風雅、極めてマゼラーティ 

2009年11月06日(金) 22時32分
さてさて、新型フーガが発表されておりまして、相変わらず神経質なほど流麗なボディラインを描いておりますようで何よりです。

かく言う自分も前期のY50をゆるゆる乗っている身、気にならないといえば嘘になりますがまだまだ今のフーガもやっと味がでてきたところ、いじり倒したいかぎり。今後はフーガのチューニングとドレスアップについても少しずつ語って行きたいので、皆様どうぞよろしゅうな感じであります。

しかし、相変わらず携帯からのblogへの長文投稿はやはりきつい。しょこたんの凄さが分かる次第。

フィリップスはオーディオテクニカの作った寿司を食べる(逆位相で) 

2009年11月05日(木) 22時30分
なにはともあれ中途半端に凝り性なため、またまたいらない趣味を増やしそうだ。

もともとオーディオはちょっとかじったくらいをキープして趣味として養ってきた。
最近は適当にマランツのステレオアンプを引っ張ってきてB&Wのブックシェルフを
つないで楽しんでいたのだが、いかんせん部屋が狭いし共同住宅は騒音を気にする。
今までは自身は騒音については無関心であり、これからもそうだが、それよりも
部屋の狭さや壁質による音の広がりの欠如や音場の確立できないつらさも
いよいよ味わっているところである。

そんな自分がそれとなくヘッドフォンという環境に目覚めるのもまぁ成り行きというもので。
たまたま安く買ってきたマランツのCD5001がヘッドフォンの相方にちょうどよいという
レビューを聞きつけ、部屋に転がっていた適当なヘッドフォンを挿して聞いてみた。

結果、このようにヘッドフォンについて日記を書くような状況に陥ったことは皆様は
すでに感づいておられるとは思うが、なんともはや、そういうことなのである。

もちろん、下手の横好きで新しいもの好きな自身としては、うちに転がっている安物よりも
さらに高品質なヘッドフォンを買おうとも思ったのだが、先立つものも特にないわけで。
とりあえず、ネットで拾ったピンクノイズでもって50時間くらいエージングしてみている。

エージングがてら、ネットでのレビューを見ているとどうやらこのヘッドフォンは同価格帯の
中では評価が高いようで、決して単なる安ものではなかったようだ。
フィリップスのHP830というものだが、もちろんハイエンドなユニットをお使いの方には
おもちゃかもしれないが、入門機としてはずいぶん楽しましていただいている。

えらそうにレビューさせていただくとしよう。

・フィリップス HP830(市場価格は5000円以下の部類に入る)
先にも書いたとおり入門機には最適と思われる。全体的には多くのこのセグメントの商品が
そうであるようにドンシャリ傾向であるが、アタックはしっかりしており重低音こそ
やや薄いが低音から中域に関しては厚みがある。ボーカルはしっかり前に出てきており
ブラス系のぶりっとした質感やパーカスのスコンとぬける表情もなかなか生々しい。
全体的に引き締まって聞きやすい為、打ち込みやJPOPは得意そうだし、
女性ボーカルなんかは結構鳥肌が立つかもしれない。ただ、価格帯的には仕方ないかもしれないが、
やや全体が大味で詳細がつぶれてしまい、音の広がりや空気感は無い。
夜中にパソコンをいじりながらいろんな音楽を聴くなんて状況だったらまず文句は
出ないのではないんだろうか。まぁ、この辺は好みであると思う。
もちろん、プレーヤとのマッチングで音などいくらでも変わるから、このレビューも
世間話程度に流していただければ幸いなのである。

なんにせよ、新しい世界が花開いてしまった。今度電気屋にいったらオーディオテクニカとか
AKGとかいろいろ眺めてしまうんだろうなぁ。とひとり、このヘッドフォンでだるくJPOPを
流しながら夜長に思うのでありました。

復活、そして怠惰の世界へ 

2009年10月26日(月) 22時36分
三日坊主が身上のこのあちきも、
またしても風の吹き廻しでblog復活と相成りました。
しかも携帯からの投稿に切り替えて。

最近は便利なものですな。わざわざ日記ページを
手作りしていた時代を軽く回顧いたしやした。
さて、取り留めなく再開したわけで、御見かけくださった皆様、
又してもお付き合いくださいませな。

敬具

死ぬまでに、いくつ後悔できるだろうか(性的な意味で 

2009年04月30日(木) 23時09分
そんなわけで、すっかり下手の横好き的な写真サイトへとなりさがっております。
しかもカメラ返しちゃったから、次からどうするんだ更新ってなもんですけどね。
こりゃ、物欲の鬼となってヤフオクであさるしかないんだろかNE。

今回は、今年ご開帳となった有名なお寺・・と同じ県にある神社。
まぁ、世の中のマジョリティに真っ向から反することをひとつのファッショとして
身に纏うというのもいいんでないかい。

撮影:PowerShot S3IS photoshopでリサイズのみ






しかし、よく考えたらこんな中途半端なサイズかつ構図かつ内容な写真を
掲載して、なにになるのか。。まるっきりの自己満足の世界だあね。
そういう不毛な活動大好きだわ。単に見て、「ふ〜ん」ってやつ。
そういうブログをめざすお。

F〓しようこ〓ヲ 




やばい、やばい。危うくブログの女王に喧嘩売るトコだったNE。

PS、最近ブルーレイVerのBOXが発売されたらしい某カードキャプターですが、
久しぶりに見直すとあまりの感動と萌えっぷりに、ちょっとアレでした。
やはり名作は名作であると、昨今の安易な萌えに走る業界にも
見習ってほしいものです。そういえば丹下桜さんも復活されるそうで。

この世界は俺に撮られたがってないとか、どうとか(ディケイド風) 

2009年04月23日(木) 22時12分
奇跡的にも、高性能なカメラみたいなやつをお借りすることができ、
楽しそげなんで、撮影開始。撮ってみると見せびらかしたくなるから
ブログにあげてみる。なんか、いかにもすぎる展開でアレですね、なんか。うん。

チューリップフェスティバルみたいなそんなでもないような畑に出くわしたので撮影。
普通に撮っただけなのに、なんかダークで寂しい雰囲気に!。
いいカメラって撮るひとの心まで写すのですかそうですか。

撮影:powershot S3IS photoshopにてリサイズ。無加工






ところで、画像が大きい場合には勝手にサムネイル表示みたいにはしてくれんのだろか。
あんまりブログ書いたことないから分かんない。気にしない。
気が向いたらフルサイズでうpります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konakonakona
読者になる
寂しさに 宿を立ちいで 眺むれば 
空に真っ赤な雲の色
この世は真っ赤な嘘ばかり 
嘘と悪とで押しつぶされた
お前に変わって悪人共を 
真っ赤な血潮で染め上げましょう
仕事が済んだその上は
これやこの 行くも 帰るも 
別れては 知るも 知らぬも お前と私
仕事人の掟でござんす

〜第25作 必殺仕事人X激闘編 前口上より〜
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント