多忙で笑える。 

May 20 [Thu], 2010, 1:13
我が社はバブル景気です。

平日が普通に昼飯もトイレも行けないくらい忙しい。

パソコン打ちながら電話しながら監修物ダウンロード。ソフトの起動が遅いと待つ時間が勿体無い。

先輩も忙しくて、報告する暇がないから移動時間でパパっと話す。先輩は、最初忙しい忙しいと1人で言っていたけど、周りもかなり忙しいから同情してもらえず、そのうち私に向かって「オレたちって忙しいよね〜」とお互いの忙しいを言い合うことで2人がかりで忙しいをアピールする方向にシフトした。
おかげで私の忙しいのもかなり同情してもらえて嬉しい。

夕方私が食べ損ねた昼ご飯を食べていたら、「あの子可哀想な子でしょう、忙しすぎて精神病んでガリガリになっちゃったらどうしよう」と取引先にまで同情を引いてくれていた。

先輩も忙しいですよね〜大変ですよね〜とお返ししてあげると満足そうにしている。

お互いほめあって、ねぎらいあってないとモチベーションが保たれない。

だが本当に正直、今主軸の先輩が倒れたら間違いなくやばい。ワールドカップで中田と中村が揃って棄権するくらいに。



ひとりはイヤ。

だから土日に休みでひとりになるとき不安で死にそう。

もうひとりはイヤだって思ってたのに。

また仕事や趣味に逃げてひとりでいるのを我慢しなきゃいけないのかなぁ。

怖いよ。


初めての体験や思い出全てを捨てるのは怖い。
私にはできない。


宣告されに行くくらいなら、現状はみて見ぬ振りだ。



妹がいなかったらとっくに病んでると思う。

ありがとう妹よ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おりか
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-ミステリーとか純文学とか
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる