ちょっと変わった日本画

March 08 [Tue], 2011, 17:41
絵画に興味のある人は沢山いると思います。
絵を描くのが好きな人、絵を鑑賞するのが好きな人
様々だと思うのですが…

私も昔は趣味で絵を描いたり、人の絵を見たりするのが
好きだったのですが、仕事が忙しくなってきたし
いろいろと他の用事があったりで、最近は絵のことすら
忘れていました。

ネットで調べ物をしているときに、麻布桜画廊の王昭展と
いうのを見つけて「絵なんて最近見ていないな」と思い
なんとなくクリック!!

ちょっと変わった日本画だな!と思いました。
それもそのはず、ただの日本画ではなかった。
王昭画伯の絵は「東洋画」というもので
日本画と水墨画を混ぜた新しいジャンルの絵であるらしい!
日本画の型にはまっていないし、水墨画のように
静かな感じでもない…面白い絵です。

絵の才能って人それぞれで、とても美しい絵を描く人も
いれば、ちょっと意味不明な絵を描く人もいるでしょ!
それがアートの世界だといわれれば、そうかもしれないけれど
絵で何かを表現したり伝えたりすることって難しいと思うの。
王昭画伯の絵には迫力があるんだけど、豪快さの中に
優しさを秘めているって感じかな…

絵をじっと見ていると、私も昔、絵が好きだったことを思い出した。
毎日時間に追われ、忙しくしていて忘れていたんだね。
また描いてみようかな!とも思った。
自分を見つめ直すきっかけになったような気がします。
コレも王昭画伯の絵から伝わってきたことなのかな!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koronkoron
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/koronkoron44/index1_0.rdf