電子連人の仕組み

January 21 [Mon], 2013, 20:43
マイクロ波加熱により、食品などを加熱調理する装置(調理器具)である。電力を消費する調理器具としては他に電気コンロがあるが、電気コンロがジュール熱で発熱体を熱して発生する赤外線で食品を加熱するのに対し、電子レンジでは食品内部の分子にマイクロ波でエネルギーを与えて加熱する点で決定的に異なる。このため電磁波が透過するガラスや陶磁器は直接的には加熱されない。

原理としては、マイクロ波が照射されると、極性をもつ水分子を繋ぐ振動子がマイクロ波を吸収して振動・回転し、温度が上がる。

電磁波の発生源としては、マグネトロンという真空管の一種が使われている。

出力は家庭用で500 - 1000W程度、コンビニエンスストアや厨房機器として用いられる業務用では1500 - 3000W程度である。消費電力は電力電波変換のロスがあるため、インバータータイプの出力1000Wなら1450W程度となる。

電波法にいう高周波利用設備に該当し、50Wを超える機器の為、型式確認制度の対象となっている。

電磁波の周波数は、2.45GHzでISMバンドのひとつであり、周波数を共用している無線LANや直下の2.4GHz帯アマチュア無線などは、電子レンジを動作させると影響を受ける場合が多いが、総務省告示周波数割当計画脚注に「容認しなければならない」とされている。

世帯普及率は、日本において1970年代中盤に10%を超え、1980年代の中盤で40%台から50%強、その後半には60%台中盤から70%台となり、1990年代の中盤は80%台中盤から90%前後で、その後半には90%台中盤となり、2000年代の中盤から後半では90%台中後半を保っている。世界的には、経済的に発展し電力事情も良く家電製品の普及している先進国の多くの地域でも、安価な廉価版機種から多機能高性能な機種に至るまで幅広く流通し、その利便性が認められて広く使われている。
(wikipedhiaより引用)

山田佳子さんかわいい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ネムゾウ
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/konro1konro1/index1_0.rdf