長靴もカエル 

2008年02月04日(月) 15時45分
長靴デビュー。雪のせいで、いつものように歩くことができず、ぐずり泣く滉介であった。とほほ。雪の公園で、きゃっきゃとはしゃぐ滉介を期待していたのだが。

初、雪だるま 

2008年02月03日(日) 15時42分
今日は雪。雨になるかと思いきや、一日中、雪のままだった。滉介は初めて見る雪かな。ママは雪だるまを作って見せてあげようと、昼寝中にベランダに出て、ちゃっちゃと丸い玉を二つ作る。後で形を整えればいいやと思い、そのまま冷凍庫にしまう。夜のデザートと一緒に、飾ってあげようと冷凍庫から出すと、カチコチに固まっており、もはや形を整えることも不可となる。仕方がないから、同じ大きさの玉を無理やりくっつけ、なすの皮で目をつくり、いよかんの皮で口を作り、なんとか雪だるま風にしてみる。不格好ながらも、息子は興味津々な様子だったので、まー、よしとしよう。立てることもできない、こんな雪だるまでごめんよ。

わんわん2 

2008年02月02日(土) 15時40分
わんわんと一緒に寝る息子。しばらくしたら、わんわんは頭の上に乗っていた。

わんわん 

2008年01月29日(火) 22時18分
わんわんの小さいぬいぐるみが一番好きなようだ。昼間もわんわんが見当たらないと、「わんわん、わんわん」と言いながら部屋中を探している。一緒に探してあげて見つかると「ちゅっ、ちゅっ」とわんわんにキスをしている。いいな、わんわんは。こんなに滉介にキスしてもらえて。ママなんて滅多に滉介からキスなんかしてもらえない。3日前からは寝る時にはわんわんを連れてきて一緒に寝るようになった。相当、可愛いのだろう。私がキッチンで夕食を作っていたら、足元で寝そべっているなと思ったら、わんわんと同じ目線になって見つめあっていた。そんな息子がママはかわいい。

いたずら 

2008年01月26日(土) 23時29分
これも成長だが、今まで手を出さなかったものに手を出すようになってしまった。冷蔵庫、冷凍庫、シンク周りの引き出し、タンス。。。今まで、引出しをひっぱり出して、いたずらしなかったので不思議には思っていたが、やはり通る道であった。冷凍庫といっても氷だけがはいっている箇所だが、そこを開けっ放しにして氷で遊ぶものだから、こちらも電気がもったいない!!と怒ってしまった。滉介はわなわなと震えるように泣き出していた。やれやれ。後から怒ってしまったことに反省し、遊びたいなら遊べば良いと氷をおもちゃのバケツにいれてやり、おもちゃのしゃべるで遊ばせてあげた。床はべちょべちょになったし、氷ももったいないけど、一度くらいは遊ばせてあげよう。それから氷も作るのをやめて、入れ物を空にした。
夜は夜で、あと44分でホームベーカリーのパンが焼けるという時に、なんと取り消しボタンを押された。。。うわー、こんな手の届くところに置いて焼いていたのが悪かった。取り消しボタンを押されるなど、想像もしていなかった。一度取り消しボタンを押してしまっては、続きからは焼いてくれない。仕方がない。ぶつぶつと滉介相手に文句を言いながら、膨らみきったパンを容器から取り出し、オーブンで焼くことにした。かろうじて、15cmだけ残っていたクッキングシートがあってよかった。そして、オーブンで焼きあがってみると、あら不思議。とても美味しそうなパンが出来上がっていました。いたずらの功名だわね。

黒猫のタンゴちゃん 

2008年01月24日(木) 15時07分
今日は北風ぴーぷーで寒かったが母は頑張って公園にお散歩に連れて行く。
真黒な猫がいたので「にゃーにゃーがいるよ。」と言って近寄らせてみる。私が近付くと逃げるが、滉介だけなら猫も相手をなめているのか逃げようとしない。滉介も怖がらずに真黒い猫にそっと近づいていき、「にゃーにゃー」と言っていた。うわっ、にゃーにゃーも言えるようになっていたか。これには、びっくりした。今現在、言える言葉は「ママ」「ダダ」(←パパのこと)、「わんわん」「モーモー」「やや」(←嫌だ)。それに「にゃーにゃー」も新しく加わったわけだ。
写真では猫がわかりづらいが、木の陰に同化して黒猫が、ひっそりと佇んでいます。

トマト星人 

2007年10月29日(月) 15時10分
今日初めて出来た事ではないと思うが、スプーンで上手にすくって口に運び、食べることが出来るようになってきた。今までもスプーンの柄のほうで、ご飯粒をつけて食べたりしていたが、今日は私が持っていたスプーンを横取りし、滉介は自分が大好きなトマトを一かけ、慎重にスプーンですくって、それを上手に口に運び食べていた。さすがトマト星人だ。自分が好きなものは自分で食べたかったのね。食べることができた後は、かなり満足そうな顔。じっと見守っていたママは感動してしまった。
せっかちな性格のママはついつい、こちらが食べさせてしまったり手を出して手伝ってしまうのよね。これからは自分で食べることのほうが徐々に多くなっていくのだ。ぐちゃぐちゃに汚れても(今でもかなりぐちゃぐちゃだが)、食べ物がこぼれ落ちても、どんどん練習させなくちゃだわね。ママも付き合うよー。
トマトの次は残そうと思っていた南瓜の皮まですくって食べていた。すくいきれず、右手が出てしまったところも面白い。この子もせっかちなのかな。

は、は、あくしょん 

2007年10月15日(月) 22時22分
「ママ」と呼んでくれたのは幻だったのかもしれない。あれ以来、私のことを「ママ」とはあまり呼んでくれない。そのかわり、食事中や食べ物を前にした時などは「マンマー」としきりに言う。これは確実に自分が欲しい食べ物を指している。うーん、「ママ」はどこに行ってしまったのだろうか。ま、気長に待とう。
それよりも最近では「くしゃみ」の真似をするのが面白い。パパのくしゃみが面白いのか、「は、は、あくしょん」と言いながら、本当に大人がくしゃみをするように真似をする。おもしろ可愛い。
教えてもいないのに「おへそ」というと自分のおへそを指さすし、「みみくそ」と言うと、右の人差し指を自分の耳に入れる。どちらも教えたつもりもないのに、何故知っているのだろう。。。
滉介の芸で3大面白いもの、「は、は、あくしょん」、「どうもすみません」と「コマネチ」。ママが昭和の女であることが、ばればれである。
写真は朝からクイックルワイパーで隅々まで掃除をしてくれている様子。

 

2007年10月08日(月) 13時46分
今日で1歳1ヶ月。毎朝、機嫌よく目覚めると、決まってニコッと私に笑いかけてくれる。かわいい。今朝は特別だったのか、私のところにやってきてチュッとキスもしてくれた。
「チューして」と私から言っても、滅多にチューしてくれない息子だが、今日はどういう風の吹きまわしだったのだろうか。毎朝、これがあるとママはもっと1日の始まりが楽しくなるのにな。
そして、今日、「ママ」と初めて呼んでくれた。3、4日前に私が「ママ」と言うと、それを真似て「マーマー」とか「マンマン」とか言えるようになったのだが、それはあくまでも真似っこだ。自発的に、何か意味のある言葉を話してこそ、発語だ。初語ともいうのかしら。そして待ちに待ったその初語、発語が、とうとう今日、出ました。私はリビングに滉介を残し、リビングのドアを開けっ放しのまま洗面所へ。すると、「マーマー」「マンマー」と言いながら、テクテクと洗面所まで来てくれた。うっひょー!!すごい。自分から私を呼びに来てくれたのだ。たぶん。考えれば考えるほど感激だ。改めて、この子の母になったような気がしました。これで、ますますかわいくなってしまう。パパにもこの感動を早く味わってもらいたいところだが、まだ「パパ」という音は真似て言うことも出来ない。子どもの構音機能もすばらしい。まずは「ママ」の「マ」が言えるように発達するのだな。いや、言うことができる音を使って「ママ」という名前がついたのかな。ま、どっちでもいいか。


夢の中 

2007年09月17日(月) 13時01分
昼寝中、頬を右手に置いている姿が可愛いなと思い、カメラを構えたら、絶妙のタイミングで笑ってくれた。さぞかし楽しい夢でも見ていたのだろう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kosukee
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる