2014.8.1(金) 塩谷哲トリオ “ライヴ・2014@ブルーノート東京

August 02 [Sat], 2014, 15:27







塩谷哲トリオ “ライヴ・2014@ブルーノート東京

【start】1st 19:00

【member】
塩谷哲(ピアノ)
井上陽介(ベース)
山木秀夫(ドラムス)


久しぶりのsaltのピアノが聴ける!と楽しみに来ました。
山木さんも井上さんも素晴らしいプレイヤー。期待せずにはいられません。

3人の音が出た瞬間、あまりの美しさで自然に 目に涙が(/ー ̄;)

チャーリーヘイデンとパットメセニーの曲が特に美しかった。
色、が見えました。色が見えたと言うのは幻想だけど、とにかく音から色を感じたのです。

素敵な夜でした。

9月からNHKの趣味悠々でsaltの番組が始まるようです!スゴい!これは録画しなくては!


そして今日は久しぶりにカメラを。 ブルーノート東京は絵になりますね。

2014.7.30(水)TRIX@渋谷Mt. RAINIER HALL

July 31 [Thu], 2014, 20:13
TRIX@渋谷Mt. RAINIER HALL


TRIX 11th ALBUM「TRICK」 発売記念ツアー!

【start】19:00

【member】
熊谷徳明 (Dr)
須藤満 (B)
菰口雄矢 (G)
AYAKI (Key)

※スペシャルゲスト 魔耶一星 Issey Maya(magic)

マジシャンがゲストのフュージョンライブ Σ(゜Д゜)
なにぃ〜〜?→trickに引っかけている とのこと。 しかしさすがのサービス精神ですねー。

お初の会場、どんな感じかなと思ったけど、普通のシアターみたいなこじんまりしたホール。いすもフカフカしてるし、ドリンク可だし、まあまあかな。

チケ発初日はなかなか繋がらず、撃沈の整理番号(3ケタ…)で席は諦めてましたが、まあ何とか前の方?に座れました。
でもホールならチケットは席番つけて欲しかったかな。そしたら並ばずに適当な時間に行けたのにな。

とにかく待ち焦がれたライブ(*´ー`*) ♪
new albumの「Out of cry」、「Jawa Jawa」が 特に好きで、生で聞くのが楽しみでした(*^3^)/〜☆

でもやはりホールは何だかステージとの距離感を感じました。TRIXはライブハウスの方がいいかな。

サクサクとCD収録順(笑)に進み、いよいよマジックのコーナー。
私の勝手な思い込みですが、マジシャンてでっかい蝶ネクタイつけたド派手なギンギラギンの衣裳の人がくると思ったら、ジーパンにシャツ?の普通のお方(^o^;)
だけど、マジックし始めたらやはりスゴかった。トークもかなり面白かったし、手先の動きの美しさにどんどん引き込まれて行きました。
アヤキ様が浮きました。あのベタなマジック、いまだにタネがわからないですね。

で、観客にもちょっとしたマジックを教えてもらいましたが、忘れてしもーたー(^^;
でもすごく楽しかった!

何だかライブに来たの、ちょっと忘れてた(^q^)

TRIXサウンドはさらに上質に楽しくなり、また9月に行くのが楽しみです。
あ、違う、8月5日@博多にも行くんだった\(^o^)/

とりあえず、仕事で疲れはてた心と頭をほぐして頂きましたっ!

2014.7.25(金) 是方博邦Rainbow Jam@鶴ヶ島HALLE

July 26 [Sat], 2014, 13:10


是方博邦Rainbow Jam@鶴ヶ島HALLE

【start】19:00

【member】
是方博邦(Gt)
石川俊介(Ba)ex.聖飢魔II
熊谷徳明(Dr)from.TRIX ex.casiopea


熊谷サンのsessionはなかなかないし、割と近いので来ました。
いやはや、すごいとこでした。元々は何のお店だったのか?と思うくらい(゜ロ゜;
いや、最初からライブハウスだったかもしれないですが……。

お初だと入るのにとても躊躇します。入ってしまえば、まあステージあるし、ライブハウスなのだけれど。

ライブはほとんどが是ちゃんの曲をやりました。
お馴染みのお客様が多いのかな?
とにかく満席でした。

中でも面白かったのが、熊谷サンのカシオペア時代にボツになったという曲「黒人」ていう名前(笑)
野呂さんに一言「やだね、」と言われたらしい(笑)

普通にロックなフュージョンでなかなかカッコいい曲でしたが、たぶん名前がダメだったのではf(^^;
TRIXでもそうですが、昔から変わったネーミングが好きなんですね。
独特の感性をお持ちです。

石川さんはお初でしたが、とてもこのメンバーと馴染んでいました。カッコいいフレーズも沢山。
聖飢魔IIの毒々しさは微塵もありませんでした。むしろ爽やか。
聖飢魔II時代はバンド組んでから、気がついたらいつのまにか悪魔の設定になってたようで(笑)
トークも面白かったです。

熊谷サンもいろいろな人とセッションしたらいいのに〜聴きたいなあ、と思いました。

2014.7.21(月) スペシャルビッグバンド サマージャズコンサート@和光市民文化センター サンアゼリア

July 22 [Tue], 2014, 15:43



スペシャルビッグバンド サマージャズコンサート@和光市民文化センター
サンアゼリア

【start】14:00

【member】
陸上自衛隊中央音楽隊 サージャントエース&米国空軍太平洋音楽隊-アジア パシフィック・ショーケース
(日米音楽隊の混成スペシャル ・ ビッグバンド)

グレン・ミラーの息吹を感じて 。
日米音楽隊のメンバーが 、プレミア ムバンドとしてサンアゼリアで夢の共演!
ビッグバンドによるジャズの楽しいコンサートです。
(HPより)

本日のコンサートは、ホールにハガキを出して、当選!した方だけのご招待制。
自衛隊の音楽隊の演奏会も自衛隊に出して抽選だから、まあ宛先がホールになっただけのことなんですけども。

………たぶんほぼ、落選の方はいないのではないかとf(^^;

軍楽隊のBIGbandjazzの合同は初めてだそうです。

プログラムはご覧の通り、王道なナンバーばかりでした。

並んでいたときに、前の老夫婦の方と話が盛り上がり、では、と別れたのですが、席に着いてみると、なんとお隣。
ご縁がありますね〜と。川越からいらしたそうで、気さくなご夫婦でした。
聞くとご自身は楽器などはやられないそうですが、いろんな音楽を聴きにいくのが大好きだそうです。
特に今日のプログラムなんかはご年配の方々にはたまらないでしょうね。
Septemberは熱帯のアレンジでした。市販の譜面かな?
パーカスのアドリブは日米の闘い(笑)でなかなかカッコ良かったです。

さすがに百戦錬磨のジャズプレイヤーと言うわけではないので、その道の方とは違うキチンとした演奏でしたが、楽しかったです!
米軍というかアメちゃんはやはり何というか生まれながら持った?グルーヴを感じました。

またこういう企画があればいいですね。

2014 7.19(土) 本田雅人 B.B.STATION -Big Band Night-@ブルーノート東京

July 20 [Sun], 2014, 18:53


本田雅人 B.B.STATION -Big Band Night-@ブルーノート東京


【start】2nd 20:00

【member】
本田雅人(サックス)
エリック宮城(トランペット)
西村浩二(トランペット)
佐久間勳(トランペット)
小林正弘(トランペット)
中川英二郎(トロンボーン)
片岡雄三(トロンボーン)
半田信英(トロンボーン)
野々下興一(トロンボーン)
鍬田修一(サックス)
竹野昌邦(サックス)
鈴木圭(サックス)
山本拓夫(サックス)
秋田慎治(ピアノ)
梶原順(ギター)
バカボン鈴木(ベース)
則竹裕之(ドラムス) ※7.19 sat.

田中栄二(ドラムス) ※7.20 sun. ?





前の方でどっぷり聞きたいと思い、かなり早めのご来場。
1stの人が並ぶ中で、2ndに入るのは私ぐらいじゃないかと思っていましたが、いやはやまだまだ強者が。

15時から自由席の順番待ちが出来るのですが(1st、2ndとも)、ちょっと遅れて15時30分頃に行ったら、すでに長蛇の列が。

もちろん、1st、2ndまたは両方Σ(゜Д゜)の方々が入り交じっているわけですが、にしてもすごいですね。
順番待ちは中で待ってなくてはいけないので、座れないとかなりキツい待ち時間ですが、運良くふわふわソファーに案内されました。

三時間待ちは覚悟していたから、いろんなものを用意してきました。
仕事の復習とアンチョコノート作成、本、携帯の簡易充電器、おにぎり、飲み物など準備万端です。

しかし仕事のノート作成していたらあっという間に2時間経っていました。
真面目か!(笑)

そうこうしてる間に、一人の友人が来て入場受付。
私の前に8人(組)もいました。みなさん、すごいですね。

受付して順番確定し、食事をしに近くの洋食屋マトリさんへ。
青山にしてはリーズナブルな価格。
オムライスを頼んだのですが、大きい!真ん中にエビフライがどーん!デミグラスが美味しかったです。

食事をしてさらにもう一人山形から来た友人も無事合流!

しかし、ブルーノートはお料理も飲み物も高いf(^^;わかってはいるけどねー。

昨年は梶原さんの足元ガン見だったので、今年は管を見たいぞ!とサックスの真ん前に。

どうやら1stが相当押し、ブルーノート側から言われた模様(笑)
本田さんはトークがお好きなようで(*^^*)
なので、トークもそこそこに割とサクサクと進行。

熟練の方々の熱い演奏が繰り広げられました。プレイヤーも驚きの年齢層で、あんなパワフルな演奏ができてすごいです。
らっぱ隊のハイノートを始め、みんな超絶技巧な数々の曲をさらりと聞かせてくれてカッコいい!\(^o^)/

中でも、サックスのKeyが壊れてしまうんじゃないか?と思うくらいのあり得ないフレーズのユニゾン
(゜ロ゜;あり………もう、譜面、覗きましたよ。
真っ黒(笑)
バリトンまでKeyがバコバコ言ってました。
さすがにプレイヤーの方々も終了後はふぅ〜というため息まじりでした。
お疲れ様でした!!m(__)m


久しぶりに気持ち良い管の圧力を感じたライブでした。

2014.7.5(土) GALAXY SALSA LIVE! DEL SOL × DE LA LUZ@天王洲銀河劇場

July 07 [Mon], 2014, 9:25



GALAXY SALSA LIVE! DEL SOL × DE LA LUZ

【start】18:30

【member】
オルケスタ・デル・ソル

タイロン橋本(Vo)
ペッカー(Vo,Perc)
木村キムチ誠(Vo,Perc)
森村献(P)
都筑章浩(Conga)
美座良彦(timbales)
佐藤英樹(Bongo) 
高橋ゲタ夫(B) 
鈴木正則(Tp)
中野勇介(Tp)
向井志門(As)
竹野昌邦(Ts)


オルケスタ・デ・ラ・ルス

NORA(Vo)
JIN(Vo,Perc)
渋谷和利(B) 
鈴木ヨシロー(Bongo)
宮本仁(Conga)
GENTA(timbales)
佐久間勲(Tp)
五反田靖(Tp)
前田大輔(Tb)
相川等(Tb)
扇谷研人(P)


まだ、このサウンドの余韻を引きずっています。
ホントに楽しかった。
現実逃避できた。(別に現実には何も問題ないですが(笑))
音のシャワーでした。
幸せでした〜〜来ていた皆さんはきっとそう思って帰宅したと思います。

それにしても太陽(デルソル)と光(デラルス)の楽団!なんてぴったりな名前なんでしょう!!
本当にそのものでした。

23人のパワー溢れるサウンドは本当に虜に!
メンバーは昔とは多少入れ替わりがあり、サウンドは変わったかもしれませんが、基本的なスタンスは変わってないような気がします。

まずは最初っから一緒のステージに乗るって思っていなかったので、緞帳が上がったときビックリしました。

そして出てきた音のhappyなことったら。
rainbowloveとかもう今でもやはり楽しくて。メレンゲ、最高!
ほぼスタンディングのライブでしたね。

MCで話されていましたが、NORAさんは人生で悩んでいたとき、私もかなり落ち込んでいたとき、デルソルに出会いました。

私はある日、何やっているかわからないけど、とにかく生音が聞きたくてフラッと行った六本木ピットイン(懐かしい)でやっていたのがデルソル。
ライブが本当に楽しくて、音も素敵で、初めて出会ったサルサに釘付けになりました。
何だかドン底な気分だったのが嘘のようにライブ終わったら、スッキリしてしまいました。
ものすごく小さいことでちまちま悩んでいた気がしました。

NORAさんもいい意味で「これでいいんだ!(笑)」と目から鱗だったそうです。

デルソルはお笑い要素を入れた本物サルサ、音楽もトークも全力です。素晴らしいミュージシャンの方々です。

先輩のデルソルを目標に出来たデラルス、またこちらもNORAさんのキラキラしたボーカルと共に素敵なサウンドが健在。

終わって欲しくない、と久々に思えた、楽しくて熱いライブでした。
またやって欲しいな

2014 7.1(日) MATT BIANCO@ブルーノート東京

July 02 [Wed], 2014, 10:53



MATT BIANCO@ブルーノート東京

【start】1st 19:00

【member】
Mark Reilly(vo)
Mark Fisher(key)
Elisabeth Troy(back vo)
Shea(back vo)
Andy Ross(sax,fl)
Leon Stenning(g)
Nick Cohen(b)
Tony Mason(ds)

1回生で聞いてみたかったMATT BIANCO!CDだけしか聞いたことがなく・・・。
カッコイイサウンドです。

実は本日、ブルーノート会員半額デス。なかなかいいシステムですね!半額じゃなかったら・・来ていないかも(笑)
いや、ずっと来たかったですけど・・ね。庶民価格じゃないですしね。
来週は七夕、ロビーには七夕飾りがありました。短冊はミュージシャンが書いていたらしい。
入場直前にまじまじと見たので良くわからなかったです。原朋直さんだけわかった

入場〜〜。やっぱりこの異空間は現実逃避できますね。
さすがに早い時間はスッカスカでしたが、開演間近になったらいつの間にか満席になってました。
いつも思うけど、高いのに満席になるってすごいなぁ。


毎日様々な場所で(日本人)の良いセッション沢山やっているのに、素晴らしいミュージシャン沢山いるのに、たっぷり演奏してくれるのに、3分の1くらいのお値段なのに・・・・そちらは満席にならないことも多いですよね。
何だかやるせないです。まあこうして私も来てますけども。
でも私は基本、日本のミュージシャンを応援したいです!好きなミュージシャン沢山いますが、出来る限り通いたい。



それにしても、、、私のジンクスは本当にはずれない。
フラットな会場は特に、ホールにいたるまで、私の前に縦横に広い方が来る確率がものすごい高い。

いや、ほとんどと言ってもいいくらい。
視界を遮られてライブ中は右左に動かなくてはならず、ライブに集中できません。
そうそうSTBで相撲取り級の人が目の前に来たときは目眩が

もう一つ、、、、異様なノリ方をする人が近く、もしくは隣に来る確率・・・。
いや、楽しみ方は人それぞれです。自由です。文句も言えません。
でも、やはり気になるんです。こちらの椅子とか無駄にめっちゃ揺れるんです。私はそういうノリ方したくないんです。
まあミュージシャンをのせたい、というサービス精神という気もしますけども。

まあいいや。

今回も前ひとつ空けて座ってしまって、イヤな予感はしましたが、やはり来ました。大きい男性。
しかし・・カップルで来ていて、なぜ私の視界の先に女性ではなく、どでかい男性なの・・・・。
諦めました。。。。

さて、開演。

Mark Reilly思ったより声に力がなくて、ちょっと残念でした・・。もっと太い声だとイメージしていました。

でも、サウンドはやはりご機嫌でMark Reillyもノリノリで、かっこよかった。
ちょっと「ひろ〜〜みGO!」みたいでした。
後半は前の方のほとんどの観客がスタンディングするほど、勢いづいて定番の曲SUNSHINE DAYとかWHAT A FOOL BELIEVESとかDANCING IN THE STREETとかLOST IN YOU・・アドレナリンがふつふつ。
昔のヒット曲はやっぱりいいですね。
Andy Rossも沢山フルート吹いてくれて、すっごくかっこよかった!あ〜〜〜やっぱり私もやりたい。壁は高いけど、やっぱりやりたい。やる!(あ・・言っちゃった・・正しくは再開)

さあ、週末の濃いラテンライブへの心構えは出来ましたよ(笑)
そちらも超〜〜〜楽しみ!

次回
7/5GALAXY★SALSA★LIVE!
オルケスタ・デル・ソル × オルケスタ・デ・ラ・ルス
夏の夜の夢 〜太陽と光の楽団〜

2014.6.26(木) ミュージカル『カルメン』@天王洲銀河劇場

June 26 [Thu], 2014, 23:06
ミュージカル『カルメン』

音楽 フランク・ワイルドホーン
演出 小林 香

【キャスト】
濱田めぐみ 清水良太郎 米倉利紀 大塚千弘 JKim 香寿たつき 別所哲也

超実力派キャスト、夢の響宴。
『ジキル&ハイド』『モンテ・クリスト伯』を世に送り出した
天才作曲家:フランク・ワイルドホーンの傑作ミュージカルが、
いよいよ日本初上陸。
屈指の歌唱力を備えた豪華キャストに触発され、
日本公演のために書き下ろされたナンバーにも注目が集まる。
ミュージカル界に新しい風を吹き込む
気鋭の演出家・小林 香が手掛ける
渾身の新作に乞うご期待!!!(HPより)



前々日にフルートアンサンブルでご一緒している方から、友人が行けなくなったとのことでお誘いがありました。
運良く空いており、ご一緒する運びに!

何と言っても来週デラルスデルソルで銀河劇場に行くので、自分の席を確認したかった・・のもあります(笑)

久しぶり!の天王洲。昔はアートスフィアという名前だったかな?そのときに何回か行きました。
思っていたより狭い。こんな狭かったかな??

さて友人とその席に座ると、来週のその席とほど近い・・。

・・・・しかし。。。はじっこ、とは思っていましたが、ほんとに端・・・・。
ステージの端よりもかなりはずれてます。ミュージシャン、見える??
どでかいスピーカーでも置かれたら、爆音の真ん前ではないのか。。。
ちょっとブルーになりましたが、まあいい。楽しいもんね。きっと。
私は踊れないけど、通路脇だし・・・踊っちゃおうかな。

さて、開演。

ミュージカルはレミゼとミス・サイゴンしかありませんが、こんな真ん前で見たことはありません。
普通に俳優さんが目の前で何回もするのは本当にこちらが恥ずかしくなりましたが、何回も見てるウチに慣れました(笑)至近距離で俳優さんが演じてるって迫力ありますね。

それにしても息をのむ歌唱力、濱田めぐみさんは本当に素晴らしい歌手、女優さんでした。
ただ上手いのではなく、役としての心情や濱田さんの感情が本当に伝わってくる今まで聞いたことない、心が震えるほどのゾクゾク感でした。声量もすごい。劇団四季で鍛えられた本物ですね。
新妻聖子さんが大好きなのですが、また違うすばらしさを感じる方でした。

皆さんの歌に本当に感動したのですが、清水良太郎さん、知らなかったのですが、ものまねの清水アキラさんの息子さんです。
イケメンです

歌って演じて踊って・・・。何役もこなさなくてはいけない、才能の固まりの方ばかりでした。
また機会があったら行きたいです

2014.6.21(土) 陸上自衛隊東部方面音楽隊第61回定期演奏会@和光市民文化センター (サンアゼリア)大ホール

June 23 [Mon], 2014, 11:34
陸上自衛隊東部方面音楽隊 第61回定期演奏会@和光市民文化センター サンアゼリア大ホール

【start】14:00

【曲目】
1部
・ホルジンガー/3つの即興的ジャズ風舞曲
・カール・マリア・フォン・ウェーバー /アンダンテとハンガリー風ロンド ファゴット独奏:1等陸曹 村上 茂樹
・リード/アルメニアン・ダンスPART1・PART2

2部
♪♪Jazz Stage with エ リック宮城♪♪
ゲスト:エリック宮城

二日連チャンで同じホールに来ました
今日は2階です。


本日は吹奏楽だけでなく、ジャズも聞けると言うことで、非常に楽しみでした
ファゴットの独奏も優しい音で癒されました。
アルメニアンダンスも久しぶりに聴きました。やはりかっこいいです。リードの音の厚さというか響きは大好き

さて、お待ちかね第二部。
エリックさんだ!!
いやあ、もう、わかってはいるんですが、あの伸びのあるガラスの表面のような艶やかな音色、さも軽く出してる。
ハイノートだけでなく、もちろん普段の音色も優しく美しい。

地元の吹奏楽部員であろう、高校生の団体さんたち、さぞかし驚いたと思いますが、やはり生の素晴らしい演奏を聞くのが何よりの勉強。そして手っ取り早い上達法だと思います。CDとは違います。


そして今日の収穫
エリックさんのインタビューのお話の中で、気づかされたことがあった。

☆高い音や細かいフレーズをやれば、感心はされるけど、感動させるとなるとやはり別。

☆これから年数を経て、若いときよりは指が回らなくなったりするかもしれない。
ただ若い頃には出来なかった年齢と共に身に付く音楽の味や表現が出てくる。
俳優でも年を重ねて存在感のあるオーラをまとった人がいるように。
それがあるからやはりやめられない。



私もフルートを吹きますが、なんで今も吹いてるのかな、と最近よく思う。
アンサンブルしてて、(吹奏楽、オケ、フルート)何とも言えない気持ち良い瞬間もある。辛いこともあるけど、やはりまた吹きたいと思う。

今は趣味だから、割と気楽ということもあるけど、昔では出来なかったことや表現も出来ている実感がある。
上手くなる幅は確実に少ないけど、ただ下手にはなりたくない、それだけで続けているのかな?

人様に聞いて頂く演奏のクオリティを常に頭に、年齢を重ねた(…と思われる…笑)演奏を目指して、これからも頑張ろうと新たに思いました。



2014.6.20(金) 山崎まさよし LIVE SEED FOLKS in 和光@和光市民文化センター(サンアゼリア)大ホール

June 21 [Sat], 2014, 16:12

山崎まさよし LIVE SEED FOLKS in 和光@和光市民文化センター(サンアゼリア)大ホール

【start】19:00

歌ものはあまり聞かないのですが、まさやんは好きでCDも何枚か持っています。そうそう、月とキャベツが大好きで写真集まで
生の歌声を聞きたいな、とずっと思ってました。そしたらこんなに近くに来てくれた行かない訳がありません

実はこのチケットを優先販売で買いたくて、アゼリアの会員になりました。
先行販売目当てで。
これからもいろいろ行こうと思います

初めて行きましたが、綺麗なホール!
5列目ど真ん中です
並んだ甲斐がありました。良く見える。

ステージを見ると、普通にバンドのセッティングになっていました。
guitar1本でやると思っていたので。おまけにコンガもあるし、ワクワク
ミュージシャンは誰だろ?(何回もツアーに行ったファンの方はわかるでしょうが)

オープニングアクトで「浜端ヨウヘイ」さんと言う方が出ました。ものすごい大きい方で比例してすごい声量。マイク要らないんじゃないか?と思ったくらい。
声質は山崎まさよしさんに似てるけど、熱唱系。ずっしり。同じ事務所のようで、売り出し中の方なのかな。これから出てくるでしょう

さて始まりました。まずはまさやん一人。
初まさやん………かっこいいっ

心にすっと沁みる伸びやかで透明感のある声。

私があまり歌を聞かないという理由は(アーティストによるのですが)なんというか妙にこちらが恥ずかしくなってしまい、アーティストを見てられなく、落ち着いて聞いてられないのです。
歌詞なのか、声質なのか、陶酔しきっちゃってるからなのか(こちらが置いてきぼりな感じ)?
何故かわかりません。ほんとに。
好き、嫌いじゃないんですが、確実にそうなります。

でも、まさやんは違いました。むしろ凝視。引き込まれて行きました。音程も外さない、guitarの音色もテクニックも引き込まれ
時おり見せる、少年のような笑顔にノックアウトされました

バンドメンバーは中村キタローさん(B,kb)、江川ゲンタさん(Dr,Perc)今度デラルス、行きますよー♪
マルチプレイヤーのベテランお二人とまさやんが息もぴったりで、トークも3人で楽しく進行

気合いの入ったファンの方々のノリがものすごくそちらにも目が行きました。
曲によって謎の振り付けがあります。やはりそういうのはお決まりですよね。

「One more time, One more chance」
に泣き、
「セロリ」の滑舌の良さにさ舌を巻きました。
全ての唄に感動
近い場所で見られるなら、また行きたいです
P R
お好きなのをどうぞ。(カテゴリ)
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コメント。
アイコン画像ようすけ
» 練習しなきゃ・・。 (2007年04月26日)
アイコン画像さしみ♪
» 練習しなきゃ・・。 (2007年04月16日)
Yapme!一覧
読者になる