ばいばい 

2006年11月22日(水) 20時08分
辛いことばかりでも忘れられなくて
あの日からずっと1人私は立ち止まったまま
前の2人に戻れないこと知ってる
それでも夢見てしまうの
あなたに愛されることを・・・

ねぇ。会いたい 会いたいよ 今すぐ
そんなこともう今更言えない
だってあなたはあの娘のもとへ
走って行きたいのでしょう

もう2度とあなたの1番になんてなれない
うん。分かってる
それでも信じてしまうの
見えない明日を・・・

いつまでもあなたの傍にいられるようにと
何もかもから逃げ続けてた
気づかないフリをして・・・
でも結局あなたからも逃げてしまった
たった1言「好き。」と言えたら
それだけでよかったのに

もしもあの時 自分の気持ちを
素直に伝えることができたなら
今も隣で笑えたかな
あなたの好きな人でいれたかな

今ここにいないあなたを待ち続けること
もう疲れたよ・・・
そろそろ終わりにしよう
ばいばい。。。

記憶 

2006年11月22日(水) 19時48分
少しだけ・・・ うん
最初はそう思ってたよ ずっと
だけどいつの間にか
君しか見えなくて 君じゃなきゃ皆同じ
確かに確かに愛してた・・・

あたしたちが始まり終わった日
最後のさよならをした日
もう 全て終わらせたはず
だけど終わったのは君とあたしの関係
あたしの想いはいつまでもいつまでも
まっすぐに君へと続いてた

もう 遠い人 そう
そんなことは分かってる
だけどもう1度
君を支えられる 君を1番よく見れる
そんな距離まで近づきたい

君に裏切られ傷つけられた回数
きっと数え切れないね
それでも信じてしまう明日
ただ君を愛してる それだけだった
もう なんだってよかったの
君の傍にいさせてくれるなら

あたしの人生をかけて自分を捨てて
愛し続けたかった人


確かに確かに愛してた・・・

君想う 

2006年11月22日(水) 19時46分
君の事を考えると涙が溢れる
なぜだか分からない
ただ胸が苦しくて

あたしが好きになった頃の君は
もう どこにもいない
というよりも 偽りの君を
好きになったみたい
それでも全てを知りながら
愛しくて仕方なかった

君の事を考えると笑顔がこぼれる
そんな時がもう1度来る
そう信じていたい・・・

君にとってあたしはどんな存在?
好きだなんて思わなくていい
でもね その辺にいる女の子と
一緒にしないでほしい
“元彼女”そんな響きでもいい
君にとって特別ならそれでいい

笑い合った日も 1人泣いた日も
全部忘れられないの
どんなに傷つけられたとしても
それも君といた証拠になる
君があたしにつけた傷なら
いくらでも背負って歩いてく
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる