カオル 

2005年11月17日(木) 18時58分
ココロの彼氏カオルは
ココロよりも3歳年下のかわいい男の子。


ココロは今まで、年下とは付き合ったことなかったし
年下と恋愛するなんて思ったことなかった。
はっきり言って年下は恋愛対象外。

でも、カオルは年下と思えないくらいしっかりしていて
前に付き合ってたココロより10歳年上の彼氏と比べて
ちゃんとした恋愛感や責任感を持っている気がする。

ココロよりもたくさん苦労をしていて
テキトーに生きていたココロとは比べ物にならないくらい
何をするにしても1つ1つ慎重に行動する。

カオルには尊敬するところやココロを引き寄せる何かがあったの。
それが何かははっきりとわからないけれど
お気に入りの曲や映画の趣味が同じだと言うだけではないのは確か。


カオルにしてみれば
ココロとの付き合いは年上好きの延長線上だろう。
高校生の頃や20歳の頃に30歳と付き合うくらいだから・・・。

カオルの持っている何か―――
それは今まで年上と付き合いで培ってきた
年上を引き寄せる力のせいなのかもしれない。


このカオルの年上好きというところにココロは悩んだ。
今でも悩んでいるんだけど、この悩みは死ぬまで一生続きそうな気がするよ。

フタマタ? 

2005年11月17日(木) 2時35分
カオルと付き合い始めて1週間
毎日が楽しくて幸せでした。
傍から見ればただのバカップルヽ(´ー`)ノ


そんな中、きちんとしなければいけないことが・・・

将来のない付き合いをしていた彼氏に別れを告げる。

こちらから連絡を取ることができないので連絡を待ち、会うことになりました。
彼氏、マサのことは嫌いになった訳ではないけれど
マックよりもすごく好きな人と出会ってしまったので別れてください
ときちんと告げました。
とりあえず、最後においしいごはんを食べようということになり
オサレな店でお食事しました

お食事だけだと思っていたのに・・・
マサにとっては私とHをすることまでがお食事だったようで
お酒と、情と、私の優柔不断のせいで、
流されるままHをしてしまいました。
最後だからなのか今までより激しく攻められてしまい、
私もそれを受け入れてしまいました。

そしてココロの中に残ったのは、カオルへの罪悪感だけでした。
私ってバカ女
一番自分が嫌なことをしてしまいました。

カオルとの初デート 

2005年11月16日(水) 2時38分
私はあまり音楽を聴かないので
「どんな音楽が好き?」と聞かれると実に困ります。
その質問が、カオルから私に向けられました。
その時、集めていたお気に入りの曲があったのでそのことを話したら

なんて偶然! これは奇跡! 絶対に彼は運命の人!
と、思えるカオルの反応が!
そのお気に入りの曲をカオルも集めているなんて!
特に流行していた訳じゃないし、数ある名曲の中からこの曲を選ぶだなんて!

その話で盛り上がり、映画の趣味までぴったりだったので
私たちはデートの約束をしました。
とりあえず映画を観ようということにして・・・



デート当日、
私のお気に入りのカフェに行って、映画を観て、ごはんを食べて。
元カレとはそんなデートができる関係ではなかったから、
久々の太陽の下での楽しいデートは最高でした

音楽の趣味も、映画の趣味も、食事の趣味もすべてがぴったり!
もしかして合わせてるのでは?と思うほどぴったりです。
運命論を信じる私にとってカオルほど私の運命の人はいません。

ごはんを食べ終わった後、カオルと手を繋ぎ公園を散歩して
帰りの車の中で、何も言わず見つめあってキスをしました。
こんな始まりもあるのだと思いながら・・・。
元カレに対しするものではなく、カオルに対する罪悪感の中でのキス。
そんなキスで私は見る見る内にカオルと恋に落ちました。
「付き合おう!」という言葉のないままキスをきっかけに
今もカオルと付き合っています。

あの人との出会い 

2005年11月15日(火) 1時48分
あの人とはココロの彼氏カオル

私とカオルの会社は同じビルにあり、そこで私たちは出会いました。
最初はカオルの名前すら知らなかったし
時々廊下ですれ違うときに挨拶をするくらいの仲でした。

カオルと出会って2年ほど経って
私は妙にカオルのことが気になり始めました。
その時、私には彼氏がいたので
なんだか変な気持ちでした。

その彼氏とは特に別れるとか、私が浮気をするとかでもなく
カオルのことが気になりながらも時は過ぎていきました。




カオルと付き合う前の彼氏、元カレとは不倫の関係でした。

私のほうが元カレを好きになって付き合い始め、
束縛されるのが嫌いな私にはちょうどいい関係でした。
会いたい時に会って、Hをしたい時に会うそんな元カレ。

元カレの薬指の指輪なんて気にならなかったし、
ドライブに行くときのチャイルドシートにはひいたけど、
私には罪悪感や嫉妬心なんて1ミリもありませんでした。
ただ好きだから付き合っているという心地いい感じ。




そんな日々の中、カオルとデートの約束をしました。

彼氏はいたけれどこのデートは浮気という感覚ではないなぁ。
なんというか、元カレとの関係は心地良かったものの
もともと付き合っているのか
カラダだけの関係なのかという悩みもありましたので。

そんな中、私はカオルとデートの約束をしました。
運命の曲に導かれて
そう、あの曲に・・・

ヒトリゴトを連ねていく 

2005年11月14日(月) 23時15分


今日からココロの中にあることを
ココロとあの人のことを
こころのこれまでのこと、これからのことを
長々と書いちゃいます
P R
http://yaplog.jp/kokolove/index1_0.rdf
゚・*:.。.ココロのプロフィール.。.:*・゜
☆なまえ☆ココロ
☆しゅみ☆おそうじ
☆とくぎ☆あむあむ
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kokolove
読者になる
Yapme!一覧
読者になる