25年の月日 

2010年08月12日(木) 18時57分
あれから4半世紀の月日が流れた。

オレは26歳になった。

そして父も定年間近となった。

人々は薄れゆく記憶の片隅に何を思うか。

あの日の事を知らない世代が増えていく。

オレは一航空会社の人間として、

あの日の出来事を『知らない世代』に知ってもらいたいと実は思わない。


もし、飛行機を『夢』だと語った少年・少女にだけ自分の思いを話したいと思う。

いつかのあの日のオレの様に…




新たな航空時代が始まった。

大きい会社が強い時代はもう終わった。

日本に2つもインターナショナルエアラインはいらない。

最後に勝ち残る会社は利益だけをあげる会社ではない。

社員の『人間』で勝負できる会社だ。

それでもオレは… 

2009年09月07日(月) 0時00分

皆さん、お元気でしょうか?
そしてオレを覚えていてくれた人がどれだけいるでしょうか?

この一年で自分の人生は大きく変わりました
そして、このバックパックとお別れする日がやってきました

バックパッカーをやめる?
いいや、違います…

バックパックにカビが生えました

親譲りのバックで父親の形見みたいなものです

このバックを背負って(荷物の関係上背負えなかった時もありますが…)、
何カ国旅したでしょうか…

両手、両足では数えきれないほどの国を旅してきました
色々な思い出がたくさん詰まったバック


一人で不安で逃げ出したくなった成田でも…

カンボジアで死にかけた時も…

スペインで国のプライドをかけて韓国人と大喧嘩した時も…

モロッコで病気になった時も…

スロヴェニアで恋した時も…

タイでマンション借りるためにタイ語を覚えた時も…

ミャンマーで捕まった時も…

フランス人に恋された時も…

ポーランドで戦争の残酷さに泣いた夜も…

そして、バンコクでバックパッカーを卒業すると決めた時も…


こいつはオレの旅の始めも終わりもずっと見てきた
そんな旅で唯一の相棒です

オレは一人旅をしてたけど、
こいつと首から下げた方位磁針はいつもオレを支えてくれた

正直ただのリュック…

でもオレにとっちゃ、
こいつを背負えばどこにでも行ける気がする不思議なリュック

バックパッカー卒業して何年経っただろう
もう歩き方も地図の見方も忘れちゃいました…

でも旅はオレの人生を大きく変えてくれた

こんなとこで終わりたくはない



2014年、オレは再び旅路へと戻る…

さよならの向こう側に 

2008年11月13日(木) 0時00分
そろそろ終わりにしようと思う。

このブログも、自分の未来への思いも。

ただの愚痴の為にはじめたこのブログだけど、

もう必要もないかなって。

自分の本当の気持ちってのがわかった気がする。

本当は随分昔から分かってたのかもしれない。

つまんない愚痴に2年間もお付き合い下さいましてありがとうございました。




the last song for you...


私、引っ越します 

2008年10月22日(水) 0時00分

近いうちに引っ越す事になりました。

海の見える高台で、庭に太陽の光がいっぱい降り注ぎ
忙しいので庭の芝生はスプリンクラーが水を与えてくれます。

端っこには花壇があって、春は花が咲き乱れます。

高台なので窓を開けると気持ちのいい風が入ってきます。

愛犬のダフィーはまた日陰で昼寝してます。
水をかけて無駄に昼寝の邪魔をしてやります。

休みの日には、庭のハンモックで昼寝をして、
目が覚めたらお気に入りのマウンテンバイクで
海岸通りを抜けて地元のスーパーに買い物。

晩飯は庭でチーズフォンデュを食べます。

夏には天の川、冬にはオリオン座が庭から見えます。

隣には愛するあの人がいます。







まーそんなのは妄想の世界。

そんな田舎に住む事に断固として反対され、
洗濯物も干せないような排気ガスでいっぱいの
横浜か東京に住むと嫁が言い張っております。

コンビニと駅と空港が近くなきゃ嫌らしいです。

無念…

champions☆ 

2008年09月27日(土) 0時00分

どーもどーも、

西武ライオンズ優勝です。

そして、クライマックスシリーズのチケットもゲットです。

西武が強かったというか、他が強くなかったという印象の今シーズン…

落としてはいけない試合をモノにしたライオンズに軍配ですな〜

そして、先日タイに行ってきました。

楽しかったというより、色々変わってしまったなという感じ。

もうオレはバックパッカーではないんだなぁと。

金の使い方も、人との接し方も、街の歩き方さえも変わってしまった。

でも今回他のどの国でもなく、タイに行ったからこそ実感できた。

日本の社会、そしてこの会社は人の生き方さえも変えてしまう。

今のこの気持ちを大切にしたいと思う。

オレは必ず、もう一度旅人として、旅に出る。

いつかその日まで…

「そろそろ燃料が切れる頃だ…」 

2008年08月12日(火) 18時56分
そんな会話が23年前の夕方20時頃、

123便が飛び立った後の羽田では行われていた。

たぶん、あの日もこんな暑い夏の日だったんじゃないか。

「自分が生まれた次の年である
1985年8月12日、18時56分、群馬県の山中(通称御巣鷹の尾根)に、
日本航空(現日本航空インターナショナル)123便TYO羽田発OSA伊丹行の
Boeing747SR-100 JA8119型機 通称ジャンボジェット機が墜落した。

乗員・乗客合わせて520名の方がお亡くなりになられた。
今も当時も世界最大の事故である。」
…引用


今でも私はこの事故の責任を感じて仕事をしている。

for asm 

2008年08月04日(月) 0時00分

一番キレイな色ってなんだろう?
一番ひかっているものってなんだろう?
僕は探していた 最高のGIFTを
君が喜んだ姿をイメージしながら

『本当の自分』を見つけたいって言うけど
『生まれた意味』を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時
ふと謎が解けるといいな 受け取ってくれるかな

長い間君に渡したくて
強く握りしめていたから
もうグチャグチャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど

『白か黒で答えろ』という
難題を突きつけられ
ぶち当たった壁の前で
僕らはまた迷っている 迷ってるけど
白と黒のその間に
無限の色が広がってる
君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら
ほら一番きれいな色
今 君に贈るよ

地平線の先に辿り着いても
新しい地平線が広がるだけ
『もうやめにしようか?』自分の胸に聞くと
『まだ歩き続けたい』と返事が聞こえたよ

知らぬ間に増えていった荷物も
まだなんとか背負っていけるから
君の分まで持つよ だからそばにいてよ
それだけで心は軽くなる

果てしない旅路の果てに
『選ばれる者』とは誰?
たとえ僕じゃなくたって
それでもまた走っていく 走っていくよ
降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
そのすべてが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ

今 君に贈るよ 気に入るのかなぁ?受け取ってよ
君とだから探せたよ 僕の方こそありがとう

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で
ほらひかってるんだよ
ひかり続けんだよ

song by Mr.Children 〜GIFT〜




自分の一番輝ける場所をみつけられるといいな…

あなたが輝いている姿を
オレは一番近い遠くから応援してるよ。

OKINAWA 08 Part2 

2008年07月13日(日) 0時00分

今年は、全く有給がとれません…
同期と比べてもオレだけがとれない。
期待の大きさを勝手に感じている私ですが・・・

でも強行で行ってきました。八重山です☆

沖縄からず〜っと南に下った諸島です。
沖縄本島より、台湾の方が全然近い位置にあります。
今回は石垣・西表・由布・竹富です。

中学生の時、一人旅で訪れて以来です。

色々変わりました。
街の雰囲気、海の色、観光客の量・・・

何も変わってなかったのは島んちゅの優しさ。
オレが10年も前に一人旅でお世話になった方にも会いに行った。

顔も背丈も随分変わっているのに、覚えていてくれた。
西表のシュノーケリングでたくさんの熱帯魚を見た事以上に、
その事に感動してしまった。

やっぱり、オレの旅は人を求める旅なんだと実感した。

あともう一つ、
今まで世界中を旅してきたが、
汚れたとはいえまぎれもなくここの海は
世界で一番キレイであるのに変わりなかった。

沖縄本島や、奄美は大分都会化されてきた。
何年もしないうちに、ここ八重山もそうなるであろう。

それは時代の流れ。
人間が歳をとるのと同じで、止める事ができないこと。

そう、ここは日本最後の楽園と私なんかは思う。

皆さんはどう思いますか?

OKINAWA 08 Part1 

2008年05月30日(金) 0時00分

沖縄行ってきました〜
今年も沖縄の季節がやってきました!

でも今年は行けて3回ってとこでしょうか…

沖縄はレンタカーが安いんです☆(社割利かせるとさらに…)
んで泊まり代と移動代はかからないので、
実質飯代だけ…

でもなんやかんやで金は使ってしまいます…

実は私、沖縄の離島(石垣島以南)はよく知っているんですが、
本島の事はよく知らなかった。

まだマスっていませんが、島全体のだいたいの道と
おいしい店がどこにあるかくらいは覚えました。

次は竹富島で水牛でも乗って、ゆっくりしたいです。

Complete Single Collection 1998-2008 

2008年05月20日(火) 0時00分

5・21、GOING UNDER GROUNDが
SINGLE COLLECTIONを発売する。

GOINGの10周年記念だそうです。

ほとんど知っているんで
別にそんなほしいわけでもないが
買わなければいけないこのなんとも言えない
義務感はなんなんだろう…

新曲の「My Treasure」の歌詞が素敵やねん。

オレが彼らの曲を好きになったのは、
松本さんの歌詞にやられたからだ。

だからオレは外に出る時
いつもi-Podを持ち歩く。

音楽って言葉以上の力を持っているって思う。

世界を旅する時、いつも思う。

英語が通じない時、オレはいつも彼らと音楽を通じて仲良くなる。

砂漠のど真ん中であろうと、山奥の山賊であろうと
音楽を通じて仲良くなってきた。

ギターが一本あったらオレは世界の人と話せる!

だから音楽って素敵なんです!



同じだけ伸ばした腕 届かなくて 暗闇を知った

寂しくて 暗い夜 いつもそばにいるよ…


song by GOING UNDER GROUND
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こんきち
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行
    ・スポーツ
    ・アウトドア
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ占い師ツール