空気と水と愛情と

August 04 [Thu], 2011, 22:38
ずっと気になってはいたものの、読む機会のなかった、

狐野扶実子さんの本、

フミコのやわらかな指‐料理の生まれる風景』 を読みました。

パリのコルドンブルーを首席で卒業し、フォションのエグゼクティブシェフを務めるといった

華々しい成功の陰には、執拗なまでの完璧主義と

類まれなる集中力があったことを知りました。

フランス人でさえ難しい世界なのに、東洋人の女性が成し遂げるなんて、

日本で言ったら、フランス人が一流料亭の板長になるくらいのインパクト?


自分の表現したい世界に妥協をしないからこそ、

あの繊細で、正確で、軽やかな、お料理が出来上がるのですね。


お料理には、空気と水と愛情が大切なのだと狐野さんは言います。

素材を丁寧に、大事に扱い、感覚を研ぎ澄ましてそれぞれの声を聞く、

そうして素材たちのハーモニーを引き出す。

偉大な指揮者がオーケストラの素晴らしい演奏を引き出すのと同じですね


そんな狐野さんのプロデュースするお料理は、

パリのギャラリー・ラファイエットの屋上レストラン、La Terrasseで

楽しむことができるそうです。



こんな景色を見ながら、洗練されたお料理をいただく…あぁ、なんて贅沢。

いますぐ、パリに飛んで行きたい〜

(でも夏休みはもう取っちゃった〜ちーん)






















P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kyoko
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・食べること! 料理!
    ・クラシック音楽-フルート歴3年。フォーレ、ラヴェル、ドビュッシー…フランス音楽。
    ・アート-音楽が聞こえてくるデュフィの絵に惹かれます。
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる