やっぱり無理…

February 01 [Sun], 2015, 13:25


甘かったです


同居という
どうにも距離を置くことのできない
この環境では


あの母とずっと快適に
生活していける訳がなく


昔の母に対する複雑な思いも
以前ほどではなくなったとは言え
そんな簡単にすべて消え去るものではなく


母に対してイライラし始めると
また積年の思いが
ふつふつと復活しそうになります


母と話すとイライラします


どうしてまともな会話ができないのかな


返って来る言葉が反応が
いつもどこかずれてるんです


まるで小さい子供を相手に話してるみたい


世の中のことを知らないから
人の話の意図を理解できていないから
普通に話しても
ほとんどまともな返答ができない


説明してまで話すのは疲れるし
説明してもわかってない時には
ほんとにため息が出る


やっぱり存在が重いよ


老後のこと何も考えてなかったから
今 年金もほとんどなく
お互いしんどい思いして
同居しないといけないんでしょ?


私は今 自分の子供達が
親離れしていく年齢になってきて
子供達はそれぞれ自分達の人生を
自分で選択して
歩んでいくんだなぁと感じる今日この頃


子供達がこれからの人生
できるだけ好きなように
生きていってほしいと思うし
邪魔をしたくないと思う


母はそんな風に考えなかったのかな


たとえ自分の娘とでも
同居がそんなに楽じゃないことぐらい
同居を始める60歳ぐらいの時点で
どうして知らなかったのか
不思議で仕方ない


妹が結婚したら同居するって
楽しみにしていたような感じだったし


はっきり言ってこんな親 重荷だよ


主人の両親みたいに
ちゃんと自分達で生活できて
世の中をよく知ってて
話をしててもストレスがなくて
時には人生の先輩としてアドバイスしてくれる
そんな頼りになる親が良かった



↓押していただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:くるみ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
私が子供の頃離婚した両親に対する複雑な思い…そんな思いを抱えながら現在実母と同居中です。同居ってたとえ自分の親でも楽じゃない。誰にも言えない気持ちをここで吐き出してすっきりしたい!そんな主婦のブログです。
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/kokoro-note/index1_0.rdf