踏ん張り時!! 

October 26 [Sun], 2008, 3:18
今週中ごろから、彼の体調に変化が見え出してきました。

木曜日は通院日。
片道2時間かかる、彼のかかりつけの病院への道のり。
健康な私には紅葉を見ながら帰りに大好きなラーメンを食べにいける!!
なんて、絶好のデートコースな通院日 (笑)

でも、彼にとっては長い長い道のりなようです。
病院に行く!!ってなると、最近はめっきり具合が悪くなる傾向にあります。。。
今、自分がどういう状態でどういうことに楽しみを覚え、どういうことにストレスを感じ。
朝の気持ち、昼の気持ち、夜の気持ち。。。
色んな彼の気持ちを
彼が先生に相談し、時にはお薬を合わせながらの診療。
血を抜いたからって病名がわかるわけでも
CTスキャンで脳みそに影がでるわけでもない この病気。
本人の様子を見ていただかないとどうにも話しが進まないんだけど

行かなくてはいけない!!
というプレッシャーからか。病院にはもう4ヶ月行けていません。

今回も悪い予感が的中。

病院前日の水曜日。。。

だめだ

と、メール。

どうしたの??の返事に。

最悪、熱あるみたい。全身がだるい。  と。

知恵熱です。

そのまま、通院もすっぽかしまして。今日、日曜日。
下降気味ながらも、どん底までは行かないようになんとか二人で頑張っています。
今日は、私にも会いたくないと言っていたのですが、
なんとか頑張って食事だけは出してきました。

もしかして。。。
私が何もかもしてしまうから彼が甘えてなにもしないのではないか??
とか、考えたこともありました。

休息が1番の薬だとも言われたいます。

結局、私は素人で 先生だからって何が正解なんてないのが この病気だと思いますが。

薬がなくなる前に、必ず変わりに病院に行ってしまう。

ご飯もごみ捨ても、振込みも洗い物も。
何もかもを私はしてしまう。



先生に、私が甘やかしすぎてるのですが??と聞いたことがあります。

答えは『彼は少し、特殊なケースなのかもしれませんね。。。』

でした。


つまり、先生 まだ、はっきり病名をつけかねているのですね。。。
だったらなおさら、今飲んでる薬 意味ないかもじゃん!!

あなたが病院に行かなきゃ始まらないのよ!!

なんて強制できる病気ではないので、
ただひたすら彼が病院に行ける日を待つしかないのです。

このままで良いわけないのに。



対応の仕方に一人悩み

一人泣く。



このパターン飽きてきましたよ。
そろそろポジティブに戻りたいけど
しばらくまだまだ、無理そうです。


お願い!!ハニー。

私に甘えていいから。
一人で頑張ろうとしてプレッシャーにつぶされる あなたを見るくらいなら

私の人生捧げるから。
一緒にやるって決心してよ。

あなたなしの生活なんて考えられない。


あなたは私にとって、大地なんです。



大好きなんです。





ほんとうに

一念発起 

October 11 [Sat], 2008, 15:22
ひさしぶりになってしまいまいした。

夏も終わり、すっかり秋真っ只中です。
彼は夏の間もほとんど室内ですごし、たまに自分を奮い立たせては急にどこかにお茶に行ったりすることもあったのですが、なかなか、体調も安定しないまま10月になってしまいまいした。

彼とであって1年と少しが経ちました。

入院していたときと、実は今。
彼の体調が安定しています。

彼の心から愛するおばあちゃまが、老衰で入院しました。
子供のときから大切に育てていただき、しつけも厳しいおばあちゃまを彼は本当に愛していました。
ドライブに行ったり、一緒にお食事をしたり、お泊りにいったり。
そんなおばあちゃまが食事も出来ず入院していると知った彼は
寝れる場合ではないと一念発起。
なるべく毎日のようにお見舞いに行っています。
毎日、同じことをすることは彼の今の症状からは本当にすごいことです。

今までは短い時間でも毎日行けていた仕事もまったく行かなくなってから10ヶ月。
たまに、職場に顔を出してもほんの1時間程度お仕事するのがやっとな彼。
職場にはもちろん顔を出しづらいことも重なり、どんどん仕事から離れてきてしまっています。
(彼の職場の社長は彼のお父様です)
毎日、行かなくてはいけないところ(仕事)があるのが健康な大人で
それが当たり前のようになっていますが、こういう病気になると行きたくても 体がいうことを利かない。。。
そんなこんなで、毎日の目標がない彼が 今 毎日のように病院に通い
時には泊り込んで付き添いまでしています。

もちろん、今の頑張りすぎが後にひびくかもしれないと、私は心配はしています。

でも、今やらないと一生後悔してそれこそ立ち上がれなくなる。
これをきっかけに体を治すことも出来るかもしれない と、彼は本当に毎日頑張っています。

しばらくは無理させないように、背中を押す役目を
私にしか出来ないこととを思って。

頑張っていかなきゃな^^

久しぶりの復活!! 

August 19 [Tue], 2008, 0:30
先週の土曜日から彼が久しぶりの復活をしています。

1日中寝てもなんだかボーっとするっという生活を1ヶ月ほど続けていた彼。
このところは1ヶ月寝て、1週間ほど安定する感じだったので、今回も油断は出来ないんだけど。
あまりに伸びきった髪の毛がいやになったみたいで、

「美容室に行きたい!!!」

って、言い自分で電話してすぐに予約を取り自分で運転して、美容室まで。
そこでは、今まで切ってもらっていた人とは違ったらしいのですが、
担当してくれたのが男の子で、彼のリクエスト通りの頭にしてくれたようで、とってもご機嫌で帰ってきました。

髪型もすっきりし、おしゃれが大好きな彼は
そのままの勢いで部屋の模様替えもした様子。

今まで何も出来なかったのに、急になんでも出来るようになったみたいな感覚なんだろうな。
何をするにもとってもうれしそう。

ただ、無理をするとまた、疲れがたまっておきれなくなるなんてことも今までの経験からわかってることなので、
なんとかセーブしてくれるように、お願いしたり。本人も気をつけてはいるようです。


落ちてるときは明日も落ちてるだろうなって体で生活してるからそんなに気分の浮き沈みはないみたいなんですが、
元気なときは 明日また落ちてしまったらどうしよう。
もう、あんなに辛いのはいやだ。。。
って、恐怖心を持ちながらの毎日らしく。
また、落ちてしまうなら、いっそあがらない方がいいのではないかと思ってしまったり。

彼は元気でも なお 平穏ではないのだと
話しを聞くたびに心が痛くなります。

でも、私だけでも毎日元気にしていないと、救われないものね

辛い気持ちを持ったとしても彼の前では笑顔で。
ときには、彼に甘えながら。


やっぱり、一緒に歩いて行きたい人なんです。

躁うつ病??? 

August 09 [Sat], 2008, 1:44
先生の診断では 躁うつ病と似た症状と言われてきたのですが、

最近改めて先生とお話してみたところ、やっぱり典型的な躁うつ病の症状とは
似て非なるものではないか。。。と、いうことになってきました。

最近彼は、どうしてもうつの様で、
体がだるい感覚が続き、どうしても家の外に出ることができません。
ここ3回の通院日もすっ飛ばし、私が変わりに薬をいただきに病院にいっています。



ただ、私は家族ではないので変わりに診察室に入ることもなくただただ
お薬をいただくだけで、彼の今の現状を伝えられることもなく。。。


彼のことは、誰よりもわかってるつもりなのに。
家族でないってだけで、なんだか、自分がダメな存在な気がしてしょうがなかったのですが、
今回はなんとか彼の様子を伝えたいと思って
意を決してなんとか診察室に入れていただきました。

初めてあった主治医の先生は、どこの誰とも知らない私に一生懸命
時には例え話を。時には雑談を交えながらわかりやすく説明してくださいました。


先生が今、感じることは。
彼の落ち込みやすいところ。
それは、病気が要因ではないと一概には言えない。。。
という、結論でした。
実は、2008年、新年早々、彼はどうしてもよくならないうつ病を案じ、今まで通っていたクリニックから
今通っている総合病院の精神科に転院し、そして、すぐに1ヶ月ほど入院しました。
この段階で、現在の主治医の先生は病気ではないかもしれない という、疑いも持ちながら
慎重に薬を照らし合わせていきましょう。というスタンスでした。

1ヶ月ほどで、退院し、
入院していた1ヶ月、まるまる元気に過ごした彼はもう治ったものだと思っていたのですが、
退院してから今日まで半年以上で、活動できた日は1ヶ月強くらいしかないという
なんとも不思議な展開なのです。


今回、あまりにも安定しないので、
再び入院したといという意思を伝え、先生にも了解をいただいて
彼の病状が安定したら入院することになりました。

今までとは違う方向を向いて治療していきましょう。


先生の言葉を信じ。
彼が今度こそ、踏ん張ってくれると信じ。



脳みその病気とはいえ
心の病気は本当に難しい。。。



明日は通院日 

August 07 [Thu], 2008, 2:01
最近めっきり暑いですね。

うつの症状などは、季節によって変動があったり天気によって現れたりすることがあるらしいのですが
彼の場合はあまり関係ないようです。

今は、ちょうど三週間くらい落ちている時期にあります。



明日は通院の日ですが、すでに行けないと思っているみたいです。
どんな病気でもそうですが、本人が行かないかぎり、治療することは無理なわけです。。。
他の病気なら家族に抱かれて病院にいく事も可能なのかもしれないけど、
この病気は脳みその病気であり、心が弱っていく病気でもあるので
なかなか無理を強要できないのが現状です。

治って欲しいから病院にいって欲しい
治りたいから   病院にいきたい!!

でもいけないのだといいます。




明日はかわりにお薬を頂だきに。

入院したい!!という彼の気持ちを綴った手紙を持って行ってきます。


家族ではない私にそれを伝える権利はあるのか。。。

家族以上に支えてるつもりだけど。

なかなか難しい問題で。。。
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kokoro-hiyori
読者になる
どしどし絡んでくださいませーー^^
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる