青春時代のニキビ 体験談

February 22 [Fri], 2013, 12:29
私は高校時代とてもニキビに悩まされた経験があります。
ニキビができて痛いというのはもちろんですが、思春期ということもありニキビができている肌がとても気になり人と顔を合わせるのも嫌だった苦い思い出があります。
思春期の男子は女子を必要以上に意識したり少しでもかっこよく見られたいという思いがあるため、
ニキビがあるというだけでとても恥ずかしかった記憶があります。
またニキビがあることで実際に被害もありました。
当時好きだった女の子に告白をした時にニキビが無ければ付き合ったのにねと言われました。

ニキビができる原因としてはいくつか思い当たる事がありますが、一番の原因は肌を清潔に保っていなかったということだと思います。
当時は 野球部に所属しており毎日の部活動で汗をかいても水道水で顔を洗い流す程度で洗顔料などは使用していませんでした。
また夏場は教室で授業受けているだけでも汗をかくような暑さだったため肌は常に汚れている状態だったと思います。
恥ずかしい話、今でも、おしり できもの 黒ずみの跡がくっきりと目だっています。

幸い私の場合はニキビの数も少なくまたそれほど根深いようなものでもなかった為 、こまめに洗顔料を使い洗顔することで肌にできていたニキビもある程度解消することができました。
若い頃にニキビの正しい対処をやらないと、一生肌に残ってしまう可能性があるため正しく対処しなければなりません。
最近ではフェイスペーパーなどとても便利なグッズが多く販売されているのでそれらを利用しできるだけニキビが出来無いような肌をめざすことが重要だとおもいます。
P R
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ