初ブログ 

2006年02月18日(土) 3時36分
自分のHPさえ見捨てている私が、
その処理さえもせぬまま、ヤプログに登録して
始めてしまいました。
何日かしたらここも廃墟になっているかもしれない・・・
と、かなりそうなる確率の高い心配をしている私です。

でも、自分のことについては何も書かない日があっても
いい言葉やいい本があったら一言でも書いていきたいと思って
登録しました。


さて、最近突然パリ行きが決定し、
家族や周りの多くの人に心配をかけています。
でもそれで思うのが、行きたいと思う人に
止めるようなことやあえて水を差すようなことを言う人の言葉を
大切にしなきゃいけないなぁ、ということです。
その人が心配してくれるからこそ言ってくれるんであって、
その裏に愛があるかないかは素直にわかります。
愛ゆえに止める、愛ゆえに行かせる。
どっちも私にとってとてもとてもありがたいものだなぁ、もったいないなぁ、
としみじみです。
しみじみしてるだけじゃなくて、私自身がしっかりしなきゃね。
友達は友達で、自分は自分でそれぞれ自覚してやるしかないのが
海外旅行なのね、と思いました。

今日あった言葉
「人間は信じがたい存在だ。信ずるに値しない存在だ。
しかしね、もう絶望するよりしようのない、ぼろくその人間同士だからこそ、
なお希望を見出す努力を、僕はしたいんだ。」
ー死の彼方までも(足跡の消えた女)より
                                       

「同じだよ、竜太。自分がこんなに弱い人間であったかと
何度自分に愛想が尽きたことか。
しかしね竜太、自分にとって最も大事なこの自分を自分が投げ出したら、
いったい誰が拾ってくれるんだ。
自分を人間らしくあらしめるのは、この自分でしかないんだよ。」
ー銃口より

おそらくこの2つとも三浦綾子さんの著書の中からの引用です。
ちなみに二つの言葉は会話ではなく別個のものです。
ふたつとも読んでなんだか救われる思いがします。
どちらの本も読んだことはなく、更に前者は三浦さんの本であるかも
確認していないという・・・・ばかばか。
長くなりました。ご容赦ください。

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kon-chan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる