ダメかも・・・・・・ 

2006年03月27日(月) 17時44分
■1年目の検査
 今日手術をして約1年目の検査だった・・・・・・。
 「気になるものがあります」

 いつもは、細胞診なのに、今日は組織診の検査をした。
 2週間後に結果が分かる。
 だけど、2週間後は予約でいっぱいらしく・・・
 4月13日に、結果を聞きに行くことになった。
 婦人科ではなく、癌クリニックの方だそう。

 担当医が、木曜はそちらにいるからなのだろうけど・・・。
 ぅわぁ・・・
 よけい、気がめいる。

 救いなのは
 「たぶん・・・・炎症だと思うけど・・・」
 という医者の言葉。
 ぜひっ。ぜひっ。
 ただの炎症であるように・・・・

 昨日SEXしちゃったのがイケナイのかなぁ・・・
 4ヶ月ぶりにしたんだよねぇ^^;
 それがイケナカッタだけにしてぇ〜!!
 でも、今までもSEXのあと行って、なんともなかったのに・・・。

 あぁ・・・・不安だぁ。

 誰にも相談する人がいないって。
 さみしいね。
 頼りたい人がいないって
 かなしいね。


 そろそろ、ココは閉鎖します。

 たまたま見に来てくださって、そして時々見に来てくださっている方。
 う〜ん・・・イナイと思うのだけど、
 今までアリガトウございました。
 暗いブログにお越しくださり、ありがとうございました。

 ひつじは、消えます。
 どこかで、またお会いできるといいですね。

疲れちゃった 

2006年03月23日(木) 23時31分
■なぁんか・・・・疲れた
 このブログ、意味ないよねぇ。
 ただ、自分のダークな部分の捌け口として作ったけれど。

 本当は、こういうことは「友達」に相談に乗ってもらったり
 愚痴を聞いてもらったりするものなんだよね・・・

■ニート・ひきこもり
 って言う言葉。
 最近、よくニュースで扱われてるね。
 その人たちは、一切のコミュニケーションをシャットアウトし、
 逃げて、拒んで、逃げて・・・・・・一人でいる。
 自分でシャットアウトしてるのだから
 友達が誰一人いないのは、当たり前。

 でも、あたしはそういうわけではない。

 だけど、一人だ。

■信頼感
 こんなダークなコトを話すには、信頼感が必要だ。
 それを、そこまで築き上げるには・・・・・時間が必要。

 今から、あたしにはこんな「友達」が出来るのだろうか?

■こんなブログ意味ナイ。
 意味ナイ。
 意味ナイ。
 意味ナイ。

 あ〜ぁ。
 バカバカしいや。

 皆の前で、イイ子ちゃんでいるしかないのだろか。
 割り切って、「そんなもんなんだ」って思ったら楽だよね。
 今までどおり。
 見た目どおり。

 「あたしは、みんなに愛され。
 苦労も知らず。
 順風満帆に人生を謳歌してきた。
 愛し愛され幸せな人間。」

 そんな風に、みんなに思われてるから、
 友達いないんだろな。
 「苦労のない人間に、相談することも、されることもない」
 そう思われるんだろな。

 何がイケナイんだろう・・・・・・・・・?

 わからない。
 皆、あたしを「優しい」と言うけれど。
 優しいって何?
 あたし、優しいコトした?
 優しい人間なら、いつもそばにいたいんじゃないのっ?
 仲良くしていたいんじゃないの?

 違うでしょ?

 「バカ」にしてるんだよね。
 幸せバカに見えるから、見てると歯がゆいんだよね?
 だから・・・・・だよね。

 あたしが、相談しても「真剣に受け止めてくれない」のは。
 分かってる。
 そうなんだよ・・・・。

いい加減にして欲しい・・・その4 

2006年03月02日(木) 19時19分
■結局
 あ〜ぁ・・・・もう、彼女に対して書きたくなかったのになぁ・・・。
 話題がありすぎっ。
 しかも、もう、我慢もしたくもナイし。
 だから今日の突然メールの返事 → 私も「思いっきり敬語」にしました。

 「ごめんなさい。
 結局連絡とれず状態だったし。だから申し込むことができませんでした。
 口約束とはいえ、
 それでも、きちんと連絡(チケットについて)をすればヨカッタですね。
 ごめんなさい。」

 ・・・・・・もう2度と、連絡してこないで欲しい。

 PS,このブログ見てイナイだろうけど・・・彼女の講座を受けているAくん。Yくんへ。
  あなたがたは、彼女を信じて受講しているみたいだけれど。
  彼女は、あなた方二人を採用するつもりは全くありませんよ。
  彼女は、嫌っています。
  そこを私がお願いして講座だけでも面倒見て欲しいと言ったのです。
  彼女は、
  「受講代入るし、メンバーもイナイからイイか」
  今年、打つはずだったイベントの打ち合わせでは。
  「二人には、テストだけ受けてもらってそこで落とす。鞄持ちでもしてもらおう」
  これが、彼女の言葉です。
  彼女は、嫌いな人の前でも、いくらでもイイ顔が出来ます。
  確かに、代表に相応しい営業力。そこは、とても認めていました。
  友人としては・・・びっくりな裏表^^;

いい加減にして欲しい・・・その3 

2006年03月02日(木) 18時52分
■胃下垂の原因
 それを私達にあるだなんて、代表が公言してもイイのかしら・・・。
 他にも、端々で書いてあるよね。私たちがストレスの原因と。
 何度注意しても、毎日飲み歩き・早食い・不摂生をしていたのは誰?
 そうそう。
 飲み歩くといえば・・・
 あなたは、私の結婚式の招待状を締切が来ても返事くれなかったよね。
 で、なんて言ったか覚えてる?
 「お金がない。それに今稽古で忙しいし・・・結婚式より二次会の方が楽しそうだから、そっちにしてもいい?」
 このセリフ。まだしっかり覚えてるよ。
 お金がない?
 毎日飲み歩いているのに?
 稽古が忙しい??
 二次会の方が楽しそう???
 私、あなたに友人代表の言葉(出し物)を随分前からお願いしてたよね!?
 しかも、それに対しても渋るから¥5.000のお礼を出すと予め言ってたよね!?
 (普通、お礼は断るもの)
 ・・・結局「お祝儀はイイよ。お祝いに来てくれることこそが嬉しいのだから」
 と伝えると、その1週間後、「お金なんとか工面したから、式も2次会も出るよ
 と、口頭で返事してきた。
 失礼にも程があるよね・・・・。
 で。
 当日、ちゃんとお礼を渡し・・・。
 お祝儀を見ると・・・・「1万」
 いまどき、「友人代表」の言葉にお礼(5千)を出しているのに「1万」なんて人いる?
 1番の親友として、親族の席に入ってもらってるのに???

 彼女のコト何も知らない人がコレを読むと・・・
 「彼女は親友でもないし。第一「友達でもない」」と言いそう・・・^^;
 まさしく・・・・。

 彼女の行動に対して、私は家族にもダンナにもスゴイ言い訳したよ・・・
 「彼女、今借金があって・・・仕事が忙しくて、だから返事が貰えなくて、
 お礼も払ってあげたいの・・・で、お祝儀も・・・1万みたいなの」
 (爆)
 ちなみに、式後の彼女。
 忘年会に忙しく飛び回っていました。
 お金ないんじゃなかったの?

いい加減にして欲しい・・・その2 

2006年03月02日(木) 18時19分
■彼女の公開団体ブログ
 彼女は、今年になってから、どうもお腹の調子が良くなかった。
 たびたび相談を受けていた。
 心配だったから、しょっちゅう心配メールを出していた。
 もしかしたら、大腸ポリープとか胃を悪くしてしまっているのかと思っていた。
 ・・・・で。
 検査結果が出たらしい。
 診断:「胃下垂」
 ここまではイイ。
 そのブログの続きは・・・・

■悲劇のヒロインもいい加減に・・・
 「胃下垂の原因」
 長年の代表の大変さ。
 そして、私が離れたことへの「生きる気力もなえるストレス」と書いてあった。
 公式HPに。

 え?
 確かに、代表であることは大変な思いをするでしょう。
 でも、自分から「代表をやれる人間は私しかいないから、私がやる」
 と言って、人を集めて始めたのでは?
 誰も、あなたを代表にしたいから始めたのではないよ?
 今まで、話し合いをすることもなく、散々ワンマン我侭運営をしていたではないの?
 それで、うまくいかなくなり人が離れて行ったんだよ?
 私にしたって、あなたから受けた「言葉・行動」に随分泣かされたよ?
 今まで、今も、あなたには一言もそのことは言ってない、だから気づいていないのだろうね?
 「寡黙は金」と言うでしょ?
 皆、あなたに何も言わないでいるだけだよ?

いい加減にしてほしい・・・その1 

2006年03月02日(木) 18時02分
■もう書くまいと思っていたけれど・・・
 ある芸術団体の代表さん。
 もう、いい加減にして欲しい。
 今日、突然彼女からメールが来た。
 そう・・・「敬語のメール」

■突然何の連絡かと思いきや
 「以前(昨年10月)頼んでいた公演のチケット、その後どうなりましたか?
 友人から買える事になりましたので、予約がまだならそれはけっこうです。
 もし頼んでしまっているなら、日付を教えてください。
 友人のチケットを買える人を探さないといけませんから」
 ・・・・・・・・・・・え?
 確かに、10月に、「観に行きたいならチケットとるよ」とは言ったけれど。
 (私が、団体を離れる前)
 「まだ来年にあるとしか分からないから、1ヶ月後の詳細を見ないと分からないよ」と伝えたはずっ。
 ほんとに、彼女は人の話を聞いていない!
 いや、それ以前に・・・。
 11月から連絡をしても返事をしてこない「あなた」に、どうやってチケットを取ってあげようなんてことに
 なると思うのですか?
 彼女のコトだから、口約束とはいえ「気になっていたから」なんだろうけれど。
 あれだけ連絡をしても無視していた私に、よく平気でメールできたものだ。
 (実は、平気じゃなくて、意を決っしてのことなのかもだけど)
 それにしても・・・

 その2へ、つづく

Aあたしが3人います 

2006年02月17日(金) 0時46分
■多重人格のなりそこない(笑
 小学生の頃、私は誰にも言えないコトが多くて
 でも、一人では抱えきれないので、自分に向かって話をしていた。
 このブログでも少し書いた 「親の離婚」 「貧乏」 この2つ。
 それから、「父親」 「友人とのこと」 「いじめ」

 先の離婚・貧乏は、今ではよくある話。
 特に、めずらしいコトではない。
 だけれど、この2つは「いじめ」に繋がる。
 その頃、離婚している子供なんて滅多にいなかった。
 私はこの二つは絶対にバレてはイケナイことだと、一切誰にも言わなかった。
 父親・貧乏に関する話題になったら、嘘をつきまくっていた。
 それは、高校生くらいまで続いた。

 あと3つ。
 (このことは、まだ書いていないけれど。いつか書く勇気が、気持ちになったら書きます)
 「父親」 「友人とのこと」 「いじめ」。
 「いじめ」・・・・私は被害者ではない。このことは、「友人とのこと」に繋がり。
 「父親」・・・・・これは、後に、大人になって意味を解する。

 いづれにしても、
 とても人に話せることではなかった。
 だから、自分に自問自答していた。

 そうしていると・・・・・・・
 まず「質問する自分」がいて。
 何が何でも「強い私」がいて。
 「全てを受け止められる私」がいた。

 バカバカしいっ。
 私は何を書いているのだろう。
 一般常識ではない。普通ではない。
 このことは、また、いつか。
 また、いつかに・・・。
 当分・・・・・
 書いてしまえば、楽になるのだろうか?
 認めてしまうことになるのでは?
 そんなのは、哀しい。
 でも、認めてしまえば、楽になるのかも。
 全てを許せるのかも。
 人に、本当に優しくなれるのかもしれない。
 でも、答えを出さなければ・・・・・
 いや、そうじゃない。
 あぁ・・・・・なんて言えばいいのだろう。
 
 誰もが、苦しんでいる。
 自分だけが特別ではない。
 「普通」ー普通こそが、一番の幸せ。
 普通が欲しい。普通こそ特別なものなんだ。
 うらやましい。うらやましい。
 私には、普通が分からない。
 普通が欲しい。普通が欲しい。
 早く、普通になりたい。
 なんて、欲張りだ

 ごめんなさい。
 人を信じられない私がいて、考えがまとまりません。

@私が3人います。 

2006年02月17日(金) 0時09分
■きっと誰もが・・・・
 「私には、私が3人います。」
 私と、彼女と彼女。

■こんな風に書いちゃうと
  この女、何言ってんだ?
  ちょっと考えすぎじゃないの?
 と、思われちゃいそうだなぁ・・・
 でも、皆きっと同じなのではないかと思う。

やはり・・・A 

2006年02月02日(木) 20時15分
■やっぱり
 彼女のことは、もう放っておこう。
 これじゃぁ、私ばかり貧乏くじ。
 私も、このブログで彼女の悪いとこばかり書くのはもう嫌だ。
 大好きだった1番の友達だったのだから。

 忘れよう。
 彼女は、この数年で、変わってしまった。
 そのことを、彼女自身は全く気づいていない。
 自分と同じ趣味を持つものしか、近くに寄らせない。
 それ以外の人達の悪口を言う。
 自分の身体しか、本気で心配しない。
 心配している様子は、ただの社交辞令。
 3日で考え・意見が変わる。
 自分の事に関しては、よく覚えているのに
 関係ないことは、一切忘れる。
 いや、話さえ聞いていない。
 いつも自分が中心で「俺様」な彼女。

 昔は、人一倍心配屋さんで、やさしく
 人の痛みを分かろうとしてくれていた。
 人の嫌がることを、率先して引き受け、そのことをおくびにも出さず
 がんばっていた。
 けなげだった。
 だからこそ、彼女に協力したくなった。

 今の「俺様」の彼女はどうだろう・・・?
 周りの人間を子分の様に従えている。
 その子分たちが、影でなんと言っているか彼女は気づいているのだろうか?
 あなたの前で、微笑んでいる。
 あなたの後で、舌を出している。
 まるで、今のあなたそっくりだ。
 こんな人たちばかり従えて・・・。
 私は、哀しくて仕方がない。
 あなたは、本当に変わってしまった。

■今でも
 あなたから貰ったやさしさは、忘れられない。
 感謝しきれない。
 いつか、会うことがあるのだろうか・・・。

やはり・・・@ 

2006年02月02日(木) 19時45分
■なぜなんだろう
 元旦、突然彼女(代表)からメールが来た。
 正直、ビックリした。
 昨年、あんなに何度も心配メールお手紙を出して、誤解させた部分は謝罪したのに
 それでも無視され続けていたというのに。
 突然、メールが来た。
 「あけましておめでとう ごぶさたしています」
 
■正直
 返答に困った。
 体調がすこぶる悪く返事をする元気もなかったので、年賀状でお返しした。
 「私は、元気にしています」

■その後、彼女のブログにて
 1週間前、彼女が入院しそうなくらい体調が悪かったというコトを知り
 心配メールを出した。(ちょっと長めの文章で)
 ・・・・・・返事がない。
 どういうことだろう?
 今も体調が悪いなら返事は来ないかもしれない。
 でも、彼女はその後も相変わらずブログで毒舌をはいている。

■また無視?
 いい加減にして欲しい。
 自分の都合のイイ時、気まぐれに連絡をしてきたりするくせに。
 今彼女は、昔悪口を言っていた子と仲良くしているらしい。
 その頃私には、一生親交を続けていたいなんて言っていたのに。
■*■プロフィール■*■
■名前:ひつじ■
■性別:女■
■年齢:満31歳■
■特技:ダンス■
■病気:2004に、胸にしこり、子宮に問題が見つかる■
■入院:2005.4.25〜30■
■手術:2005.4.26■
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kokorononikki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる