので毛嫌いする人も少なくありませんでした。
デートの際などに評判の良いシャツはカジュアルからキレイめカジュアルコーディネートまで幅広く着こなせるので複数枚持っておきたい。誠実さや大人っぽさ、男らしさ等々、シャツを変えることであらゆるイメージを強調できます。
キレイめカジュアルコーディネートの定番アイテムならやはりテーラードジャケット。ラフに羽織れば、大人っぽい印象のキレイめ系のコーデを作れるので、何着か持っている人も多いはず。
通販を利用して気になった物を買うのはもはや当然のこととなりましたね。重くて運びにくいものや地方の特産品などを買っているという方は少なくありません。また、服やアクセサリーを買う人もたくさんいます。
チノの素材としては綿素材のアイテムがほとんどです。ゆくゆくは例えばコールテンのような表情のある布地のがポピュラーになりつつあるそうです。
ぼうしと一言で言ってもいくつかありますが、定番はハット、ハンチング、チロルでしょう。人知れず取り入れるならハンチングかチロルがスタートしやすいでしょう。
ブロックチェックは気取らない服の組み合わせができるので、愛用者も多いのではないでしょうか。普通のチェック柄はわりときちんとした感じとなります。対してブロックチェックはそれとは違い、活発な空気感を加える事が可能。
カーゴのスタンダードはシャツとの取合せです。黄色など存在感のあるインナーを若干見せるように着ると、こなれた気配が足されてお洒落に決まります。ワイルドさとクリーンさが両方欲しい人に。
羊毛製のチェスターフィールドコートは少し大げさで使う機会がないと毛嫌いしている人も。そういうときはニットなどを原材料として使っているものを使ってみては?
袖口が細く、ストレッチ性のある服は、手首を美しく見せてくれる効果も期待できます。簡素な袖口の洋服は重ね着スタイルで身を包むのにも活躍してくれます。
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)は千鳥格子柄と同じく、古典的な感じがあるのが魅力です。しかし、女性的な千鳥格子柄とは異なりガンクラブチェックは男性的なファッションでよく使われます。
鉄板のキレイめシャツに加えて、ボーダーなどシャツは模様は多数展開されています。夏〜秋はリネン素材のシャツが好評です。
ハンドグリップウォッシュとは洗い加工を施して生地が馴染んだレザーを揉んだ後、時間を掛けて乾かすことで形を定着させる方法。最初から使い込まれてきたような印象となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルナ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/koto5pntratema/index1_0.rdf