【劇団黒色綺譚カナリア派】   主宰の戯れ随筆  ― 飛ぶ鳥 水面に波紋残さずして死ねるか ―

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:    赤澤ムック
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
脚本家、女優、演出家。

昭和悲喜劇・サイケ新派
黒色綺譚カナリア派
主宰であり演出・脚本を担当。


黒色綺譚カナリア派
絶賛活動停止中

忘れた頃に再びの逢瀬を


主な脚本作品
舞台
『さくら色 オカンの嫁入り』三越劇場
『源氏物語』2014@KAAT
映画
『チャイコイ』原作・岩井志摩子
テレビ
『三匹のおっさん2』第六話

主な演出作品
『赤と黒』 主演・木村了
『華ヤカ哉、我ガ一族〜オペラカレイド』
『ミュージカル 仮面ティーチャー』

2012年より女優名のみ
「赤澤セリ」 と改めましたが
再び 「赤澤ムック」 にて統一

PV監督
ツリメラ
『ハッピー・サッド侯爵婦人』

DaizyStripper
『東京ホライズン』


2017年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
戯れ随筆〜取扱説明書 / 2017年04月01日(土)
是れは【黒色綺譚カナリア派】主宰・作・演出の赤澤ムックによる、
思いのまま戯言を書き連ねた
 売名の為の
妄言に似た日記である。
劇団のイメージとは大きく異なり、高尚さの欠片も無いので、
どうぞ、お気楽な御眼汚しとして、お楽しみ下さい。



赤澤ムック監修 夢野久作短歌集
 「猟奇歌」
創英社より発売中

※まぁ私の無責任な戯言よりも、むしろカテゴリー内の
『舞台写真』さえご覧頂ければと思います。



黒色綺譚カナリア派 活動停止公演



誤/娯楽 』


活動停止詳細は http://yaplog.jp/kokusyoku/archive/2882
無事の閉幕、しばしの「おいとま」これでこれにて。
ご来場ありがとうございました



__________________________________________________________________________



__________________________________________________________________________


  
  日々是精進。
  花を愛で、嗜好品に依存し、
  カツ丼はもっと好き。
  さて、どうぞお目汚しを。





ツリメラ始めました
http://tsurimela.jp/

 
   
Posted at 02:25 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
心のゆとりのせいだ / 2016年08月22日(月)

 

 東京にも緑はあるのだが
 札幌のが目に付くのはなぜだろう

 

 夏の北海道でゆっくり過ごすのは久方ぶりだ
 二十歳過ぎに療養で帰った以来だろうか
 湿度の低さが快適すぎる

 今後は毎年執筆時期を合わせ
 夏休みをとりたいものだ
 東京にいても、部屋にこもるだけだしな


 
   
Posted at 19:07 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
一人芝居ミュージカル短編集vol.1 / 2016年08月06日(土)

 作曲家の伊藤靖浩氏がミュージカルを作りたい
 とのことで、参加致します



「一人芝居ミュージカル短編集vol.1」

2016年11月10日(木)〜11月15日(火)
都内のアトリエにて \4000
※男性か女性の一人芝居を、3演目観劇できます。
※全12ステージ予定

3人の男性音楽家
その音に包まれる、3人の女優
3人の女性音楽家
その音に包まれる、3人の男優


実在の6人の人物の生涯を
脚本、音楽、全て新作で書き下ろします。

《女性ver》 
演出:伊藤靖浩 
照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)

女性verキャスト
岡田あがさ 家塚敦子 神田麻衣 
ハマカワフミエ 福麻むつ美

アンダーキャスト
石井春花 生井みづき 吉見由香

脚本家
黒澤たける 須貝英(monophonic orchestra)
増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)
村本篤信 桃井俊英

音楽家
伊藤靖浩Pf. 佐藤仙人文弘per. 中野幸一 Gt.

《男性ver》 

演出:赤澤ムック / 石丸さち子
照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)

男性verキャスト
伊藤靖浩 海老原恒和 
金 すんら(石丸さち子演出)
永田正行 柳内佑介
 
アンダーキャスト
稲垣干城 卯ノ原圭吾(キリンバズウカ) 塚越光

脚本家
赤澤ムック 石丸さち子 今井夢子(椿組/Manhattan96)
エスムラルダ モスクワカヌ(劇団劇作家)

予約受付開始:9月24日(土)12:00
 


 女性版と男性版がありまして、
 私は男性版に脚本を一本と、演出を四作品致します
 私にとって、完全なるミュージカルの創作は
 もしかすると初の試みかもしれません

 9作品一挙公演ですので
 色々な才能や熱情やこだわりのようなものが
 混ざりぶつかって、たまに奇跡が起きたり、
 するのではないかなと想像しております

 どうぞよろしくお願い申し上げます。


 
   
Posted at 23:29 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
美骨整体マーノ / 2016年07月23日(土)

 

 札幌にある旧友のサロンへ行ってきた
 演劇部でヒロインを演じていた仲間だ

 相変わらず綺麗だった
 アットホームなサロンで本格的な施術
 背中から首、頭皮を重点的に

 フェイスラインがあがった
 フェイスラインがあがった
 大切なことなので2度書く


 ゴッドハンドとは正にこのこと

 札幌にお住まいで身体が疲れていたり
 顔などの劣化が気になる女性に
 心からお勧めいたします

 
 http://mano-beauty.blogspot.jp/

 
 
   
Posted at 23:53 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
滝野すずらん公園 / 2016年07月22日(金)

 バスに乗って自然公園へ向かう

 

 さすが平日、人がいない

 

 目的の滝だ。二十年以上ぶりに訪れた

 

 人がいないので歌を歌ってみたりすると
 人が現れるという、恥ずかしさ

 

 水に木々が映り込む

 持参したチョコレートなど齧り珈琲を飲む
 森に黒い服はいけない。蜂が寄る

 散歩して、この後はお墓参りへ行った


 
   
Posted at 19:05 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
盆踊りのアルバム / 2016年07月20日(水)

 

 実家で古いアルバムを眺めていたら
 盆踊り大会に、変なのが紛れている写真を発見

 変なのは真剣に踊っているようだ

 

 変なの以外、誰も仮装していない
 おかしい。みんな可愛らしい浴衣や夏の装い

 

 紛れ込む月光仮面

 確かこの選択は伯父の影響で
 (ちばあきお『キャプテン』が揃う祖母宅だった)
 周りもよくこれをやらせてくれたな

 

 赤澤、小学2年生の頃でした
 

 
   
Posted at 19:10 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
ニセコひらふ / 2016年07月18日(月)

 海を見て、ニセコのひらふ地方へ

 今、ひらふは高級リゾート地なのだそうだ
 冬季は働き手も含め人口の八割が外国人で
 日本語以外の言語が飛び交うという

 立派なコンドミニアムや別荘が多かったし
 建設ラッシュ最中でもあるようだ

 私達は知人の昔ながらのペンションに宿泊

 

 オーナー達のドラムとピアノの
 ジャズセッションを聞かせてもらい
 卓球とビリヤードに興じた

 若い従業員男女と晩酌。ブラントンを頂く
 馬のキャップのバーボンだ
 楽しい夜だった
 冬にも訪れてみたいが人気が高すぎて
 一年後でも予約がとれないらしい
 そして私には高価すぎる。夏でも十分楽しい

 

 翌日に、馬。馬尽くしのニセコ



 
   
Posted at 18:51 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
北海道、海岸、海の幸 / 2016年07月17日(日)

 

 海岸沿いの食堂で昼食
 海の幸もだが、ご飯がおいしい

 

 雲丹尽くしの贅沢


 
   
Posted at 10:26 / 食の戯言 / この記事のURL
まだ水は冷たい / 2016年07月16日(土)

 家族で海外沿いをゆきました

 

 ニセコへ向かうはずなのに
 なぜ遠回りをするのだろうと思っていたら
 この景色を見せてくれるためだったそうで

 

 崖からの展望も素敵でしたし
 波打ち際からの景色もよかったです

 

 海に踏み込んだら、水はまだ冷たく
 さすがの北海道

 

 生き返りました




 
   
Posted at 22:21 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
馬に乗りました / 2016年07月15日(金)

 

 無趣味の赤澤です

 映画や読書は仕事とかかるので
 住宅街の徘徊ぐらいしか趣味がありません

 喫茶店を巡ったところで書き物しますし
 料理は、生きることと同義なので
 趣味とするのも違うかなと

 そこで馬に乗ってみました

 「ヘルメット代わりに」と帽子を借りました

 

 家族旅行の流れで乗馬体験

 

 牧場で最も大きい馬を選びました
 顔の大きさに慄きつつ、触れ合い
 馬は人を見る目があるなぁと思います
 見透かされている感があるんですね

 

 平地での練習の後、林道へ
 とてもよかったです
 東京に戻っても続けたいと思います

 

 「趣味は乗馬です」と言いたいだけかもしれませんが
 動物との時間は和みますね



 
   
Posted at 09:51 / 赤澤の戯言 / この記事のURL
P R
メールフォーム
タイトル

内容
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!