A i t a i

December 06 [Thu], 2012, 0:00




あなたがよかった
例えどんなに傷付いたとしても
どうして私じゃないの?
あの子のもとへ帰らないで

一番に愛さなくていいから
お願い そばにいさせて
抱きしめて 嘘でも
あの子より私を好きだと言って

会いたい会いたい会いたい会えない
私だけを見てほしいよ
こんなにこんなに胸は痛むのに
想いは今もあなたに溢れてく

せっかく会えたのに
冷めた態度 強気なあなた
叶わない恋とわかっていても
追いかけるなんて ねぇバカでしょう?

少しでも問いつめたら
あなたはもう会ってくれなくなるでしょう?
わがままは言えないよ
どうしてもあなたじゃなきゃだめなの

会いたい会いたい会いたい会えない
願うほどに消えちゃいそうで
追えば追うほどに遠くなるばかり
こんなにあなたを想っているのに

たまに優しくして
たまに突き放して
そばにいたい それだけで
待っていられるわ だから
何度傷付いてもいいの
こんなに好きなの

会いたい会いたい会いたい会えない
私だけを見てほしいよ
今もわずかな望み信じてる
いつまでも叶うことない恋心

会いたい会いたい会いたい会えない
ただあなたを求めてるよ
こんなにこんなに好きになるなんて
会いたい 心が壊れるその前に...






音楽番組を観てて、すごくいい曲だなー
って思いました。

何年も何年も、こんな風に想って生活してた。
本当に。
苦しかったな

今は一緒にいれて幸せだな・・て思うけど
またいつかこうなってしまったらどうしよう、という不安はいつもある。



aikoの「二時頃」もヤバいよねぇ・・

(無題)

September 30 [Sun], 2012, 0:00
会社の後輩が結婚することになった

歳の離れた離婚歴のある彼と長い間付き合っていて
煮え切らなくて一度別れて
一年後、よりを戻した

それでもなかなか話は進まず
親にも言い出せず
苦しい思いをしていたと思う

その気持ちがお互い凄く分かって
たまに相談し合ったりしてた

周りが結婚ブームで焦る、とか
どうする、、とか


彼女は仕事が凄く辛くて
今年一杯で辞めるという話を最近聞いた


そんな話をしていた時
お腹に子供がいることが分かったという
彼にしか話してないことを、私に打ち明けてくれた

おめでとう!
きっと神様がうまくいく様に進めてくれたんだね!
何年も言えなかった彼のこと
やっと家の人に打ち明けられてすっきりしたでしょ?
と言うと
涙ぐんだ目でうなずいた


私は
本当に嬉しい気持ちと
うらやましい気持ちと
寂しい気持ちとが
入り交じっている

私にもそんな日が来るのだろうか
女の幸せをつかむ日が来るのだろうか

他人は他人
自分は自分、というけれど
物理的に女の人にはタイムリミットがある


あと3ヵ月

(無題)

May 01 [Tue], 2012, 0:00
電話を待って寝たからか、また怖い夢見ちゃった

「やっぱり一緒にはいられない」って

超ーーリアルーー。。。。



最近は妄想しない様にしてた

勝手に悪い妄想して具合悪くなるのも
バカみたいだし
いつになるか分からない楽しい将来の妄想しても
虚しくなるだけだし

いろいろ考えたって
全て自分の中だけで起こってることに過ぎないでしょう?


期限の無い「頑張る」は
結構 気力体力消耗するんだよ

だから今のことしか考えないの
そしたら少し楽になった


だけど、また歳をとる
いくら若く見えても
30歳を過ぎると妊娠する確率はだんだん低くなるってTVでやってた

私は子供産めるんだろうか


期限決めなきゃいけないのかな

(無題)

October 23 [Sun], 2011, 0:00
今日おじいちゃんが亡くなった。

もう18年会ってない。

いつか、自分の家庭を持って親からも離れたら
心のどこかで会いに行こうって思ってた。
密かな夢だった。

間に合わなくてごめんね。

大好きだったコロも死んじゃった。

ずっと考えない様に生きてた。18年。


大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、お父さんがいる一方
大嫌いなおじいちゃん、おばあちゃん、お父さんがいる。

おじいちゃん、おばあちゃんが居ない時、父親は暴力を振るった。
それでも父親の味方をするおじいちゃんとおばあちゃんは嫌いだった。
他人の家に住んでいる母には、私たち姉妹しか味方はいなかった。

母親がいない所で、悪口を言うおじいちゃんとおばあちゃんが嫌いだった。
「嫁のくせに」「嫁なんだから」
嫁ってなんだろう?
ひとりの人間として扱われないこの言葉が、今でも大っ嫌い。

だからいい子にしてたら、みんな喜んで笑顔でいてくれてると思ってたんだ。
その時は無意識にしてたけど。
だいぶ経ってから無理してた事に気づいて、その時にはもう心は壊れてた。
今も完璧に治らないし、一生うまく付き合っていくしかないと思ってる。
でももう、それはいいんだ。


本当はずっと会いたいと思ってた。
好きだからとか嫌いだからとか、そういうんじゃなく、けじめ?

何かを口にすると涙が出るから、何も話せず家を出て来たあの日。
私がしっかりしなきゃって思って、言いたい事も何も伝えられなかった。

家ではなかった事になってて、昔の生活の事は誰も口にしない。
母親は思い出したくもないだろう。
妹は?分からない。

今自分が会いに行けば、一緒に住んでいる母や妹にも迷惑をかけるだろう。
だから、いつか自分の家庭を持ったら、堂々と会いに行くのがどこかで目標だった。

ごめんね。
ちゃんと会いに行けなくて。

ごめんね。。


最期に、会いたかったです。

サクッ・・

August 10 [Wed], 2011, 2:00
「偶然会った事にして・・」

って、、ちょっと待って。


どうして隠されなきゃいけないの?

私の存在意義ってなんだろう。

どうして惨めにならなきゃいけないの??

心にナイフでサクッと刺された。
また不安がどんどん広がっていく。


前から言ってるけど、もう結構苦しいよ。



わたし、子供産めるのかな。

(無題)

May 28 [Sat], 2011, 1:00
留守電に残された「またその内」の”その内”って言葉が気になる。

病気か

終業式

May 28 [Sat], 2011, 0:00
20年来の友人と会うと
姫野カオルコさんの「終業式」が読みたくなる。


ホント、”人生は出逢いとタイミング”なんだなぁとつくづく思う。
今だったら、もしかして違う道を選んでいたかもしれないけど
あの頃は若くて・・他の選択肢なんて考えられなかった。
でも
その時その選択をしたのは自分なんだし
今は決めた道を進むだけだ。


受付で誕生日プレゼントを渡す彼は、モテるんだろうな〜と思った。
まぁ、たまたま自分の誕生日が近かったし
ただの仲間としてくれたのは決まってるんだけど。
全く着ないジャンルの服を「似合うと思う」とわざと選んできて
「努力してみる」と答えたものの(若干顔が引きつったのはバレてる〜)どうしたものか。
タンスにしまった(…というか家族にあげた?←失礼)なんて絶対言えないわ。
でも次会った時絶対聞かれる〜どうしよ〜

勉強もスポーツもそこそこ出来て、趣味も多くて、有言実行で
強いかと思えば弱い所もあって、何考えてるか分かんないAB型で
・・ってマンガのキャラか!(しかもそれが地という)
エスパーと呼ばれている私でも読めないやつだわ。。


付き合いが長いと内輪でもそれなりに色々あって
若干気まずい所もあって疲れるけど(私だけ?)
「終業式」の様に、色々ありつつもずっと付き合って行けたらいいな。

あせる。

February 15 [Tue], 2011, 1:40
小学校の同級生の仲のいいグループの、内2人から電話があった。
結婚するんだってー
しかも2人とも5月っ!

おめでとう!と言った反面、焦る気持ちが残った。

結婚するのが偉いと思ってるわけじゃない。
けど・・私、勝手に仲間だと思ってたんだ。

置いてかれた感じ。


この前、新聞か何かで読んだ。
30歳を過ぎると、子供が出来る確率もだんだん低くなるんだって。


結婚するもしないも自分で決める事だ。
でも、実際避けて通れないのは年齢や体。
欲しいと思っても出来ないかもしれない。

焦るよ。。


会いたいな。ていうか、一緒にいたいな。

願いはいつも、それだけだよ。


不安倍増なのは、風邪で具合悪い所為もあるのかな。


おやすみなさい。



(無題)

November 01 [Mon], 2010, 0:00
わたし、いつまで待つといいのかな?


期限がないと、もう頑張れない


離れるたび泣かなきゃいけないのは

いい加減もうイヤだよ・・・

タイムリミット

October 16 [Sat], 2010, 0:00
約束の日から6ヵ月






タイムリミットまで



あと2ヵ月




yaplog!広告
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひなた
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
読者になる
大好きな彼と一緒になれるまでの、バランスを取る大切な場所。
ココロの内を綴ります。

※はけ口なので、基本的に暗い話題が多いです
占ってみてね☆
お友達♪
http://yaplog.jp/kokoro-hinata/index1_0.rdf