等々力を、スポーツの聖地に。

Paint it Blue
等々力陸上競技場の全面改修を推進する会
2010年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
主要登場人物
よしだ(夫):川崎フロンターレを応援中。2008年3月下旬から千葉県に移住したが、なぜかフロンターレの試合を見に行く回数は川崎に住んでた頃より増えた35歳。注目している選手は、杉山力裕。
よしだ(妻):川崎フロンターレに全く興味無し。と言うか、フロンターレだけでなく、「基本的に大抵のモノに興味が無い」らしい無趣味な32歳。好物は、YOKU MOKUのビエ・オ・ショコラオレ。
よしだ(長男):最近サッカーを始めたが、大体5分くらいで飽きて砂遊びを始める。せめてキーパーをしているときくらいはプレーに集中してほしい7歳児。最近のマイブームは、ポケモン全般。
よしだ(次男):「昼に寝て、深夜に目がパッチリ」という、まるで父親の学生時代のような生活リズムを送る、母親泣かせの2歳児。好きな食べ物は、しるかけご飯。
バナー
あけましておめでとうございます / 2010年01月03日(日)
 
で、新年早々申し訳ありませんが、一時的に更新を停止致します。

理由は、いろいろとめんどくさくなったからです。
ただ、別にフロンターレのサポートを止めるとか、家庭内で不和が発生したとか、そういうことでは一切ありません。

公式戦が始まる時期にはまた再開する予定ですので、その頃にはまたよろしくお願いします。


以上
 
   
Posted at 01:00 / お知らせ / この記事のURL
コメント(1)
個人の感想です / 2009年12月16日(水)
 
関塚隆監督の契約について
[フロンターレオヒサル]



意味が分からない。


オレは、川崎フロンターレというクラブの目指す方向性に間違いが無いことを確信できた頃(2003年あたり)から、フロンターレおよびその選手やスタッフの意思決定については最大限尊重し、理解するように務めてきた。

ただ、今回のこれだけは、本当に意味が分からない。


聞けば、「チームは続投のオファーを出したが、関塚さんが固辞した」という。

それは、まぁいい。そういうこともあるだろう。
ただ、問題はその固辞した理由である。

「健康上の理由で」とかなら、仕方が無い。こちらの都合で無理をさせるワケにも行かないだろう。
「契約条件が折り合わなかった」のであれば、これもしょうがない。個人的にはまだ諦めが付く。

しかし、もし巷間言われているような理由が事実だとしたら。
そして、今回のこれで無冠に終わった責任を取ったつもりになっているんだとしたら、「関塚さん、それは違うんじゃないの?」と。


というか、関塚さん的には、本当にこれでいいのかな?

確かに、関塚さんは優秀な監督ですよ。
日本サッカー界において全く無名の弱体チームが、わずか数年で優勝争いを演じるまでになったのは、ひとえに関塚さんの手腕があってのことですよ。
それに疑いの余地は無いですよ。

でも、関塚さんの今後のキャリアのこと考えたら、今回のこの辞め方って、マイナスにこそなれプラスには絶対働かないと思うんだよな。オレは。

別にね、Jで「昇格請負人」とか「優勝争い請負人」としてやっていくつもりなら、それでもいいと思うんだわ。
ただ、これはオレの偏見かもしれないけど、「関塚さんはそれで納まるような器の人じゃない」と思ってたから。
将来的には代表監督とかやるかもしれない人だと思ってたから。

だから、これで責任を取ったつもりになっているんだとしたら、本っっっっ当に残念。
もっとはっきり言っちゃうと、失望に近い。
まぁ、こっちが勝手に期待して、勝手に失望してるだけなんだけど。
いっそのこと、「関塚さんがフロンターレに愛想を尽かして出て行った」とかが真相であってくれた方がどんだけマシかと、個人的には思う。

とにかく、残念の一言です。



フロンターレに関しては、心配はしてないです。
つーか、心配なんかしたってどうにかなるワケじゃ無いし、どんな状況になったって応援することに変わりは無いんだし。

来シーズンは、誰になるかは知らないけど、新監督の下で頑張ってほしいと思います。
 
   
Posted at 23:45 / TOPICS / この記事のURL
コメント(0)
YES!高須英暢 / 2009年12月12日(土)
 
高須英暢選手加入内定のお知らせ
[フロンターレオヒサル]


高須(大阪桐蔭高)J川崎入り 「勝利に貢献したい」
[大阪日日新聞]



3人目の新入団選手が発表になりました。

またしても攻撃的なポジションの選手。
層の厚いフロンターレの攻撃陣に割って入るのは簡単ではないと思いますが、ノボリが今年ある程度爪あとを残したので、高須君、楠神君、小林君にも十分チャンスがあるでしょう。


それにしても、どうですかこの立派なコメント
「高須君の中の人」が考えたので無ければ、相当の逸材ですよこれは。

来期の活躍を楽しみに待ちたいと思います。
 
   
Posted at 00:50 / TOPICS / この記事のURL
コメント(0)
ACL2010 / 2009年12月10日(木)
 
AFCチャンピオンズリーグ2010
「グループステージ組み合わせ決定」のお知らせ

[フロンターレオヒサル]



<Group E>
E1 城南一和(韓国)
E2 メルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)
E3 北京国安(中国)
E4 川崎フロンターレ(日本)

<Group F>
F1 鹿島アントラーズ(鹿島)
F2 全北現代(韓国)
F3 ペルシプラ・ジャヤプラ(インドネシア)
F4 長春亜泰(中国)

<Group G>
G1 河南建業(中国)
G2 ガンバ大阪(日本)
G3 水原三星(韓国)
G4 プレーオフ勝者

<Group H>
H1 アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
H2 山東魯能(中国)
H3 サンフレッチェ広島(日本)
H4 浦項スティーラース(韓国)



たぶん過去に参加した2大会よりは厳しいグループに放り込まれたんだろうな、という感じはします。
まぁ、それでも勝ち抜くしかないんですが。

なお、H3に入るのは「天皇杯優勝チーム」ですが、どうせフロンターレが天皇杯で優勝して、リーグ戦4位の広島が繰り上がりで出場する予定なので、先に書いておきました。
 
   
Posted at 23:10 / TOPICS / この記事のURL
コメント(0)
12/5 J1リーグ第34節 vs柏レイソル(日立台・現地) / 2009年12月08日(火)
 
・柏 2-3 川崎
得点者 【柏】 西村(69分)、フランサ(79分)
      【川】 西村(30分)、テセ(39分)、ケンゴ(40分)




主審の長い笛が鳴る。
一瞬、沸き返るゴール裏。
しかし、すぐさまサポーターの目は選手達の挙動に向けられる。

しばしの後、複数の白いユニフォームの選手がピッチに仰向けにひっくり返って動かなくなった。

勝者のいないスタジアム。
恐ろしいほどの静寂。


選手達が挨拶に来たとき、オレは最前列で横断幕を掲げていた。
なので、選手がどんな表情をしていたのかは分からなかった。
「ケンゴが胸のエンブレムを叩いていた」というのも、後で聞いたことだ。

後ろを振り返れば、多くのサポーターが涙している。
あの36までもが!
それだけ、みんなこの試合、このシーズンに賭けてきたんだ・・・・・・。


翻って、涙ひとつ流れない自分の「薄さ」。
「物分かりがいい」と言えば聞こえはいいけど、何のことは無い、単に「諦めが早い」だけなんじゃないか?
そして、森永チョコボールならおもちゃのカンヅメに応募できるであろうほどの「銀」をフロンターレが集めてしまったのは、もしかしたら、オレのような「妙な諦めのいい存在」が原因なのでは・・・・・・?

「考え過ぎ」と言われれば、その通りかもしれない。
「じゃあお前応援やめちゃえよ、その方がフロンターレにとっていいんだろ」というのもその通りなのだが、ただ、残念ながらその選択肢だけは絶対に無いw

ならば、オレ自身が変わるしかない。

天皇杯、そして来るべき2010シーズン。
自分自身、課題は山のようにある。
選手やスタッフ、フロントのことをどうこう言う前に、「まず隗より始めよ」・・・・・・ってこと。

============================================================

それにしても、12月の雨はヤバイwww
本当にヤバイwwwwww


「鹿島といい柏といい、何でこんなに狙ったように試合中だけ雨が降るんだ!これだからチバラギは!と多くのサポーターの方からお叱りを受けました。
千葉県民の一人として、陳謝したいと思います。



お疲れ様でした
 
   
Posted at 21:05 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
11/28 J1リーグ第33節 vsアルビレックス新潟(等々力・現地) / 2009年12月04日(金)
 
・川崎 1-0 新潟
得点者 【川】 テセ(70分)



等々力さん、また来年


仕事終わりで等々力に直行して、いざ到着したら、ちょうど試合が終わったところでした。
パネルとフラッグの片付けだけしに行ったようなもんだw

なので、試合の内容については、正直よく分かりません。
あとでいろんな人から「やたらバーポストにシュートを当ててた」と聞いたので、「あぁ、そういう試合だったのかな」とw


ということで、何はともあれ、今年も最終節まで優勝の望みを繋げることができました。
他力本願寺という状況ではありますが、それでも優勝の可能性を残して最終節を迎えるというのは本当に素晴らしいことです。

そういえば、去年は「最終節に優勝を賭けて戦うという状況」をあまり楽しめていなかったっけなぁ。
今年は昨年よりは楽しんで最終節に臨みたいですし、「当日実際に現場でそういう空気を作れればいいな」とも思いますね。
 
   
Posted at 01:11 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
11/22 J1リーグ第32節 vs大分(九石ド・TV) / 2009年11月25日(水)
 
・大分 0-1 川崎
得点者 【大】 ちっこいおっさん(61分)


まぁ、2000年のセレッソや2007年の浦和の例を持ち出すまでも無く、こういうことというのはわりとよくあるケースで、何より、フロンターレというクラブが、97年に水戸に負けたのが響いてJリーグ昇格を逃したり、98年の最終節にソニー仙台に負けて優勝を逃したりと、そういう過去を持っているワケでして。
なので、驚きというのはあまりありません。

自力優勝の可能性が消えたこと、そして次節ホームでの優勝決定の可能性が無くなってしまったことは残念ですけど、優勝の可能性そのものが無くなったんじゃありませんからね。
「最下位相手に負けたクラブは優勝剥奪」とかいうルールも無いですしw
だからまぁ、諦めたい方は勝手に諦めればいいんじゃないかな、と思います。
あと、大分に勝ち逃げされる格好になったのも、残念と言えば残念ですw


とりあえず、次節ですね。
次でヘタこくと、場合によっては鹿島の優勝が決まってしまう可能性があるので、何とか最終節まで望みを繋げてほしいです。
 
   
Posted at 01:03 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
11/15 第89回天皇杯4回戦 vs横浜F・マリノス(日産ス・TV) / 2009年11月21日(土)
 
・川崎 2-1 横浜FM
得点者 【川】 ジュニ(32分)、矢島(85分)
      【横】 山瀬(57分)


長男の風邪が治らず現地行きを断念し、家でTV観戦。

そして、迎えた日曜日の午後3時。
ちょうど選手入場の場面が流れてきた頃、妻はおもむろに言った。

「おーい、次男寝たよー」
オレ「へー、寝ちゃったんだ(よしよし、これでゆっくりTVに集中できるな)」
「うん、やっと寝たよー。さてと、それじゃ始めますか!」
オレ「へっ!?」
「何?どうかした?」
オレ「・・・・・・いや、『始める』って、な、な、な、何を!?」
「え?だって、こないだ約束したでしょ?」

============================================================

話は試合の2日前に遡る。

かねてからテレビにペンで落書きをするなどのイタズラが絶えなかった次男だが、ここに来て画面をバンバンと思いっきり叩いてみたり、挙句の果てには画面に向かって頭突きを繰り出す始末。
で、「このままではテレビが危ない」と判断した妻から、オレは相談を持ち掛けられ、下記のような会話を交わした、らしいのだ。

「で、このままじゃ次男にテレビを壊されかねないから、テレビ台をもう少し高さのあるモノに買い換えようと思うの」
オレ「んー(テレビ見ながら生返事)
「明日テレビ台を買いに行って、日曜日に次男が寝てる間に一気に組み立てちゃおうかと思ってるんだけど、どう思う?」
オレ「んー、いいんじゃない?(テレビ見ながら生返事)
「じゃあ決定ね!」

そしてその翌日、妻は珍しいほど行動的にニトリまで出向き、セルフ組み立てのテレビ台を購入してきたのだった。

============================================================

「というワケだから、テレビ台の組み立て手伝ってね」
オレ「・・・・・・今から?」
「だって、約束したでしょ?それに、次男が寝てる間じゃないと組み立てられないでしょ、普通に考えて」
オレ「・・・・・・どうしても?」
「あのねぇ、見たいのは分かるけど、協力してもらわないとこっちも困るの
オレ「・・・・・・はい」


TVで流れてくる音声を辛うじて拾いながら、作業すること1時間弱。
テレビ台の組み立てが完成した。

オレ「わりと呆気無くできたな」
「あなたはそうかもね。作業量は私8:あなた2くらいだったから」
オレ「・・・・・・」
「ジュニーニョが先制点決めた直後なんか、あなた5分は何もしてなかったわよ。テレビに釘付けで」
オレ「・・・・・・」

「さて、テレビ台は組み立て終わったから、今度は移し替えだね」
オレ「あぁそっか、テレビもDVDも全部動かさなきゃなんないんだっけ。何かこっちの方が作業としては面倒くさ・・・・・・・・
 あぁっ!!( ̄□ ̄;)
「何?どうかした?」
 
 続きを読む…  
Posted at 21:55 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
11/11 第89回天皇杯3回戦 vsカターレ富山(等々力・見てもいない) / 2009年11月12日(木)
 
・川崎 3-1 富山
得点者 【川】 黒津(29分)、木村(70分)、矢島(78分)
      【富】 川崎(44分)


選手・スタッフの皆様、現地で応援されたサポーターの皆様、お疲れ様でした。

なんか、内容に不満のある方もいらっしゃるようですけど、「木村のループを生で見れたんだから文句言うな」と言いたいでつ(><)


以上
 
   
Posted at 23:59 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
11/8 J1リーグ第31節 vsジェフユナイテッド千葉(等々力・現地) / 2009年11月10日(火)
 
・川崎 3-2 千葉
得点者 【川】 ヘナ(55分・70分・89分)
      【千】 工藤(35分)、和田(88分)



当日はまなべさんブロックと海人ブロックの最後列付近の皆様に長男を大変可愛がっていただきまして、本当にありがとうございました。
この御恩には、長男を立派なフロンターレジャンキーに育てることで報いたいと思います。

============================================================

試合前の謝罪会見で勇介に群がっていた連中は、その約3時間後、巻に群がっていた。
「それが彼らの仕事だから」ってのは十分理解しているつもりだが、それでもやはりこの、何と言うか、「ゲスいな」という思いはどうしても拭えなかったw


試合は、「勝ち点3確保」という結果がすべて。
あの状況下で試合内容まで求めるサポーターがいるとしたら、オレはその人とは話をしたくないw

ただ、「ファウル」「抗議」「プレー進行を妨げる行為」の3点があの試合で極端に減っていたのは、ろくに試合を見ていないオレでも分かった。

まだ1試合だけなので断言はできないが、おそらくフロンターレは今後「そっち方面」に舵を切っていくのだろう。
その上でなおかつ「勝てるチーム」を作る、と。
普通に考えれば相当困難な作業だ。未だ無冠のチームの掲げる目標ではないw

しかし、それでもやらなければならない。
フロンターレは、自らにその十字架を課したワケだ。

ならば、我々はその取り組みを見守ろう。
そして、応援していこう。
それがサポーターの務めなのではないかな、と個人的に思った。
 
   
Posted at 23:58 / 観戦記 / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
アイコン画像東横48
あけましておめでとうございます (2010年02月27日)
アイコン画像チェン
表彰式の件 (2009年11月06日)
アイコン画像残念っ!
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像名前はまだない
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像残念
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像ぬこべた
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像通りすがり
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像フテクサーレ
表彰式の件 (2009年11月05日)
アイコン画像R2bop2x80
表彰式の件 (2009年11月05日)
ブログセンター
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.