【劇団黒色綺譚カナリア派】   主宰の戯れ随筆  ― 飛ぶ鳥 水面に波紋残さずして死ねるか ―

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:    赤澤ムック
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
脚本家、女優、演出家。

昭和悲喜劇・サイケ新派
黒色綺譚カナリア派
主宰であり演出・脚本を担当。


黒色綺譚カナリア派
絶賛活動停止中

忘れた頃に再びの逢瀬を


主な脚本作品
舞台
『さくら色 オカンの嫁入り』三越劇場
『源氏物語』2014@KAAT
映画
『チャイコイ』原作・岩井志摩子
テレビ
『三匹のおっさん2』第六話

主な演出作品
『赤と黒』 主演・木村了
『華ヤカ哉、我ガ一族〜オペラカレイド』
『ミュージカル 仮面ティーチャー』

2012年より女優名のみ
「赤澤セリ」 と改めましたが
再び 「赤澤ムック」 にて統一

PV監督
ツリメラ
『ハッピー・サッド侯爵婦人』

DaizyStripper
『東京ホライズン』


2017年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
戯れ随筆〜取扱説明書 / 2017年04月01日(土)
是れは【黒色綺譚カナリア派】主宰・作・演出の赤澤ムックによる、
思いのまま戯言を書き連ねた
 売名の為の
妄言に似た日記である。
劇団のイメージとは大きく異なり、高尚さの欠片も無いので、
どうぞ、お気楽な御眼汚しとして、お楽しみ下さい。



赤澤ムック監修 夢野久作短歌集
 「猟奇歌」
創英社より発売中

※まぁ私の無責任な戯言よりも、むしろカテゴリー内の
『舞台写真』さえご覧頂ければと思います。



黒色綺譚カナリア派 活動停止公演



誤/娯楽 』


活動停止詳細は http://yaplog.jp/kokusyoku/archive/2882
無事の閉幕、しばしの「おいとま」これでこれにて。
ご来場ありがとうございました



__________________________________________________________________________



__________________________________________________________________________


  
  日々是精進。
  花を愛で、嗜好品に依存し、
  カツ丼はもっと好き。
  さて、どうぞお目汚しを。





ツリメラ始めました
http://tsurimela.jp/

 
   
Posted at 02:25 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
贅沢な時間 / 2016年12月01日(木)

 尊敬する女性にお誘い頂き、今宵は会食。
 とても贅沢な時間を過ごした。

 「本当に私を連れて大丈夫でしょうか」

 母から貰った真珠をつけたので
 ドレスコードは、ばっちりだ!
 そんな話をしたら女性は笑って下さった

 面目を潰さぬようにと緊張していたのだが、
 初対面の方から

 「緊張しているように、まるで見えないね」

 と、言われ笑ってしまったので
 本当は緊張していなかったのかもしれない。

 いいや、緊張をほぐす話術ですね流石です。
 無遠慮に麦酒や葡萄酒を飲み、
 興奮して料理を頂いた。

 本当においしかったのだ。
 見目麗しく、格調高く、理想のお料理だった
 コース中に何度も驚いた

 そして楽しかった。

 いつかこちらのお店に、皆さま方に
 相応しい人物になりたいものだと思う。

 今朝は豚と玉葱のカレーうどんを作った。




 
   
Posted at 12:35 / 食の戯言 / この記事のURL
あんステ2、ビジュアル公開 / 2016年11月29日(火)


 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』
 〜Take your marks!〜


 今年6月に上演された『あんステ』の第2弾です
 年明け、1月5日から始まります。

 ビジュアルが公開されたので、ご紹介を

 

 キラキラしていますね
 物語が佳境に入ります

 新曲も続々発表されていますね
 どれもひたすら恰好良く、
 期待値が上がるばかりです

 今度はどんなステージを見せてくれるのか、
 私も楽しみにしております

 https://www.marv.jp/special/ensemble_stage/index.html



 
   
Posted at 00:29 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
僕図書チラシ画像 / 2016年11月26日(土)

 『僕らの図書室 特別授業』

 チラシが届きました
 12月24日から東京にて
 大晦日には大阪にて
 6名の国語の先生が
 国語の授業(リーディング)を行います
 
 昨年末に『晦日明治座納め・る祭』でご一緒した面々と
 夏の「ムック×2こんにちは」に、
 ご出演頂いた滝口氏です。

 本編からなにから書いていて楽しかったです。
 
 

 個人的には・・・
 クリスマスイヴの予定が決まって一安心です

 

 普段なら決して揃わない6名の作家の書き下ろし
 どうぞお楽しみに
 私も、他の作品を楽しみにしております。



 
   
Posted at 12:21 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
風邪にナマモノ / 2016年11月24日(木)

 東京に雪が降る、11月だのに

 窓をあけて眠ってしまった
 馬鹿のすることだ

 風邪をひくのも当然だ

 一人ミュージカルの疲れだろうか
 疲れた実感はさらさらない
 訃報の衝撃が肉体に現れているのだろうか
 そんな気もしない

 出歩く元気がわいたので銭湯へ行った

 気分は湯治だ。温まっては休みの繰り返し
 帰りしなスーパーで寿司を買った
 こういうお寿司が食べたい気分だったのだ

 風邪の時になまものっては、本来よくないけれども

 穴子が入っているなぁと思ったんだ

 穴子が入っているのだと

 

 ベビー帆立だった

 ともかく、おいしく頂きました




 
   
Posted at 02:30 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
幸四郎宅で集合 / 2016年11月21日(月)

 火葬を終えた週末、
 昔の仲間が幸四郎宅に集まった

 私が二十歳の頃は、
 毎週末、こんな状況だったんだ

 たいていは麻雀面子だったけれど
 適当に私が夕食を作って
 徹夜で麻雀をして
 勝った人のおごりで、
 負けた人が松屋の定食を買いに行く

 そんな時間があった

 幸四郎の骨壺を前に、皆で談笑
 写真の整理をした

 

 いつ、どこで撮った写真かは分からない
 きっと2000年頃だと思う

 

 幸四郎の戯曲で芝居を打った時の
 チラシ用の写真(実際は絵で、その参考資料用)
 私の大学同期の重兼美里が、幸四郎は大好きだった

 うん、私のことは俳優としては好きじゃなかったと思う
 それでも麻雀をしながら夢を語れるいい相手だった
 育ててもらったなと思う

 夜になり、あの頃の麻雀面子で残って麻雀だ

 幸四郎の席には誰もいないけれど
 逸話でお腹がよじれるほど笑った
 みんな五翻以上の手はできなかった

 幸四郎は美しい手が好きだった
 ナシナシだった
 だからそれに恥じない、
 幸四郎がいたら怒る手はやめようと

 いい弔いができたと思う
 これは、ただ勝手に私が思うだけではあるが
 私の中では最高の弔いだ

 

 幸四郎の家に小銭がたくさんあった

 ポケットの小銭を、丼に投げ入れてたからだ
 埃まみれのそれを翌日銀行へ

 受け取り不可で数十枚返ってきた
 洗って下さいと言われた
 銀行にいけばお金が綺麗になると思っていたが
 そんなに甘いものではないようだ

 むしろ迷惑なことをしてしまったなと反省
 そして、笑った
 幸四郎はいつでも、相変わらずだ
 


 
   
Posted at 02:19 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
内田幸四郎が亡くなった / 2016年11月18日(金)

 劇団黒色綺譚を旗揚げした相棒が
 先日亡くなった

 数回公演を打ち、私はカナリア派として独立。
 そこから段々と疎遠になった幸四郎。
 彼は私より30歳年上だったし、
 手に職をもつ職人だったからだ

 火葬場に見送りにいった

 まったく変わってなかった

 カナリア派の芝原と、幸四郎が好きだった寿司屋へ
 安いうまいの桃太郎寿司
 改装オープンしていて、昔の面影はない

 幸四郎がいなきゃ、芝原とも出会ってない
 大学の先輩後輩だったけれども
 幸四郎がスタッフとして彼に声をかけてなきゃ無い

 

 献杯をした。
 いくつか握りを食し、あとは飲んでいた

 幸四郎はお酒は得意じゃなかった
 渋い緑茶を好んで、朝は珈琲
 麻雀を教えてもらった師匠だ

 まあ、私は相変わらず下手くそなのだけれども
 この日は遺骨を拾ったけれども、
 実際なんの感情もわかなかった



 
   
Posted at 23:13 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
一人ミュージカルの出発 / 2016年11月16日(水)

 打ち上げ後、仮眠をとり
 朝から撤収作業に勤しむ
 まっさらになったアトリエを眺め、疲労が押し寄せる

 皆、昼食を伊藤氏にご馳走になった

 ついでに迎え酒で気合いを入れる
 カノンのオムライスと白ワインは最高の組み合わせ

 

 他のメンバーも参加したかったろうな

 アトリエカノン
 http://gut.co.jp/kanon/

 「伊藤さん用の特製激辛カレー」は注文をおすすめしません
 本当に、痛いです。
 おいしいのですが、痛みが先に来ます。
 そもそもご厚意の裏メニューでしたね。

 おしるこも食べたかったなあ

 この短編集は100作品を目指しています。
 今回の公演はとてもいいスタートのようです。
 また、いずれ参加できることを楽しみに
 気持ちを切り替えて、執筆仕事期間に突入します。


 
   
Posted at 14:25 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
一人ミュージカル大千秋楽 / 2016年11月15日(火)

 一人ミュージカル短編集vo.1
 大千秋楽を迎えました


 

 ご来場下さった皆様、
 応援して下さった皆様、
 キャスト、スタッフ、お手伝いの皆様、
 全ての方々に感謝を込めて

 ありがとうございました

 

 竹久夢二題材、柳井佑介主演
 『ひとくち、アイスクリン』
 脚本家今井夢子さんと、夢二を囲んで

 

 千秋楽にもアドリブをぶっこんできた永田氏と
 珍しく笑顔で、人との距離が近い赤澤

 やはり笑顔写真は苦手だ、こわばっている。
 腰がひけているのは衣装が汗だくだからだ。
 失礼な話だ。

 

 カフェ・カノンのオーナー様が、
 この公演のためにケーキを作ってくれた

 兎は、主宰の伊藤靖浩さんをイメージして

 

 私がいただいたけれど
 (伊藤氏が辛党なので)

 全ての作品が、UC公演も含め
 素敵じゃないことがなかった
 短編集として、とても珍しいことだと思う

 少しでもお役に立てたなら幸い
 打ち上げの二次会は、ほとんど寝ていた


 
   
Posted at 23:14 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
Wトスカニーニ / 2016年11月15日(火)

 

 吉見由香さん撮影、
 第二稽古場のトスカニーニ2人を眺める演出家

 トスカニーニ、本役の永田氏と
 UC 稲垣氏は見た目が正反対ですが
 どこか似た雰囲気があります

 そしてとても仲良し
 互いを尊敬し合っている
 決して一緒に稽古をしないところも良い

 

 本番が終わり、帰ろうとすれば地下から気配
 会場を覗くと2人が、またも自主練中

 全く違う場面を稽古していました

 照明家しかいない空間なので、
 声を出せばいいのに
 互いを気遣い小声の稽古

 拙作も勿論、全ての公演が成功しますように
 素敵でありますように



 
   
Posted at 02:08 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
P R
メールフォーム
タイトル

内容
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!