頭の中色々

December 20 [Wed], 2017, 1:23
いつも色んなことを考えて生きていて、考えすぎてグルグルし始めるので、思考の整理のためにだけの投稿。


今日、ふと考えたこと。
「人の幸せはいかなる場合でも否定してはならない」は正しいのか。
人の趣味を否定したり、人の休日の過ごし方を否定したり、人が生み出したものを否定したり。
否定なんて言葉使うと、そんなことしちゃいけないみたいになるけど、実は多くの人がしてることだなとか思ったり。

例えば、羨ましいと思う感情も、結局はその相手にその羨ましい行動をされたせいで羨ましいというマイナスな感情が生まれるわけだから、その時点で肯定はしてないんじゃないか。とか思ったり。

私の母親は特に私を否定する。そんな気がする。
服を選んで「こんなのどうかな?」ときいて「いいね」って言われた覚えがない。いつも「もっとこんなの着なよ」とか「何でそれなの?」とか。善意で否定する。
私のことを太ってると言うのも母親。
何かするにも小言で否定する。
大学4年の時に言われた「あとちょっとだもんね。お芝居も。」という言葉。私の未来の選択肢を否定した。
「辛いのも仕方ないよね。お金もらってるんだもの。」私の辛さ苦しさを感じることを否定した。


私は幸せでありたい。
私の幸せは私にしか分からない。
だから、否定しないでほしい。勝手に決めつけないでほしい。
でも、否定しないということは己の感情を否定するということにもなる。
母親だって悪意で言ってる訳がない。
母親の中の幸せの感覚を私に押し付けているだけ。
だから、否定しないようにするには、何も言わないでおくしかなくなる。気が付かない間に否定してしまっているのだから。それを無くすには、何も生み出さなければいいだけだから。

でも、それでいいのか?
思いを伝えることを我慢するなんて、人間のすることではない。
人間が人間として生きている意味が無くなる。

結局、このモヤモヤとした感情はどこまでも続く。否定することもされることも含めて生きていかないといけない。
結論的には「人の幸せはいかなる場合でも否定してはならない」は理想として「人の幸せをいかなる時でも否定している可能性はある」が現実っぽい。

だとしたら、それは、仕方のないことだから、羨ましいと思う気持ちも、善意でもって相手を傷つけてしまうことも、ありうることで。そのことにいちいち気を張っていては疲れるだけだ。

相手の気持ちが分からないなら、自分に正直に生きるしかない。
不安も恐怖もトラウマも嫉妬も、全部全部自分であって、押し殺して生きていく必要はやっぱり無い。と思ったり。

でも、身勝手な人間から人は離れていく。
己のことばかり考えている人間は独りになる。

人の中で「自分」として生きていく方法が分からない。正しい甘え方、正しい人付き合い、正しい関係性がいつまでたってもしっくりこない。
周りの人はとても上手に生きている気がするのに。それも羨ましいという感情になる。やっぱり私は生き方が下手だ。


みたいなことを、いつもいつも頭の中で考えて生きてます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイルーン
読者になる
※あくまで個人の意見をつぶやくためのブログです。あたたかく見守ってください。
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像SuzukiのKei
» 桜のお話 (2015年04月03日)
アイコン画像アイルーン
» 桜のお話 (2015年04月03日)
アイコン画像SuzukiのKei
» 桜のお話 (2015年04月01日)
アイコン画像アイルーン
» 汚れた手 (2015年02月04日)
アイコン画像SuzukiのKei
» 汚れた手 (2015年02月04日)
ヤプミー!一覧
読者になる