あけましておめでとうございます 

January 05 [Tue], 2010, 9:31
あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします<(_ _)>

ほとんど更新の無いブログですが、今年も国文研は2月からじわじわと新年度の活動準備を行う……はずです。

新入部員さんがたくさん入部してくれると嬉しいですね(*^_^*)

参考文献の書き方 

October 18 [Sun], 2009, 15:25
部員のみなさんは、学園祭のレポート作成お疲れ様でした<(_ _)>
1回生さんはレポートにも慣れない(?)中、がんばってくれたと思います。

さて。

この「レポート」ですが、書き方を間違えると、「書き方」で減点されてしまうことをご存じですか?
せっかく、文献を何冊も読んで、濃い内容のレポートに仕上げたのに、「書き方」で減点されてしまうのは、もったいないですよね

ここでは、「書き方」(フォーマット)でレポートを減点されないようにレポート作成の注意点を書こうと思います。(一般教養科目でレポート課題を出された時などに、参考にしてください)

もちろん、専門によって論文のフォーマットは異なります。国文学には国文学の、心理学には心理学の論文フォーマットがあります。専門の論文を書く場合は、それぞれの決まりごとに従って論文を作成してください。


では、レポートを作成する時に、何に気をつけたらいいのか?

まず、気をつけねばならないのは、参考文献表の作成です。
「参考文献なんて、本文の後ろに適当に書いとけばいいんじゃないの?」
と軽く考えている人がいるかもしれませんが、実はコレ、結構重要なんです
レポートを採点する先生の中には、参考文献の書き方が間違っていると減点するなんて人もいます。

≪参考文献の正しい書き方 〜一般編〜≫
1.単行本の場合
@著者あるいは編著者(翻訳書は訳者名も)、A本の題名、B出版社名、C発行年

【例】中村光夫、『日本の近代小説』、岩波書店、1954年


単行本の場合、本の題名は『』(二重括弧)でくくります。上の例でいうと、『日本の近代小説』の部分ですね♪ 
ちなみに、論文の題名や新聞記事名、ウェブサイトの表題は「」(括弧)でくくります。
これも間違えると減点対象になることがあります。

2.雑誌論文の場合
@著者名、A論文の題名、B掲載雑誌名、C巻数・号数、D発行年、E掲載ページ

【例】諸富徹、「環境税による〈持続可能な福祉社会〉の構築を」、『世界』、752、2006年5月、129〜133ページ

3.新聞記事の場合
@執筆者名(執筆者のない記事については記載不要)、A記事名、B新聞名、C発行年月日(朝刊・夕刊の別)、D掲載ページ

【例】藤田祐子、「カンボジアへ算数の教材を」、毎日新聞、2009年10月18日、朝刊12ページ

4.インターネットの場合
@ウェブページの作成者や表題、AページのURL、B内容を確認した年月日(ウェブページの内容は書きかえられる可能性が高いため)

【例】『怪』-KWAI Network--世界妖怪協会公認の妖怪ポータルサイト、「怪ブックス」、http://www.kwai.org/modules/tinyd0/、2009年10月18日確認


これが、一般的な参考文献表の書き方です。
何度もくどいようですが、専門によって書き方は異なりますのでご注意を。
まあ、一般教養科目のレポート課題では、この書き方で減点されることは無いと思います。

「文字数もあってるし、内容も手を抜いてないのに、評価が悪かった。なぜ??」
と思っているアナタ!!
参考文献表の書き方が間違っているのではありませんか?
次からは、参考文献にも注意して書いてください。

つづく……かも

この記事の参考文献

中澤務・森貴史・本村康哲【編】、『知のナヴィゲーター』、くろしお出版、2007年





P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:国文研
読者になる
関西大学 国文学研究部は、毎週月・水・木の
お昼休み(12:10~13:00)を中心に活動中!
本好きが集まる気軽でアットホームな研究部です♪

場所:新誠之館 2F
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント