結婚難時代到来
2008.11.04 [Tue] 11:55

若者の四人に一人が結婚できない時代の到来。

国勢調査によると1985年に10.4%だった30〜34歳の女性の未婚率は、2005年にはなんと32.0%に跳ね上がり、いわゆる三十路過ぎの女性のほぼ三人に一人は未婚という調査結果が出ています。このような状況下では結婚に対する危機感も薄れ、更なる晩婚化社会の到来が予想されます。

この晩婚化・非婚化の要因のひとつに上げられるのが、結婚の多様化です。多様化とはつまり、結婚にたいする価値観や結婚までのプロセスが自由になったという事ですが、この「自由」がかえって未婚者増加の要因となっているといわれています。自由になったことは良い事ですが、逆に結婚の仕方が分からない適齢期の人たち、特に本来リードすることを求められる男性が増えており、これが婚姻率の低下に拍車をかけています。

しかし、女性は「リードできない男たちが悪い」と愚痴りながら座していても、白馬に乗った王子様も、写真を持ったおせっかいなおばちゃんも現れないのです。これから結婚を考える女性は、戦略的に結婚を手に入れるための活動、つまり「婚活」に打って出る必要があるのです。

本サイトは未婚女性が「婚活」を成功させるためのヒントとなるような広告を含めた情報を提供しております。このサイトとの出会いをきっかけに、結婚実現への一歩を踏み出していただければ幸いです。


日本の平均初婚年齢の推移
(厚生労働省統計情報部『人口動態統計』より)
年       男性 女性
1950年(昭和25年) 25.9 23.0
1960年(昭和35年) 27.2 24.4
1970年(昭和45年) 26.9 24.2
1980年(昭和55年) 27.8 25.2
1985年(昭和60年) 28.2 25.5
1990年(平成2年) 28.4 25.9
1995年(平成7年) 28.5 26.3
2000年(平成12年) 28.8 27.0
2005年(平成17年) 29.8 28.0

婚活とは
2008.11.04 [Tue] 11:58

さて本サイトでの婚活とは、「結婚を実現させる為の戦略的活動」と事を指します。よく「結婚活動の略」と簡単に説明・定義づけされる場合が多いようですが、本サイトではあえて一歩踏み込んだ定義にさせていただきます。

婚活は学生の就職活動つまり「就活」と本質は同じで、ただ漠然と、何となくやっていても意味がありません。明確な目標を定め、効率良く、できるだけ理想に近い結婚相手との結婚の実現を目指す事が重要です。

婚活の流れとしては

人生プラン構築

結婚に求める優先順位設定

出会い

相互選択

決断

というプロセスを踏みます。