【劇団黒色綺譚カナリア派】   主宰の戯れ随筆  ― 飛ぶ鳥 水面に波紋残さずして死ねるか ―

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:    赤澤ムック
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
脚本家、女優、演出家。

昭和悲喜劇・サイケ新派
黒色綺譚カナリア派
主宰であり演出・脚本を担当。


黒色綺譚カナリア派
絶賛活動停止中

忘れた頃に再びの逢瀬を


主な脚本作品
舞台
『さくら色 オカンの嫁入り』三越劇場
『源氏物語』2014@KAAT
映画
『チャイコイ』原作・岩井志摩子
テレビ
『三匹のおっさん2』第六話

主な演出作品
『赤と黒』 主演・木村了
『華ヤカ哉、我ガ一族〜オペラカレイド』
『ミュージカル 仮面ティーチャー』

2012年より女優名のみ
「赤澤セリ」 と改めましたが
再び 「赤澤ムック」 にて統一

PV監督
ツリメラ
『ハッピー・サッド侯爵婦人』

DaizyStripper
『東京ホライズン』


2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
« 丸ノ子さんと電ノコちゃん | Main | たまには1日を振り返ってみる »
『結び目』のチラシ / 2010年04月15日(木)

先週まで「天真爛漫な母親」だった赤澤ですが、
去年の今頃は「認知症の義父と住まう、寡黙な主婦」でした。



映画 『結び目の』チラシをマネジャから受け取る。

やけに寒い日なので、
雪だるまのような格好をしてたら笑われた。



恋愛映画だ。



広澤草嬢と川本淳市氏。

みんな、元気にしているだろうか。

実力派の方々ばかり、恵まれた現場だった。
色々指南してもらった。



特に、いわゆる「ラブシーン」というやつを。

舞台上でも男性に触れられた経験があまりない
「色狂いの母親」「愛人らしい人」などは
カナリア派で演じたが、普通の恋愛ってのはね・・・

気恥ずかしいなぁと思っていた
私が、馬鹿だった。

真剣に取り組む職人技だった。
愛情ってのは泣き叫ぶのと同じ、感情の1つだ。
学ばせてもらった。

そして、いい映画ができたと思う。



6月下旬、渋谷イメージフォーラムにて公開です。

Posted at 19:45 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/kokusyoku/archive/2376
P R
メールフォーム
タイトル

内容
   
 Powered by yaplog!