コンタクトだと近くが見にくいことがある。夜も見えづらい。

July 19 [Tue], 2016, 12:43
外出するときには眼鏡だと不便なのでコンタクトをするものの、近くが見にくかったり夜になると、遠くにあるものを確認しづらくなりました。

しかも、見えづらさは徐々にエスカレートしていって、あるときなんか、夜中に運転をしていて、おじいちゃんの飛び出しに発見が遅れ、危うくひっかけるところでした。



このままだと、見る力がますます萎えていって、コンタクトが使えなくなってしまうんじゃないか?そんな不安を感じていたものの、今は裸眼でも運転できるほど視力が戻ってきました。

コンタクトや眼鏡を付ける必要が根本的になくなって、面戸なケアから解放されました。朝起きてから夜寝るまでずっと快適な視界を維持できるようになりました。



片目ずつだと1.0はないものの、両目だと1.0を出せるようになり、運転免許から「眼鏡等」の記載を消すことができたんですが、私がどうやって視力を回復させたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。

レーシックみたいな危険な手術を受けたわけじゃないし、手間のかかるトレーニングをしたわけでもないので、あなたもすぐに真似できますよ。




コンタクトだと見えづらい原因と対策

July 19 [Tue], 2016, 12:20
■度数だけが原因じゃない!

コンタクトだと見えにくい原因の一つとしては度数があっていないことが考えらえます。この場合、単純に度数を切り替えればよいんですが、話はそんなに単純ではありません。

私たちの目の周りには眼筋という筋肉があるのですが、この筋肉が上手く動かせなくなっているせいで、思った通りに焦点が定まらなくなることがあるんです。眼筋は目の組織を動かすという大事な役割を担っています。



後で詳しく説明しますが、眼筋が硬直してしまうと、目の組織を上手く動かせなくなることを意味しています。コンタクトの度数があっていたとしても、眼筋を思うように動かせなければ、意識と目の動作が一致しなくなるんです。

暗いところで遠くが見えにくくなるのも、眼筋が固まってしまい、動向を開くという効果を出せなくなっていることが原因として考えられるわけです。




■視力と眼筋の関係

視力が下がるのは眼筋の機能低下が原因です。簡単に言うと、本来であれば、近くを見る眼筋と遠くを見る眼筋が交互に緊張したりゆるんだりすることで、遠くを見たり近くが見えるようになります。

けれども近くを見る頻度が増えた場合。近くを見る眼筋に力が入りっぱなしになって硬直。そして遠くを見る眼筋の使用頻度が減ったことにより、筋力が低下。



すると、遠くを見ようと思っても、筋力が低下した眼筋が硬直した眼筋の緊張を緩めることができず、ピントを合わせようにも合わせられなくなってしまうんです。

視力を回復させるには、眼筋の働きを元に戻してあげることです。硬直した眼筋をほぐし、筋力の低下した眼筋を鍛えなおしていくんです。




■眼筋を鍛えて視力アップ!

私がどうやって視力を回復させたのかと言うと、眼筋トレーニングに効果があるブロックストリングスという道具を使ったからです。

一流のスポーツ選手も視力を維持するために使っている道具で、紐に小さなボールを通しただけの簡単な構造です。使い方さえわかれば、家で一人で簡単にトレーニングができるんです。



ただ最初はもちろん、不安がありました。こんな道具で本当に視力が上がるのかな?私も使いこなせるのかな?と心配していたものの、返金保証を当てにして試してみることにしました。

始めの一週間は、今までにない目の動かし方をしたせいで目の周りがひどく疲れる感覚が会ったものの、それ以降は疲労感はほとんどなく、やればやるほど目が良くなっていくのが実感できました。



1ヶ月、2か月と月を追うごとに徐々に視力が回復していって、コンタクトも眼鏡も使わずに裸眼で過ごせる視力を取り戻すことができました。

眼筋をスムーズに動かせるようになった影響なのか、眼精疲労も随分と改善されて、長時間のデスクワークで目がしょぼしょぼすることも激減しました。



私の視力を回復して視界を鮮明にしてくれた視力回復グッズがこれです。今ならまだ返金保証をしてくれるので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓






ブルーベリーで目が良くなるの?

July 19 [Tue], 2016, 12:15
目に良い食べ物としてブルーベリーがありますよね。ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が見る機能には欠かせない成分なんです。
目に入った光が脳に伝わる前に、アントシアニンを使って電気信号に変えられます。脳が目に入った映像(光)を理解するには、電気信号じゃないとダメなんです。

夕方になって目がしょぼしょぼとするのは、目を使いすぎてアントシアニン不足に落ちっていることが原因。アントシアニンを補うと、割とすぐに目のぼやけを改善することができます。
ただ慢性的な視力低下に関してはアントシアニン不足で起きているわけではありません。そのためいくらブルーベリーを食べ続けても、ほとんど視力は上がらないんです。

視力を回復させるにはあくまでも、目の機能をつかさどっている眼筋の機能を強化しなければいけないんです。