△ CPについて 

November 23 [Wed], 2005, 11:54
本日発売の△。
昨日、フライングゲットしてきました。
ジャケットどんなかなぁと思ったらあまりにもそのまんまで苦笑でしたよ。
大学帰りにCDショップに行ったらレジに4人ほど並んでいたのですが、
全員手に持っているのは「Triangle」
私を合わせるとその時だけで5人続けて買っていったわけで、
なんだかちょっと恥ずかしかったです。
こうやって見るとやっぱスマファンっていっぱいいるんだなぁ。

で、CP曲。昨日初聴きだったのですが。。

笑顔が絶えない場所で出会えたのなら それを楽園と呼ぼう
(Piece of worldより)
あぁ・・・。私はあなたたちのお陰で楽園を知ってる。

歌詞が、スマさん自身を歌っている気がしました・・・。
でも・・・。
「優しさ」や「頑張る」ことを、使命だなんて思わないで。
自然体のあなたたちの魅力を私たちは知っているんだから。
ちゃんと、力を抜いて、そのままのSMAPでいてほしい。
最近のSMAPさんたちを見ていると、
ほんとに自分たちを大事にしてほしいって思ってしまう。
特に今年のコンサは、”義務”の気配を
感じてしまう瞬間があってとても不安になったから。
崩れる前に、一休みしてね。

だけど、今のSMAPから私が貰っているものは数え切れなくて。
いっぱい露出してほしいと思うのも本心で。
矛盾してるなぁって自分でも思いますが・・・。

うまくまとめられないけど、
歌詞を聴いたらコンサが浮かんできて、なぜだか涙が出てきて。
この曲を聴いて、ほんとにほんとに心から
SMAPに”ありがとう”って思ったのでした。

Triangle発売 

October 27 [Thu], 2005, 13:21
Triangleがシングル発売されるようで・・・。
なんだろう、やっとかぁって感じです。
7月の終わりから、とにかく必死になった曲だったから。
24時間テレビで正式に歌ってくれるまでが一番長く感じた気がするし、
あそこで発表されてからは
絶対にシングル化されるっていう安心感もあったから気長に待てました。
これで、まず紅白はこの曲だろうなぁ。
(ひそかにバンバカが歌ってほしかったんです。
 まぁあれだけ固有名詞の出てくる曲じゃあ難しいのはわかってたけど)

この歌は、とにかく今年のコンサートの中でもすごく印象に強く残ってます。
(きっとスマファンはみんな同じですが.笑)
コンサで発表なんて形、初めてだったし。
7・30は、初めて聞くこの曲に頭の中を「?」でいっぱいにして、
それ以降毎回毎回コンサの度に、歌詞を必死で覚えて、
がんばって一緒に口ずさめるようにしたのも、良い思い出です。

札幌の初日は、ほんとにメンバー全員
この曲をまだ全然歌いこんでなくて。
木村さんなんて歌詞を間違えて
途中吾郎パートの歌詞歌っちゃうし、解らなくなって止まっちゃうし。
しかも、全員かなり音程ヤバくて、
「このはずしっぷりはネタ!?ここは笑う場所なの・・・?」
と本気で周りを見渡したものです(笑)

そんなこの曲を、9/28の東京ドームで聴いたときには、
歌声に本気で感動して、自然と涙が出たのでした。
(私の中では、吾郎さんは9/28が一番上手だったと思います。)
あの歌声は、忘れられません。
あの日は、たった2ヶ月前には聞けたものじゃなかったこの歌に、
今こんなに感動させられてるっていうのが、
時間の流れやコンサートがもう終わってしまう、
今年の夏が終わってしまうって事を感じさせられて、
感慨深かったです。

大阪25日(もしかしたら24日だったかも)で歌った時の、
木村パートでみせた、木村さんの客席へのパフォーマンス
(”後に生まれ、生きる僕ら”の部分で、客席を強く指差したんです)
も、あぁこの歌は私たちへのメッセージソングなんだって
すごく強く感じさせられて、印象に残ってます。

Smap!Smaper!Smapest! 

October 23 [Sun], 2005, 13:27
ちまたで話題()の、
「Smap度」測定、私もやってみました
結果は940点。
やっぱりファンになる前の事は難しいな〜。
けどきっと、あの問題のレベルだったら1000点の人もたくさん
いる気がするし、SMAPファンの平均点はかなり高そうだ・・・。
(っていうか、SMAPファン以外はあんなテストやらない気がするけど(笑))

ちょっとマニアックな問題も含めつつ、
適度な難しさでこういう企画をしてくれた事がうれしい
またこういう企画を、やってほしいなって思いました

1年前。 

October 22 [Sat], 2005, 14:55
スマステを見てたら、東京国際映画祭開幕のニュースが。
もう去年から1年たったのかぁ・・・としみじみしちゃいました。
去年の今頃は、映画関連でドタバタしてたもんなぁ。
東京国際の時は、大学1限だけ出て、友達に嘘ついて2限はサボって新幹線乗って。
(大学の友人にはSMAPファンの事は未だに内緒にしてるので・・・)
ほんとついこないだの事のような気がしてます。

正直去年の今頃って、
時期的には一番吾郎熱が冷めてる時期だったんだけど、
それでも「笑の大学」関連のイベントをちゃんと行っておいてよかった。
絶対に行かなかったら後悔してた
「笑の大学」は本当に大好きな作品なので、
その大好きな映画を、特別な場で観れたことは大事な思い出です。
お台場映画王にしても、東京国際にしても、初日舞台挨拶にしても。
やっぱり、ファンの集まる場だったから、
映画を観ながらの反応も、地元で見るよりも圧倒的に良かったし。
ほんとに、芝居小屋で生でお芝居を見てるみたいに、
客席みんなが大声上げて笑って、拍手までおきて、最後には涙して。
その空間がいかに特別なものだったのかに気付いたのは、
映画が公開されて地元で見るようになった後だったけど・・・。
あの特別な空気を、また味わいたいなぁって、未だに思ってしまいます。

と、ちょっとしみじみモードでした。
スマステ本編は、芸者さんの特集だったけど、
私自身も、日本人でありながら日本文化について知らないことって
多いなぁと、身につまされました。
うん。でも、知らないながらに
ああいう日本独特の文化は、大切にしたいし
やっぱり世界に誇りたいなぁって、思いました。
それに、もっとちゃんと知りたいな。日本のこと。
そういう意味で、スマステっていい番組だなぁって思います。
かっこよかったですもん。
ああいう、芸者さんの自分をきちんと持っている感じが。
触れられていた「さゆり」も、役所さんも出てるし絶対に観たいので、
公開されたら行くつもりです

あたりまえ 

October 11 [Tue], 2005, 0:33
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」を見ました。
ちらちらと流れるスポットや予告映像からも、
その映像の濃さと丁寧さが存分に伝わってきて、
今日の9時には見れると思うと、朝からそわそわしていました
(いや、もう最近はずっと10日をカウントダウンしていましたが・・・)
とにかくずっとず〜っと楽しみにしていたドラマでした。

本編を見てみて。
とにかくひたすら涙が流れました。
事前に原作を読んでいる事もあると思うのですが、
一つ一つのシーンや、このあとに待ち構えている事を想像してしまって、
もうOPの結婚式のシーンから既に泣いていました。

けれど、後半にいくにしたがって、
演技に吸い込まれてしまい、涙の量は減った気がします。
(とはいえ、持っていたフェイスタオルがしっとりするぐらいは泣いていましたが)


本当に良いドラマでした。
あの、出演者の方々の熱演や、演出の素晴らしさを
こんな一言で表してしまうなんて
言葉が足りないにもほどがあるのですが・・・。
でも、本当に良かった。
悲しくて、涙が止まりませんでしたが、
でも、見終わった今、決して嫌な気持ちではありません。
吾郎さんのいう所の、”救いのある話”だったなぁって思います。
このタイミングで、稲垣吾郎が、この役・このドラマとめぐり合えた事が、
ファンとしてすごくうれしいです。

SMAPは必ず来年、また帰ってきます! 

October 01 [Sat], 2005, 0:42
楽しい楽しい62日間が、終わってしまいました。
今回私が参加できたのは

札幌 30日31日
大阪 24日25日
名古屋 19日20日21日
東京 28日29日


最初に考えていたのとはちょっと参加場所は変わったのですが、
でもいいバランスで入れたかなって思ってます。
初日と、「もう一回コール」誕生の瞬間の大阪と、
大盛り上がりだった名古屋中日と、ラスト東京
これが押さえられたから・・・。うん、満足です

まだ帰ってきたばっかりなので印象に強いうちに書いちゃうのですが、
もう特に29日のコンサートは、ほんとに楽しくて、
でも色んな場所で涙腺を刺激されてしまって、
いっぱいいっぱい笑って泣いてきました。
MCでのつよぽんじゃないけど、
ほんと振り返ってみると「楽しかったなぁ・・・」って感じです。
だって、OPの5人勢ぞろいした画面に出た「The Final」の文字で
既に号泣

ちなみに、タイトルはラストの挨拶で中居君がいってくれた言葉です。
慎吾も来年コンサをやることを繰り返し言ってくれて、ほんとにうれしかった。

Wアンコールでのバンバカ終了後、木村さんの
「我々SMAP、初心忘れるべからず!!」
言葉の後に始まったのは、なんと「Can't stop loving」!!
MCの時に吾郎ちゃんがいきなり「Can't stop  ゴロー」とか言い始めたのは
このせいだったのかぁなんて妙に納得しつつも
(さすがネタバレ大好き吾郎さん。笑)
めちゃめちゃ感動してしまいまいた

言霊の力 

September 23 [Fri], 2005, 16:46
今月のTV Japanの吾郎さんのインタビューに
手記に書かれていないだけで
きっと苦しくて一人で泣いたこともあったんじゃないかと思う

って言葉があった。
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」の原作者、井村和清さんに対しての言葉。
これは、私も原作を読んだ時にすごく強く思ったこと。
井村さんは、前向きな気持ちを言葉にすることで、
自分自身への言霊にしている部分もあったんじゃないのかな・・・。
でも、人間はそんなに強い生き物じゃないから。
その裏には、きっと、どうしようもなく辛い時も何回もあったんじゃないかって。
手記を読んでいて、井村さんは無意識のうちに、
明るくいる事を自分に課しているような気が私はしてしまった。
けれど、それを最後まで実行し、
最後の最後まで穏やかな表情でいられたのは
彼自身の人格や、彼を取り巻く周りの環境の素晴らしさだったのかな。
本当にすごい方だと、人間として尊敬しています。

この本を読んでから、本屋に行って気がつくと
ノンフィクションのコーナーに行き、
闘病モノの本を手にとっている自分がいます。
今までは、こういう本って苦手だったのに・・・。
もう今は、1冊の本に籠めた想いの強さを、知ってしまったから。

吾郎さん自身も、多くのことを感じ、考えた事が
インタビューを読んでいて感じられる。
予告の、ほんの数シーンを見るだけで
たくさんの想いが伝わってくる。
  10月10日が、待ち遠しいです・・・

名古屋ドーム4日目 コンサート感想 

September 23 [Fri], 2005, 2:49
SMAP SAMPLE TOUR 21日名古屋ドームに行って来ての感想です。
 21日を楽しまれた方は読まないほうが良いと思います。
 正直、辛口です。
 久しぶりに書いた日記が、こんな内容で自分でもイヤなのですが、
 言葉にしないと自分の気持ちが整理できなさそうだったので書かせていただきます。


何回も見ている大好きなSMAPのコンサートで、生まれて初めて
途中で帰ろうかと本気で思ってしまったコンサートでした。
もう早く終わればいいのに、そう何度も思ってしまいました。
裏スマコン名古屋の時でさえ、こんな気持ちにはなりませんでした。
あの場にいることが耐えられなくて、
コンサート終了後にはむしゃくしゃした気持ちを抱えて、
一緒に入った友人と、散々愚痴りながら帰りました。

前半から、メンバーが全体的にダンスが疲れているように感じました。
声も出ていなくて、かすれてしまう・声が途切れてしまう部分が何箇所もありました。
声量も全体的に落ちていて、スタンドから聞いていても、PAブースがマイク音量を
歌の最中に明らかに上げ下げしていると何度も感じました。
(逆にそのせいで、音が割れる寸前までいっていたような気がします。

コンサート自体は10分押しで始まりました。
その原因は、ステージ裏に本来なら移動する時間になっても、
つよぽんが、衣装も着ていないという準備をしていない状態だったからだそうです。
きっと、そこまでつよぽんは疲れていたんだろうなぁと思います。
メンバー全員、ほんとに限界なんだろうなぁって。

大阪のコンサートの時に、私はアリーナの柵真横(私のすぐ横をトロッコが移動する位置)で
見たのですが、その時目の前、ほんとに1mぐらいの距離で見たメンバーは、
本気で心配になるぐらい疲れてました。
かっこよかったけど、それ以上にげっそりした目の下の隈が、心配でしょうがなかった。
特に中居君と慎吾は、疲れていたように見えました。

かっこいい人 

September 04 [Sun], 2005, 20:27
この一ヶ月半ぐらいの間、
私の生活の大部分を占めていた、サークルの制作が昨日終わった。
自分が将来、出来れば職業にしたいと考えている事の簡易版。

何度も悩んで、泣いて、逃げ出したくなって。
それでもなんとか当日を迎えて。
でも正直、途中で自分の中のモチベーションが少し変わってしまった。
もちろん楽しかった事も得た経験もいっぱいあるんだけど、
けど終わってみて、制作本編だけに限らず精神面も含めて
始まるときに自分が考えていたような
結果は得られなかった。

実際に本番を見て、批判してきた先輩たちに対して、
特に人間に対する評価に対しては、
自分の保身のためではなく友人への誤解をとくために
言い訳したい事も、文句を言いたい事も、山のように残ってる。

でも、本番で完成したものをみて、受け手が感じた事がその作品の全て。
それに対する言い訳や解説なんてなんの役にもたたないのが
メディアっていうジャンルなんだよなぁ。
それを知ったからこそ、歯がゆさを感じてしまう。

私自身は、結構知識を得てから作品に臨みたい人だから、
特に吾郎さんのドラマの時なんかは、
テレビ誌見たり原作読んだりして、
映像には表れていない裏の部分を感じるのが好きだったりする。
でも、ファンでもなければまったく知識を持たずに見るのが普通であって
制作者側もそういう人を対象に作らないといけない。

意外な所につよぽん登場!? 

September 01 [Thu], 2005, 15:31
最近なかなかブログを書く時間がない
絶対余裕ができたら色々まとめてかいてやる〜!
24時間のこととか、コンサのこととか、
書きたいことはいっぱいあるから悔しい

今も大学の授業中なのですが、こっそり書いてる状態です
なのでゆっくりかけないけど、ちょっと書きたいことがあったので手短に・・・。

うちの母親が、昨日のヨン様のファンイベントにいってきたのですが、
埼玉スーパーアリーナの中に入ると
関係者からのお花を置いてあるコーナーがあったらしいんです。
そのお花コーナーの入ってすぐの一番最初の場所に
ぺ・ヨンジュンさんへ 草ナギ剛 という、
が置かれていたらしい・・・。
周りはみんな綺麗な花なのに一本だけでかでかと木が置いてあったので
目立ってたみたいです。
さすがつよぽん・・・(笑)

でもこういうノーチェックな場所で名前を聞けると
なんだかうれしいファン心理でした
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
○プロフィール○
○名前:沙紀○
○職業:大学生○
○好きな食べ物:デザート・肉(笑)○
○好きな芸能人:稲垣吾郎・堺雅人○
○好きなキャラ:ドナルド・デイジー○
○こんな私のブログです。日々起こった事(大学やサークル・バイトなんかが中心かな?)や、SMAPさんや、堺さんや、映画などなど、色んな事を書いていきたいと思っています。よろしくおねがいします○
最新コメント
アイコン画像vinaka
» △ CPについて (2005年12月26日)
アイコン画像b(≧δ≦)d
» △ CPについて (2005年12月14日)
アイコン画像...φ(ー ̄*)
» △ CPについて (2005年12月13日)
アイコン画像ヾ(〃⌒ ー―――⌒)ノ~~
» △ CPについて (2005年12月13日)
アイコン画像ヽ(*^^*)ノ
» △ CPについて (2005年12月12日)
アイコン画像('-'*)
» △ CPについて (2005年12月10日)
アイコン画像=^-^=
» △ CPについて (2005年12月08日)
アイコン画像川*'-')
» △ CPについて (2005年12月04日)
アイコン画像ココ
» 名古屋ドーム4日目 コンサート感想 (2005年09月25日)
http://yaplog.jp/kokoniirukoto/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kokoniirukoto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる