カブト 

2006年03月20日(月) 23時14分
最近、假面ライダーカブトを見ているんですが、主人公の人の声が大好きなんです。
まぁ…顔はいわずもがなで、イケメンだと思いますが。
假面ライダーシリーズは、面白い時と、面白くない時に波があるそうで。
私から見て、響鬼はつまらなかったので、今回の作品に期待をしています。
それで、カブトに最近、徳山さんが出演されているんですよ。
いや〜こんな人だったっけ?って感じです。
ホーリーランドの時には凄く好きで、checkしていたんですが、今となってはどーでもいいような存在になっています。
まぁ、主人公にお熱だもんで。

ま、若手をcheckしておけば、どこか舞台とかで遭遇するかもしれませんからね。

そうそう…この前、夜王で地元の病院が使われたと載せたんですが、カブトでも同じ病院が使われたんですよ。
いや〜ミーハーな私としては、ちょっとその病院を覗きに行こうかしら?とまで思いました。
いつ撮影していたんですかね。

假面ライダーカブトのコンセプトがどうも、「料理のできる男」のようで、その主人公と徳山さんがやっている役との料理対決があったんですが、二人とも料理の方は手馴れているような感じを受けましたけど。
凄いですね。今の時代は男も料理が上手くないとと言う考えを子どもに見せているんですからね。いや〜料理をしてくれるダーリンが見つかればいいですよね…女性陣としては。(苦笑)

よく籠もったなぁ。 

2006年03月20日(月) 23時03分
8時間もカラオケしていました…。蒼影です。
当分、カラオケはイイです。(苦笑)

最初は心を込めて歌っていた歌も、最後の方は字面を追うだけの感情のこもらないような…。
お互いに、最後はくたくたで、声は裏返るわ、音痴になるわ…歌詞は目茶目茶だわ…。凄いです。
まぁ、こうなったのも、Freeタイムで入ったのが悪かった。
そのカラオケ屋は凄く安くて評判のようで。。。

その子は至って健全な女の子なんですが…アニメといえば、ワンピースとサザエさんくらいしか多分知らないのでは?のような感じの子にも関わらず…。
幼馴染なだけに、気を許して、凄くマニアックな曲を歌っていました。私。

40曲以上は歌っていると思うんですが、その中で、JAM Projectとかテニミュの曲とか…凄く何回も歌って、その子は何も知らないのに、覚えたようです。

そうそう…DAMだったので、プロモがいっぱい見れました。もう、TMRは何度も予約をして歌わなかったり…(勿体ないが…。)

その中で、特に気になったのが、テニミュの時に流れるプロモ。
何度もテニスコートが映るのはいいとして…何でブルーのユニフォームを着たおっさんが水飲んでいるシーンが頻繁にでるのか…?
あたかも、氷帝のユニフォームを真似しているようだけど、そうでもないみたいな。
そうそう…もう、氷帝の歌がカラオケに入ったんだね。見つけて即歌いました。
一緒に行った友達からは、「面白い曲だね。」と言われましたけど。
「面白いでしょ!」って言っておきました!

そして、相変わら英語の部分は鼻歌でごまかしました。(爆笑)

オロナイン伝説 

2006年03月18日(土) 0時31分
まずは…。
オロナインの効用とは…。
にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも…に効くそうです。


今日バイトでオヤジに絡まれた。
「あのさぁ…扉で足を切ったから!」
そう言って近寄ってきたオヤジの足は流血していた。
止血しようとするけども、どうもまだ泳ぎたいらしい。
傷が深いため、泳がないように説得するが。

頑固なオヤジは帰らない。
すると…。
「オイ!オロナインあるか?」
(って言うか、オロナインで傷が治るわけないじゃんと思いながら…。)

「申し訳ありません!オロナインはないです、」

そう言うと、んじゃ、軟膏なら何でもいい!と。
仕方がないので、メンタムを渡すと…。
「シミルなぁ…!」
っと言いながら付けていましたけど。

お年寄りって何故かオロナインが大好きですよね。
オロナインで何でも治ると思っているところがある。
これぞ、オロナイン伝説だよ。

私って…(呆) 

2006年03月16日(木) 23時16分
今日は、学校が午前中で終わり、その後学校の友達とお昼を食べ…。
あの後はずっとスタバでしゃべり続け…。
そのまま紀伊國屋へ直行して…。

行って来ましたよ〜。ハゲ…レット…。
って言うか、舞台が始まる前にすでに私の心は満腹でした。

開演してすぐ劇場に入った訳ですが。
お昼の時から約6時間もちゃべりっぱなしだったので、疲れて…凄くボーっとしていました。
まだ始まらない舞台を眺めていたんですよ。
そうしたら、私の席の後ろ(通路)にヌーっと人影があったんですよ。
ずっと立っていたので、ボーっと意識を消失しかけていた私でしたが、私の席の奥に入りたいのかなぁって思って、ハッと見上げたら…。
カラスのような衣装を身に纏っていた、tuti屋さんだったんですよ。
多分、偶然。
ニッコリ微笑んで、「パンフレットいりませんか?」って言われました。
突然の事に最初は言葉が出なかったんですが、凄く自然に「………はい………。」って言っていました。
私はあまりパンフレットを買う人ではないんですが、品定めをする事もなく即決で…。
ヤバイなぁ…私。
絶対、好きな人が出来たら貢ぎそう…。詐欺師にひっかからない様にしないとね。

ハゲレット 

2006年03月16日(木) 0時30分
ハゲレットの内容は、私にはシェークスピアの世界は難しいようです。
具体的に書けません。(><)
ま、まだ公演中ですし…。ここはあえて書かずに。

ハゲレットはハムレットを真似て作ってあるようですが、言い回しがホント、シェークスピアっぽいです。あれ、役者さん覚えるの大変だっただろうなぁ…。特に主人公の近藤さん。

シェークスピアと言えば、私は中学校の時に「真夏の夜の夢」を見て、高校の英語でシェークスピアの作品を訳したコトしか記憶にないんですが…。何だか、イメージ的にみんな死んでしまうって言うことしかないですね。

勿論、tuti屋さんは一番に目で追っていました。
1人6役もやっていて…。
どれもピン役であるにも関わらず、凄くオイシイ役だったなぁ。
やっぱり、tuti屋さんを素敵だと思っているからかなぁ…。一番かっこよく見えた。
歳とかパンフレットには書いてないけど、結構tuti屋さんは最年少なんじゃないかと思う。後は、オフェーリア役の人くらいでは?若い人って…。

その中で、私は意外と、ハムレットの直属の守衛? ホレーシオ役の人が好きになりました。遠くから見ているとどことなく森田順平にそっくりだったような…。(笑)結構渋かったなぁ…。ウフフ…。

内容は全然飲み込めないし…台詞の理解が出来ないし…。
けど、ハゲネタは楽しかったし、もう記憶が薄れているけど、ホント笑ったなぁ。
それに、ネットでチケットを購入したんだけど、意外とイイ席で。
本音を言えば舞台下手の方がtuti屋さん遭遇率が多かった気がしたけど、最後の舞台挨拶の時には舞台上手にも来てくれたし、一直線上だったし…。まぁ…いっか…。(笑)

就職 

2006年03月14日(火) 23時04分
早いもので、上手くいけば今年就職だわ私。
っと言う事で、今日は学校にて就職説明会が行われました。
色んな妄想に思いをはせ…。(苦笑)
どっち道、地元で就職する気がないので、一人暮らしをするハメになりそうです。
地元だと、知り合いに会ったら気まずいしね。
病院が用意した寮があるんですが、結構いいところなんですよ。
年齢制限があるらしいので、ずっとは無理っぽいですが…。
その前に、私の私生活は杜撰なので、一人暮らしができるかどうか…。(苦笑)

久しぶりだね。 

2006年03月11日(土) 17時51分
久しぶりにリアルタイムでパニスタを聞いています。
私が見ていない間に、凄くコーナーが充実していて…。
聞いていて時間経つのを忘れてしまいます。
今日のゲストはワッシーです。
ホント、ワッシー運良いですね。
ワッシーの最初のイメージの「寡黙」って言うことが今では崩れ去っています。
こんなにしゃべるとは思わなかった。
っていうか、一人でpersonalityをやることによって、ワッシーのイイ所が見えてくるんですね。
それに…いつの間にか、スタジオが変っている。
広い。
今度、行ってみようかなぁ…。

コーナーに*pnish*天気予報って言うものがあるんですが、一生懸命読むワッシーがなんだか、微笑ましいです。(笑)
初見なのか、原稿読むのが途切れ途切れ…。やっぱり、人に見られながらラジオをやるのは緊張しまうものね…。

大樹っちゃんが電話告知に来ていました。
自分の舞台の告知をしに来たのに、「カムので他の人が告知します!」って言っている大樹っちゃんに爆笑。
それに、何故か「土屋です…」とか「森山栄治です。」とか…何故に人の名前を使う?(爆笑)
大樹っちゃんの告知。
「エロティックであって、エロでない。」
何だか、面白そうですね。
行ってみようかなぁ。

また…聞こえない(泣)
ネット配信だと、音樂を放送している以外でも音声がでないことがあるんですよ。うちのパソ子は。
「………っと言うことですよね。」
っと言って、笑っていても全然面白くないです!(泣)
テプコヒカリに変えればもっと通信早くなるのかなぁ?

今もずっと流れていません。
何だか、このまま終わりそうです…。
音樂放送は、著作権とか色々あると思うので、別にいいんですが…流れなくても。
けど、本編のトークくらいは流れて欲しいと切に願う…蒼影です。

マイブーム 

2006年03月09日(木) 21時42分
「アンフェアなのは誰か…」
篠原涼子主演のドラマのキメ台詞。
最近の注目作品です。

こんなに期待を裏切る作品に会った事が無いです。
次々と起こる殺人事件が、主人公の身に迫っていくあの緊張感はたまらないですね。

最初は、篠原さんが出るって言うので、見ていた番組です。好きなんですよね。篠原さんのあのサバっとしている性格が。

って言うか、犯人が分かっていながら、犯人が警察関係者って言うだけで、こんなにも、捜査していくのに盲点になるのかっていうか…。
手に汗握るスルルングを味わっています。
最近は視聴者には分かっている犯人が好き勝手に動いている様が、じれったくってハラハラします。

犯人につながる証拠を見つけたと思ったら、その証拠が砂のように消えていく…。そんな感じで、同じ事件についてストーリがこんなに続くのも前代未聞ですよね。それでいて、飽きさせない。

原作の「推理小説」を書いたのが、ドラゴン桜でお馴染みの『秦建日子』さんです。
シナリオライターのようですね。脱サラして作家活動に専念したとか。
本は、まだ借りてないですが、シナリオライターって事は、ドラマを見た方が楽しいのかなぁって思ったりもするんですが。
原作を読むのも楽しみです。

さて、クライマックス。
真犯人、影で糸を引いているのは誰なのか…。
「アンフェアなのは誰か…。」

実習終了 

2006年03月09日(木) 14時46分
いつの間にか、更新が滞っていましたね。
昨日付けで実習が終了しました。
長かった…本当に長かった。
これから、私のパラダイスが始まる…ぅ。
今は、開放感に満ち溢れています。

『 Kiss Me You 〜がんばったシンプー達へ』bR 

2006年02月25日(土) 11時25分
最後に選曲と映像について。
選曲は…あれは、編集したのでしょうか?
それとも、この舞台のために桑田さんが歌ったのか?
本当に場面に沿ったフレーズになっていて、驚きました。
けど、当分の間は、「青春の轍」」は聴く事ができないと思います。
っと言うのも、最後のアノ…Nonfictionの映像でしょ…。
あーゆーのは、どこから探すんでしょうかね。
残酷でしたけど、あの映像があるだけで、この物語の真実味って言うんですか?…深みが増すんだと思いました。

最後に、今日の握手担当はワッシーでした。
私は、最後の方に並んだので、ゆっくりと会話をすることが出来ました。
けど、私のワッシー運って結構あるなぁ。
この前の日替わりでも、ワッシーだったような…?
彼は、一人、一人、一生懸命に、目を見て、受け答えをしてくれるのが、イイなぁって思いました。

って、結構、ネタバレ…ですよね?(苦笑)
コ○ンのように、指示語を多めに書いたんですが。
ダメだわ。
経時的に克明には書いていないつもりなんですが、クレーム来たら、削除いたしますので。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像蒼影このは
» 実習終了 (2006年03月09日)
アイコン画像
» 実習終了 (2006年03月09日)
アイコン画像蒼影このは
» 疲れました! (2006年02月24日)
アイコン画像
» 疲れました! (2006年02月22日)
アイコン画像蒼影このは
» 意外なところに…意外な人が?? (2006年02月21日)
アイコン画像
» 意外なところに…意外な人が?? (2006年02月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konoha_aokage
読者になる
Yapme!一覧
読者になる