日本もついに動く 「外国人の犯罪インフラの温床である繁華街・歓楽街対策の強化」を指示 

October 17 [Mon], 2011, 0:40
 犯罪組織が世界的規模で活動する「犯罪のグローバル化」対策のため、警察庁は22日、 各都道府県警の担当者らを都内に集めて会議を開き、安藤隆春長官が 「外国人の犯罪インフラの温床である繁華街・歓楽街対策の強化」を指示した。  会議の冒頭、安藤長官は訓示で、繁華街や歓楽街について 「暴力団や外国人犯罪組織などの資金獲得や謀議、情報交換の拠点となっている」と指摘。 偽装結婚などの不法滞在や不法就労、違法風俗店や地下タクシー、 地下病院などが深く浸透しているとの認識を示し、実態把握や徹底した取り締まりを求めた。  このほか、偽造身分証明書や架空預貯金口座、他人名義の携帯電話、インターネットの悪用などを挙げ、 「犯罪組織は世界各地にインフラを構築している」と分析し、解明や摘発を指示。 「わが国に犯罪インフラを構築させないことが犯罪グローバル化対策の基本だ」と述べた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:komacchan
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる