キルフェボン 

2007年08月01日(水) 20時57分
スペイン料理 <Quil fait bon>は、
私の広島での住居のすぐ近くにあります。

(私、広島・福岡・長崎の三重生活をしています。)

スペイン料理専門店などこのお店に行くまで
生まれて、うん十年行ったことがありません
でした。

実は未だに Quil fait bon 以外の
スペイン料理店に行ったことがありませんが・・・。


最初、家内と一か八か行ってみようか、
家のすぐ近くにあるし、
おいしかったらいつでもいけるもんね。
それと、飲んでもすぐに帰れるしって事でチャレンジ。

『もっと早く来ればよかったー。』と二人口をそろえ
ました。

何を食べてもうまい!!

まずは、時間がかかるっていうことで
パエリアを注文。
あとは黒板のお薦めメニューをおそるおそる注文。

最初の一品で其のお店の味がだいたいわかりますが、
ここは大丈夫と、調子に乗ってつぎつぎと注文。

ワインもすすみ、お腹いっぱいで帰りました。

2回目に行った時にすこしお店の方と
お話をしました。

厨房をのぞくとコックさんが一人しかいない
のでその辺を聞いてみました。

この若いコックさんは実はこの店の店主、
ホールにいる女性のうち年配(失礼)の
ほうは店主のお母さん。

人をやとうと味が変わるという理由で、
自分ひとりで調理しているそうです。

結構広いお店なのにすごいなぁ!
と感心しながら帰りました。

『Quil fait bon』
住   所: 

広島市中区大手町3-2-20 
(広電中電前電停から徒歩3分)
営業時間:
11:30〜13:30、17:00〜23:00(LO22:30)
定 休 日:
日曜、祝日
電   話:
082−243-0015


まだ、写真が取れていませんので、
次回改めて・・・。

こちらのブログではきれいな写真が
載っています。


http://blog.goo.ne.jp/mogu-mogu-happy/m/200706

めんちゃんこ亭の『赤プリン』 

2007年07月13日(金) 0時34分
めんちゃんこ亭ってご存知ですか?
福岡の葛Sが島本舗っていう会社が
展開しているラーメン?チェーン店です。

【 店舗は、福岡県内に数軒と、長崎県の
佐世保市にもあります。
ちなみに海外にも展開しており、
あの2001年の同時多発テロで崩壊した
世界貿易センタービル地階にもありました。
(当然、現在はありません。そこで使われて
いたレジスターが福岡市東区の箱崎店に
展示されているそうです)
現在ニューヨークでは45丁目店・5番街に
近い55丁目店が、それとハワイにもある
みたいです。
海外のものはMATSUYA FOODS USA,
INC.が経営しており、めんちゃんこ亭以外
にもとんかつ屋やすし屋を展開しています。
HPはこちら↓
http://www.matsuyafoods-usa.com
/index_J.asp
 

本題に戻って・・・
めんちゃんこは実はラーメンではなく
『めんちゃんこ』です。(笑)

鍋物をしたあとに麺を入れたり、ご飯を入れたり
しますよねぇ。

わたしは関西出身ですが、鍋物をした後に
入れる麺はうどんが当たり前と思って
いましたが、福岡ではちゃんぽんの麺を
入れるのが当たり前みたいです。
あの、博多名物もつ鍋の後にもちゃんぽんの
麺を入れます。

福岡に来たとき会社の人に、
めんちゃんこ亭って、まさにそんな料理だと
聞いていました。
よく店の前を車でとおっていたのですが、
わたしの触手には反応しませんでした。

解説によると、この『めんちゃんこ』は、
相撲部屋に遊びに行き、稽古後の
ちゃんこ鍋の最後に、麺を入れて、
食べる旨さに感動した店主が、この旨さを
もっと手軽に味わえないかと考案したのが
始まりだそうです。

実物はこれです。

menntyannko

元祖めんちゃんこ

味は、あっさりヘルシーな感じ、おいしいのは
おいしいですが、やはり複数人数で・時間を
かけて・いろんな具材を入れて・長時間煮込み
ながら・いろんなうまみ成分が出たお汁の
味は再現できていませんでした。

メニューは他にも、本当?のラーメンもあり、
福岡定番のとんこつラーメンも
醤油系のラーメンもあります。


長くなりましたが・・・、実は、、、
今回の逸品は麺ではなくプリンなんです。

この鬼が島本舗が作っている『赤プリン』を
めんちゃんこ亭のデザートとして販売して
おります。
以前からめんちゃんこ亭の『赤プリン』が
おいしいらしいと聞いていたのですが、
なかなかめんちゃんこ亭自体に行く
機会がなくって、今回になってしまいました。

akapurin
akapurin02

結果・・・UMAI!
何年か前の大阪のぷりん博で1位になった
とメニューに書いてありました。
プリン博が何なのかよく知りませんが・・・。

『赤プリン』の名の由来は、卵は黄身が
濃いオレンジ色をした大分産の蘭王を
使っており、

蘭王

牛乳は別名赤牛ともよばれる
ニュージャージー牛乳を使用している
とのこと。
其の名の通りぷりんの黄色い部分が
若干赤みがかっている。
味はとろーりなめらかと言っているが、
とろーりというよりぎっしりした感じが
しました。(冷やしすぎか)
甘くなくわたし好み、いっきに2〜3個
いけそうでした。

食べ終わった後のガラス製容器も
再利用が可能で、
いま紀州のうめぼしが入っています。


特選!紀州 南高梅の梅干(10キロ入)


《追記》
この赤プリンは、通販では扱っていません
でした。
もし、どうしても食べてみたいと云われる
県外の方がいらっしゃいましたら(応相談)
で、お送りさせていただいてもいいです。
syuaisya@mail.goo.ne.jp

めんたいこ 

2007年07月12日(木) 23時16分
<椒房庵(しょぼうあん)>のめんたいこ

福岡に来た当初は、おみやげのめんたいこは
よく名前を聞く、『ふ●●』や『や●●』のものを
買っていました。

これらも充分おいしいんですが、ある時期、複数
の人から同時期に、

「私はおつかいものには『椒房庵(しょぼうあん)』
のめんたいこを使います。」と聞きました。

しょぼうあん?聞いたことないなぁ。
会社の博多出身の人もその名前は言わなかった
なぁ。

早速買って広島持って帰り家内と食べてみました。

うまーい。

今まで食べためんたいこと全然違ーう。

なんというか、口の中でスケソウダラのたまごの
味がするんですよ(笑)。ちゃんと。

文章ではあらわしにくいけど、そんな感じ。

是非、一度ご賞味あれ。
値段だけのことはある。

わたしのお買い得度理論から言うと、お買い得度は
低いですが・・・、

毎日の食卓でとうわけにはいかないですが、大事な
方への贈り物やおもてなしにはとても喜ばれると
思います。







魚料理“由庵(ゆうあん)” 

2007年07月10日(火) 19時52分
長崎市に行ったら夕食はここ<由庵>です。

わたしは、仕事柄お得意先と色んなお店で
食事をする機会が多いです。

このお店はプライベートでしか行ったことが
ありせんが、値段が安くて何を食べてもお
いしい。

私は値段と味のバランスで、お買い得度を
判断しますが、このお店は、私が今まで行
った魚料理のお店の中でぴかいちです。

まぁ、鮮魚の本場長崎ですから、魚料理店
のお魚の値段は地元なので安いのは当た
り前なのかもしれませんが、県外の仕入先
の都市で名の通ったお魚料理点で食べる
と2人で、2〜3万くらいかかりそうなところ
が1万円を切って食べられます。

お店はこじんまりとしていて大将とお母さん
の二人できりもりされています。

ちなみにお二方と私の名前(苗字)は、
偶然にも一緒でした。

場所は長崎県長崎市江戸町2-28です。

長崎市内の歓楽?街の思案橋からは少し
離れていますが、このあたりにはビジネス
ホテルも多くあり、
(ベルビュー長崎、コンフォートホテル
長崎、ビジネスホテルニューポート、トレディア
ホテル出島、等)

観光で来られた女性ふたりづれやグループ
の方には本当にお薦めです。

ホテルの近くでビールを飲みながら夕食を
頂こうと思う方にはぴったりだと思います。

たまに(失礼)いっぱいの時がありますの
で、予約した方がいいと思います。
095-829-1851

お店の中が外から見えないのではじめて
の人は、入りにくい店構えかもしれません
が、一旦入ると大将もお母さんも素敵な
笑顔で気さくで明るく迎えてくれます。



席に着いたら、ゆっくり気兼ねなく料理を
味わえると思いますよ。

とにかく、大将が直接漁師さんから仕入
れる魚は新鮮で、本当にうまい。

お薦めメニューは変わりますが、アジや
うまづら(カワハギ)は、たいていあります。
是非注文してください。

くじらがあるときは絶対食べてほしい。

メニューは魚中心ですが、ふつうにサラダ
もあるし、鳥カラのような居酒屋メニューも
あります。
(牛肉の料理はほとんどありません・・・、
魚料理店ですから)
でも、ハンバーグがメニューにあった時、
頼んでみたら絶品でした。

わたしのブログに載せることは大将の許可を
得て
います。

長崎観光に来て、お昼間はぶらぶら
“さるく”し、ちゃんぽん
を食べた後、夕食は是非“由庵(ゆうあん)”
に行ってみてください。

その辺のチェーンの居酒屋に行くくらいなら・・・、
絶対お薦めです。

お買い得度抜群!!



五つ★(猫)だにゃー

ラーメン“東麺房” 

2007年07月10日(火) 19時36分
広島にいたときはよく家内と行って
いました。

あまりラーメンが好きではない家内もここ
のラーメンは好んで食べていました。

代表メニューはやみつきラーメンですが、
これは醤油ベース。
味噌もうまいし、激辛もうまい。

なんといっても麺がうまい。

わたしは普段ラーメン屋さんで、
塩ラーメンっていうのを注文しません。
塩ラーメンは難しいですから。
でも、ここではたまに注文します。
塩で食べると本当にここの麺がおいしい
のが実感できます。

でも、一番好きだったのは夏場限定の
つけめん!

九州に移ってからは、ラーメン店は
とんこつばかり、嫌いではないが
しょっちゅう食べようとは思わない。

出張で長崎県の諫早市に行くと、
なんとなつかしい赤と黒の派手な
店構え、あの東麺房があるではないか。
すぐに入ってみた。


あとでネットで調べたらやはり、思っていた
通りこのお店はフランチャイズでした。

広島に居たときに調べたことはありますが、
その時はお店のホームページはなかったと
思うんですが、、、。
東京の株式会社アイビイケイっていう会社が
展開しているようです。
http://www.toumenbou.com/

広島で行っていたお店と味が違うような気が
しました。
やはりフランチャイズだと作る人が変わると
味が違うのか。

つけめんは明らかに広島店のものと違い
ました。

実は広島はお好み焼きだけではなく、
つけめんも名物。

東麺房広島店のつけめんは、広島つけめん
の特徴に倣って、たっぷりのゆでキャベツが
ついているし、つけ汁も2種類ありこくのある
ごまたっぷりの自家調整の贅沢なつけ汁じる
がついていた。

でも、長崎のお店も、麺のうまみで、まずは
及第点。

なんだかんだいいながら一週間の出張の
間に3回も行ってしまいました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konekozuki
読者になる
管理人が勝手に
“よいと思うもの”を
書き綴っていきます。
月別アーカイブ