腰の負担少ないnapnapの抱っこ紐のポイントはここ!

May 02 [Sat], 2015, 18:29
赤ちゃんを抱っこするとき腰は痛めないか不安…
赤ちゃんの抱っことおんぶ、どちらが負担軽いのかな?



と、お悩みだったりしませんか?


待望の赤ちゃん!

でも赤ちゃんを育てる上で誰しも抱える悩み
「腰」「肩」「腕」への負担。

嬉しい贅沢な悲鳴ではありますが
しっかりと気を付けないとママ自身
どこかを痛めてしまいます。


ママ腰痛いから抱っこ・おんぶは今日禁止!
ってわけにはいかないですものね(笑)

そこで、赤ちゃんのことだけでなく
ママの腰・肩などの負担軽減も考えた
napnap(ナップナップ)の抱っこ紐に関してまとめます!

妹が使っていて知った抱っこ紐です。

おんぶ派の方、抱っこ派の方にも
共用のアイテムなのでお役に立てば幸いです(^^


◆napnapの抱っこ紐:赤ちゃんへのオススメポイント

・汗っかきな赤ちゃんの為に背あてとスリーピングガードがメッシュ仕様
 (保冷剤も入るので夏も安心です♪)
 季節関係なく汗っかきな赤ちゃんは蒸れ蒸れなので助かります。

・製品安全協会SG合格商品→安全基準クリア

…これは案外気にしないひと多いので要注意です。
 安いだけの抱っこ紐はもちろん高いけれど基準は…
 な抱っこ紐もあります。


◆napnapの抱っこ紐:パパママへのおススメポイント

・おんぶが簡単

…結構おんぶをしづらい抱っこ紐が多い中
ママや保育士、整体師が作っただけあって
こうした不満を解消してくれています。

・ウエストポーチ大に収納できる

…赤ちゃんを入れていない時に小さくまとまる!

そして、
・肩ベルトだけじゃなくて腰にもベルトを巻けます。
 つまり赤ちゃんの体重を足へ分散することができる
 →肩や腰にかかる負担を9割も軽減できる!

肩だけで背負うと「食い込み」ますよね?
すると肩を痛めます。


さらに前傾姿勢んなると、背骨・腰にも負担がかかります。

寝るには抱っこ・おんぶしないと
ダメな赤ちゃんもいますよね?

腕だけで抱えるには限界がさすがにあります。

最初に書いた通り、今日は腰が、肩が痛いからダメ…
ってわけにもいかないですよね(^^;)


もし、昔スポーツなどで腰や肩を痛めた経験がある方、
運動不足で筋力に不安がある方は

napnapの抱っこ紐の様な赤ちゃんだけでなく
パパママの肩・腰への負担を考えた抱っこ紐を
選んだ方がよいですよ!

たまたま、妹が使っていたので
こうしていろいろ調べてみることができました。

ちょっとでも参考になれば幸いです。
詳しくはナップナップのHPみてみて下さいね!
↓↓(下記画像をクリックするとHPにいけます)