国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

August 31 [Wed], 2011, 15:33






わたしはあるクライアント(以下Aさん)から、相談を受けました。

Aさんは結婚していて、妻・子の3人家族でした。
従業員が6名の年収500万円の自営業者です。



急な相談で悪いね。


大丈夫です。
で、一体どうしましたか?

Aさんの顔からは以前のような元気さはなくなっていました。
一体どうしたんだろう?というのが、
わたしが最初に思ったことでした。


実は・・・

国民健康保険料が高くて、かなり生活が苦しくなってきてるんだ。
収入は去年よりも特別に上がったわけでもないのに、
去年まではそこまで高くなかった国民健康保険料が、
今年から急に上がっちゃって・・・

去年は毎月約3万円だったのに、今年は急に約5万円・・・
年間にすると60万円って・・・

いろいろとお金もかかるし、その上がった理由も分からないし、
とてもじゃないが、このまま払いつづけると、生活が苦しくて・・・


ん・・・?
わたしはふと思いました。
「何故Aさんは収入が上がったわけでもないのに、国保の支払いが増えたのか?」
「国保が上がる原因が何か発生したな。」
そう感じたわたしは、Aさんに次の点を聞きました。

そんなに急に上がったら大変ですね。
もしかして、去年に引越したり、子どもが増えたりしていませんか?


えっ?
何も言っていないのに、よくわかったな〜。

わたしの想像とおり、Aさんはそう答えました。
その後、次のようにも続けました。

実は去年まで両親と住んでいたんだけど、
思い切って新居を住宅ローンで購入してさ。

まあ、住宅ローン控除とかいうやつで税金が安くなるから、
っていうのが、かなりの後押しだったんだけど。
だって、年間20〜30万円も税金が安くなるって言われたら、
かなりの違いだろ?月に2〜3万円も浮くんだから。

更には一之瀬さんの言うとおり、子供も産まれちゃってさ。
これからもっと頑張らなきゃな!って思ってた矢先に・・・

実際、住宅ローン控除や扶養控除が増えて税金が減るはずなんだろ?
なのになんで国保が上がったのか分からないんだよ・・・


そう言う事ですか・・・。

わたしは納得しました。
それはわたしが国民健康保険の仕組みを知っていたからです。

●何故住宅ローン控除があるのに国保が下がらないのか?
●何故扶養控除が増えたのに国保が下がらないのか?
●このまま国保が上がったことを我慢しなければならないのか?
●国保を下げることは出来ないのか?

Aさんが考えているであろうことを頭の中に浮かべながら、
今まで蓄積した知識が巡りました。

確かに、住宅ローン控除や扶養控除が増えて、
税金が下がっていることは間違い御座いませんよ。

確定申告の時に、住宅ローン控除として納税額が節税できているでしょ?
勿論、扶養の数も増えたから、その分も。

それと、今年の6月から新しく「住民税」の額も変更になるんですけど、
それもおそらく減っていると思いますよ。

ただ、国保は「所得税」や「住民税」とは違うんです。
Aさんのような状況だと、上がっちゃうんですよ。


何故なんだい!?

少し詳しく説明したからでしょうか。
Aさんは食い入るように質問してきました。

それもそうですよね。
住宅ローン控除の後押しもあって、家を購入したのに、
国保が上がってしまっては・・・

しかも、月3万円から5万円と、かなりの金額が増額していますから・・・


国保はね、「計算方法」が違うんです。
それで、国保の金額が上がってしまったんですよ。

で、この計算方法をよく見ると、おもしろいことに気付くんです。

わたしは今までの経験上、様々な国保の削減方法を知っていたので、
この話をAさんにしました。

Aさんの場合は「●●を●●にして・・・」って具合にすれば、
国保が下がるんじゃないですか?  
まあ、最終的な判断はAさん次第なんですけど。



[全日本SEO協会]鈴木将司のseo executive 講座

電網商人(でんもうあきんど)の書 - 3ヶ月であなたもネットビジネス指導者 -

股関節症改善プログラムDVD

【網野式】動詞フォーカス中国語入門 ◆約6時間のネイティブ音声付き ◆メールサポート付き 〜初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ〜

【ついに男の夢実現!】33分でマスター!読むだけで強くなる!格闘上達マニュアル 強靭な筋肉ともはや誰にもびびらない自信をあなたに。

これから農業始めたい人必見!!新規就農読本【ある新規就農失敗経験者の告白】

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム


えっ・・・?
もうちょっと詳しく教えてくれ!

Aさんが興奮するのはムリもないのかもしれませんね。
なんせ、かなりの負担になっていた「国民健康保険が安くなる」話なんですから。




わたしはその後、Aさんに具体的なアドバイスをしました。

その1ヵ月後・・・
見事、国民健康保険料を約2/3の41万円にする事ができました。

勿論、まったく違法性のない合法的なやり方で。
※ 実は、こうしたやり取りはクライアント様と頻繁に行っています。


しかし、このAさんに対するコンサルティングをきっかけにして、
Aさんだけでなく、多くの個人事業主の方や副業をされている方が、
本来払う必要のないお金を支払わされているのでは無いか・・・と気付いたのです。

少し情報がないだけで、ご自身の貯金を崩さざるを得ないというような方が、
もっともっと数多くいるに違いない!と言う事に、改めて気付いたのです。







貴方は、国民健康保険料を安くする為には、誰に相談するでしょうか?

通常は社会保険労務士でしょう。
確かに、社労士の方は国民健康保険、国民年金のプロです。

しかし、あくまでも制度のプロであって、「貴方の手元にお金を残す」という観点から
国民健康保険・国民年金を考えている方は非常に少ないようです。

特に税金等も考慮に入れ、あらゆる視点から考えられる社労士は、
まずいないと思っていいでしょう。


財務コンサルタントという立場上、
『国民健康保険料を安くする為にはどうしたらいいの?』
というご相談が、今まで何十回、いや何百回と寄せられました。

その度に、わたしは必死で国民健康保険(或いは国民年金)の仕組みを学び
また、削減するにはどうしたらいいのか、を研究してきました。

その結果、今では、国民健康保険・国民年金の削減ノウハウに関しては
相当なまでに熟知しています。

勿論弊社には、社会保険や年金に関する専門家の社労士もスタッフにいますので、
わたしのやり方に問題がないことは確認済みです。







国民健康保険料を下げる前に、まず知っておくべきこと。
それは、「国民健康保険の算出方法」です。

つまり、どのようにしてその金額を提示してきたか、と言う事です。
これを知っておくことで、国民健康保険が安くなる理由がわかります。

わたしは上記に紹介したAさんに、
まずは「国保の計算方法がどんなものなのか」、と言う事から説明しました。

何故なら、実はこの計算方法を知る事が、とても大事なことだからです。


実は国民健康保険は所得だけで決まるものでは無い、というのはご存知でしょうか?