私は 

2006年11月09日(木) 0時00分
彼女にした優しさがあったなら
私にも少しでも優しくして欲しかったと
それは我侭な望みだったのかな

私はそんな優しさを期待して
生きていっちゃいけないのかな

ただ向き合って欲しかっただけなのに
それさえもしちゃいけない望みだったのか

夢にまで 

2006年11月08日(水) 0時00分
夢を見た
私は彼女の顔を知らないから
出てくるはずもないのに
待ち合わせの場所に遅れて来た彼女を
君は笑顔で待っていた

眠っている時は
眠っている時だけは
何も考えずにいられるから
このまま永遠に寝続けられればいいと思う程
私の一番の安らぎの時間なのに
どうしてその時間さえも
私から奪ってしまうのですか?

どうして夢の中でさえも
君は彼女と一緒にいるのですか?

ゲーム 

2006年11月07日(火) 0時00分
私は君にとってゲームみたいなもんだったのかな
一緒にいる時もやっていた数独みたいに
飽きたかららポイってされたように感じたよ

もっと心ある人として接してくれてたら
私今こんなに痛んでなかったのにな

君は自分が一番可愛くて
私の気持ちは何も見ていてくれなかった

 

2006年11月06日(月) 0時00分
ふたりでいる時はいつも繋いでいた手
私は心も繋がっているのだと思っていた

君は私と手を繋ぎながら
一体どこに向いていたの?

私は手が繋げなくなったことより
心が繋がっていなかったことが
今何より悲しくて淋しく思ってる

明日会える 

2006年11月05日(日) 0時00分
いつも次君に会える時を楽しみにしていた
明日会えるなんて時は心のウキウキはMAXで
何時間後には会える〜なんて数えちゃったりして

君に会えた時はそれはそれは嬉しくて
きっとイヌが尾を振るくらいな喜びだったろうに
それは君には伝わっていなかったのかな

もう君の中から私はいなくなっちゃったかな
もう君が私を思い出すことなんてないのかな

スケジュール 

2006年11月04日(土) 0時00分
君のスケジュールを聞いていたから
それに合わせて自分のスケジュールを決めていた
あの時はこんな先が待っているなんて
頭の片隅にも思っていなくて
今この時もふたりで時間を重ねられていると思ってた
今この時もふたりで楽しさを重ねられていると思ってた

今は君に合わせたスケジュールもただ悲しいだけ
そこにあるのはただの悲しさだけ

話をしたと聞いた 

2006年11月03日(金) 0時00分
共通の友達と私について話をしたと聞いた
一体何を話したというの?
見えないところで何かを語られたこと
内容が気にならないわけがない

話について何も伺い知ることは出来ないけれど
君がガッツリ落ち込んでると聞いたところで
それは私の救いにはならない

救われたのは気持ちを話した君だけなんだよ
話したことは何も私の救いにはなってない

嫉妬する 

2006年11月02日(木) 0時00分
街に出て
カップルを見るたびに
君と彼女を想像して辛くなる

私の辛さを知らず
私の苦しさを知らず
あんな風に過ごしているんだねって
そう思えて
そうしか思えなくて
心が切り裂かれそうになる

なんでこんなになるような終り方しか出来なかったのかな
私がもっと普通の日常を過ごせるように
終わらせてくれることは出来なかったのかな

私だけだったのかな 

2006年11月01日(水) 0時00分
自由が丘に行ったデート
一緒に美味しいものが食べたくて
君に美味しいものを食べて欲しくて
前日にネットでいろいろ調べたりした

お店から激しい雨を眺めながら
美味しいねって食べたスフレ
あの時間を素敵な時間だと思ってたのは
私だけだったのかな
君は何とも思ってなかったのかな

一緒に美味しいものを食べたいと思った気持ち
その美味しさの中で楽しく語った言葉
それを大切なことだと考えていたのは
私だけだったなら悲しみが溢れて溺れそうになる

心と体 

2006年10月30日(月) 0時00分
心と体は繋がっているんだね
心が壊れてから体がおかしくなった
薬のせいもあるかもしれないけれど

呼吸が苦しくなった
息がいっぱい吸えない

アトピーがひどくなった
痒みがどんどん広がっていってる

体が悲鳴をあげている
助けて欲しいって泣いている
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koma22
読者になる
Yapme!一覧
読者になる