06/09/21 

2006年09月21日(木) 23時29分
06/09/21 22:33 こもさ 没

本当に短い闘病ブログになってしまった・・・。

最期は苦しみもほとんどなく、彼は旅立っていきました。

よく頑張ったね。今まで本当にありがとうね。

向こうで、もさと仲良くしてね。

06/09/20 

2006年09月20日(水) 23時01分


通院。体重730g

4日で100g落ちた。体が冷たい。
点滴、痛み止め、下痢止めを入れる。

体力は落ち続け、抗う力も弱くなってきた。

ガン細胞が、彼の体を急激に蝕んで行く。

「もう、このまま生き続けるのは辛いよ」

彼の瞳に切なさのかげりが見えた。

痛み止めを入れると、少しは食欲に意識が戻るかもしれない、とも言われたが
薬によって胃が荒れていくという副作用。

家に帰ってキャベツを数口かじって寝床にもぐったが、
嘔気をもよおして、苦しそうな表情になった。

彼のために何がしてあげられるだろう。
静かに見守ってあげるぐらいしかできない。

目を離したら、もう次は命がないんじゃないだろうか。
何度となく問いかけても、反応が薄い。

いつ亡くなってもおかしくないのかもしれない。
それまで、なるべく苦しまないようにしてあげたい。

06/09/19 

2006年09月19日(火) 23時17分
昨日、久しぶりに食べたせいか、今日未明から腹を壊す。

キャベツは今日夕方までに1/2近く食す。

ここ数日、目を開けたまま辛そうな表情が続いていたが、

日に日に寝ている時間の方が多くなっている。

呼びかけにも応じず、ぐったりとしていた。

キャベツを数口食べるが、途中で寝てしまう。

投薬時には、かなり抗う様子が見られ、声も上げる元気もある。

06/09/18 

2006年09月18日(月) 22時26分


トイレや水飲み以外は終日寝て過ごす。
食欲なし。
日中キャットグラスを数本食す。

足元がフラフラしてきた。
また、意識も朦朧としている様子。
かなり辛そうだ。

乾物や野菜をあげてはみるが、興味を示さない。
乾燥いちごに歯型が少し残っていた。

夜、キャベツを1/4枚ほど食べると、また寝入ってしまった。
ここ数日では、かなり食べたほう。

06/09/17 

2006年09月18日(月) 0時32分


06/09/16 通院3回目 体重840g

CTスキャンにて、肝臓に腫瘍が多数見つかる。

1.現段階での外科的処置は難しい
2.プレーリーへの抗がん剤治療の例が少ない
3.肝臓部位には薬が効きにくい
4.投薬によるダメージが大きい

以上により「悪化を遅らせるような治療が望ましいのではないか」(Dr.より)
と。

1ヶ月前、1kgだった体重も食欲不振、嘔気が重なり840gに。
この1週間でさらに腹周りがへこんだ。
なでると目を細めて喜んでいたが、手を伸ばすと逃げるようになった。
体の不快感が増しているのかもしれない。


できるだけのことはしてあげたい。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:komosa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる