多摩川遊歩

October 05 [Fri], 2012, 12:41


さて、今日は前回の銚子より近場の、
東京は多摩川に沿って散歩をしていきたいと思います。

多摩川を選んだ理由ですが、
数年前に母校の遠足で歩いたことがあり、
懐古するという意味も込めて歩きました。



「多摩川駅を降りたらすぐ川だ」
なんて意味の分からない確信があったのですが、
西口、東口ともにすぐそばにあったのは緑いっぱいの公園でした



川に近い東口のこの公園は多摩川台公園といって、
なんと中に小さな古墳群がありました。
今は木々に覆われていてよく見えませんでした。



先ほどの赤い橋のしたにある坂道を下っていくと、
小さな川が流れていました。これは多摩川の副流なのかな?
辺りは穏やかな住宅地でちらほら喫茶店がありました。
入ってみたかったのですが、駅でお茶をがぶ飲みしてしまってその気にはなりませんでした(笑)



少し住宅地の間を歩いているといい感じの坂があったのでまた公園の方に入っていきました。
坂はいいです。見上げた時の道なりの美しさといい、
上った後に見下ろすほんのちょっとの達成感が心地いいです。
僕の両親が今山登りに凝っているのですが、
そのよさも分かります。今度予定が合えば一緒に行こうかな?





もう公園も端っこの方まで来ていてすぐに降りなければならなかったのですが、
木漏れ日がキラキラしてて最高に綺麗です。
ちゃんとしたカメラ持ってきていればよかったなと少し後悔。
さて、この階段を下っていくと・・・



ついに出ました。多摩川本流です。
といっても公園の外の道路から更に野球グラウンド等がある河川敷を超えて川です。
意外に結構遠かったです。



遠足の時に歩いた懐かしい道も見えてきて、
当時を思い出しながら歩きました。














































なんだこのかっこいい建物はーっ!?
二子玉川駅の真ん前に、先進的なデザインがかっこいい、
さっきまでのちょっとした田舎風味を全て吹き飛ばすショッピングモールが出来ていました。
少なくとも遠足の時は無かったよな・・・?


さて、今日の多摩川散歩はここで終了です。
今回はあまり時間が取れなかったので割と近場にしました。
年中に一度車で出かけたいと思っています。
そして泊りの旅行はちょっと今年はむりそうです。
次回は埼玉県に行こうと思います。
それじゃあまたいつか。

銚子の音

September 26 [Wed], 2012, 21:32


お出迎えありがとうございます。
最寄駅から千葉駅まで、さらに千葉から90分かけて電車に揺られてやってきました、
銚子の街です。潮の香りが漂う静かな街でした。



今日は日帰りで銚子、銚子電鉄で行ける場所に行きました。
JR銚子駅と銚子電鉄銚子駅はホーム内で繋がっているので降りなくても行けるのですが、
やっぱりちゃんと銚子の地を自分の足で踏もうと思ってました。
そして銚子電鉄銚子駅です。



ちなみにこれだけ別日に撮った写真です。この日の銚子の空は晴れ時々曇りでした。
さて、自分は鉄道ファンではないのですが、
なんで今日の舞台を銚子電鉄(で行ける場所)としたのかというと、
単純です。ここ銚子電鉄のぬれ煎が大好きだからです(笑)

今日はそこまで時間がなかったのでレンタサイクルと銚電を併用していろんな所を見て回りました。



銚子駅をでて、県道じゃない大通りを犬吠埼に向かって走りました。
大通りですが、なんども銚電の線路が交差していて、
踏切もない所でもこんなに線路に近づけました。



銚電は半分くらいが無人駅で、感覚としては路面電車のような感じでしょうか。
この駅も無人駅で、なんと小学校のほとんど真横にありました。
ずっと大通りを進んでいるとより一層潮の香りが強くなって、



海鹿島海水浴場です。
平日でしたし、もうオフシーズンですかね。
小さな子供を連れたお母さんと、大学生くらいの数人のグループしかいませんでした。



にしても・・・



本当にいい道ですね。
当初はレンタカーを借りて行こうかという案もあったのですが、
車でいけないような道にも入ってみたかったですし、
なによりもお金が無かった・・・。
また今度来るときはこの道で爽やかな曲でも聞きながらドライブしたいですね。
この道をずっと南に走っていくと、



漫画のワンピースの見開きにドン!って出てそうな風貌ですね。
まぁアングルの問題もありますが(笑)
今日のメインの目標。犬吠埼灯台です。
地上から明かりの部分まで27メートルの塔です。
さらに灯台なのでちょっと高台にあって、水面からは52メートルだそうです、
中は結構狭いですけど入れるようになっていて、
99段の階段を上ると写真の出っぱった所に出れます。





高い!
とにかく高い!

単純に下を見ても高いうえに、前出のように高台に、
というよりもほぼ崖の上にあってさらに怖い!
そしてなにより吹き付ける海風がめちゃめちゃ強い!
携帯構えただけで携帯が飛ばされるんじゃないかってくらい強かったです。
ちなみにこの二枚はいろんな恐怖にかなりビビリながら撮りました(笑)

いろいろ堪能したので、一旦銚子まで戻ってレンタサイクルを返して、
長らく放っておいた銚子電鉄に乗ります。
灯台の近くに自転車を乗り捨てできるところがあって、
そこから銚子電鉄の駅にいけるのですが、
どうせ乗るんだったら端から端まで乗ろうと思って銚子にいきました。



これはこまわり手形といって、一日有効の銚子電鉄フリーパスです。
なんど乗っても降りてもいい券です。
ちなみに、銚子から犬吠、そして次の終点、外川までの運賃は310円。
このこまわり手形は620円。さらに犬吠駅にてぬれ煎が一枚もらえて、
いくつかの施設での割引券がついているという、お得なフリーパスです。



さて、犬吠に戻ってきました。さっきは行かなかった犬吠駅です。
ここで、さっきの券を使って、



こちらのぬれ煎をもらいました。
手作りってやっぱりおいしいですね!
そして、犬吠駅にはさらにこんな名物もあります。



たい焼きです。しかも夏期限定の冷やしたい焼きです。
小倉+ホイップとカスタード+ホイップの二種類があって、
これは小倉の方です。
こちらも生地がもちもちしてて、おいしかったです。

そしてここには下調べの時にはいなかった、
存在を予想すらしていなかったあるキャラクターがいました。



そう、ヤツです。
全ての社長を恐怖のどん底に突き落とす、
桃鉄の貧乏神のスタンダードタイプです。

こいつがいる理由まではよく調べませんでしたが、
この貧乏神の上に小さな犬が乗っていますね。
この犬の頭をなでると病気等にかからなくなるそうです。
僕はあまり病気にはかからない健康体ですが、
しっかりなでさせてもらいました。



短い旅も終わりが近づいてきました。
銚子電鉄の終点、外川駅です。
平日の午後はほぼ無人の駅で、
施設といっても港くらいしかないのですが、
「海まで続く坂」
この言葉を見て、降りることを決めました。

駅から海にむかって何本も坂道が続いていて、
その両側に民家が立ち並ぶ、そんな街並みが一目で好きになりました。
でも、その無数の坂道もほとんどはカーブしていたり、
坂の終わりに建物が建っていたりして、海が見えませんでした。
でもちゃんとありました。



これで今日の旅はおわりです。
帰りの電車で見た今日の夕焼けはとても綺麗でした。
今度はあの夕日が犬吠の海に沈む所を灯台から見たいです。
めちゃくちゃ怖いけど(笑)



P.S
次は都内で散歩をしてみようかなと考えていますが、
具体的には何も決まっていません。
どこかオススメな場所があったらコメントにて教えてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさとし
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:5月22日
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-日帰りの旅行や数泊の旅行が好き。
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kokusimusou/index1_0.rdf