コミック評論 第169話「♪乗ってケ♪乗ってケ♪乗ってケ♪サーフィン♪波に♪波に♪波にゆられて♪」 

2012年10月22日(月) 18時13分
コミック評論 第169話
「♪乗ってケ♪乗ってケ♪乗ってケ♪サーフィン♪波に♪波に♪波にゆられて♪」

以前に運とツキについて書いたとき、「私は『運』というのは寄せては返す『波』」というコメントをいただいきました。
私もこのコメントには、とても賛同します。
ただし半分だけ!
なぜなら運の半分は自身の努力によって、手に入れることができるからです。

私の仕事の50%は、運とツキによって成り立っています。
常に慎重に行動し、発言しなければ足元をすくわれます。
トラブルは即対応し、失敗は許されません。
その為には、報告・連絡・相談は徹底的に行い、トラブルの目は先行して潰し、自身の言動に曖昧さは残さないようにしております。

仕事の質は、お客様が思う内容の20%増しを目指し、努力しています。
そそっかしい人物や運の悪い人とは、なるべくならパートナーを避ける。
人と人の繋がりなんて、わからないから基本的には誰にでもやさしくする。
遊んでいる姿は、なるべく人に見せない様に心がける。

チャンスなんて、どこに転がっているかはわからない。
普段の服装や身だしなみに気をつける。
知らない人の会話もどんな小さな情報は聞きもらさない。
会話や情報で自分の感性に引っ掛かったモノは、必ず“ウラ”をとる。
金銭的な話は、大きな声で大勢の人とはしない。
必ず1対1で小さな声で静かにお金の話はする(契約などの営業の話しではない)。

時には、用心深く相手の顔色をうかがう。
ただ、ゴマスリはしない。
誠実さがなければ、長くは人と付き合えない。
適当なことは言わない様に心がける。

運とツキは、タイミング良く引き寄せなければスルリと逃げる。
だからこそ十重二十重の戦略を組み立てる。
思考がロストした時は、直ぐさま別の思考に切り替える。
反省は1%、名誉挽回は99%、反省しているフリをしても意味は無い。
次の結果を出して、相手に奉仕することを考える。
それこそが、真の反省だ。

波に乗ったときこそ、いつもより更に慎重になる。
一つ一つの積み重ねをしっかり行い、振り返る。
些細なミスで、全てがぶっ飛ぶ。

私は、上記の思考や行動にかなり近い日々を送っています。
会社員ではなく、自営業なのでひとつの油断は死活問題に繋がります。
毎日がタイトロープ(綱渡り)の日々なのです。

コタイガーからも、一言。
確かにサイキック教授は上記の思考・行動パターンで間違いないッと思う。
しかし上記の思考・行動で、なぜ痩せないのか?
不思議だ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:プロフェッサー・サイキック
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる