国際ジャーナル マスコミの取材で明らかになった日産ゴーン社長の次の一手

November 22 [Sun], 2009, 21:52
日産自動車のカルロス・ゴーン社長といえば、危機的な状況であった日産自動車
を立ち直らせた功績で有名ですが、最近のGMの破綻などから、日本の自動車
メーカーも、うかうかしているとGMの二の舞になるという危機感を抱いている
様です。ゴーン社長がマスコミの取材に答えた内容によると、GMの破綻は、日
本や韓国の自動車メーカーの良いところを学ばなかった姿勢になるということを
言っています。また、日本のメーカーも、中国やインドの自動車産業から学ばな
いと、同じことがおきかねないと語っています。インドでは、必要最小限の機能
を盛り込むことで低価格を実現した自動車が販売されて話題になっていますが、
このような考えを日産自動車も取り入れていく意向の様です。2012年にはイ
ンドの二輪メーカーと組んで、3000ドル(約27万円)の低価格車を発売す
る計画が明らかになりました。また、日産自動車では、電気自動車への取り組み
が進んでおり、同社の調査によると、アメリカでは2万5千人の人が、電気自動
車の購入意向を示しているそうです。電気自動車については、充電方式などのイ
ンフラ整備が課題ですが、今後の普及度合いによっては、あっという間に電気自
動車が主流になるのかもしれません。これからの日産自動車におけるゴーン社長
の舵取りに注目したいと思います。





国際ジャーナルの取材 報道ニッポンの取材 現代画報の取材 国際通信社の取材 報道通信社の取材 現代画報社の取材 リフォーム
国際ジャーナルの取材 報道ニッポンの取材 現代画報の取材 国際通信社の取材 報道通信社の取材 現代画報社の取材 リフォーム
国際ジャーナルの取材
報道ニッポンの取材
現代画報の取材
国際通信社の取材
報道通信社の取材
現代画報社の取材
  • URL:http://yaplog.jp/kokusaijournal/archive/75
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kokusaijournal
読者になる
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
最新トラックバック
Yapme!一覧
読者になる