バスケットボールの指導者と選手との違いを痛感しているならこれ

November 05 [Thu], 2015, 21:50
高校バスケットボールの顧問や監督として指導を始めた時に、
指導初心者が必ずぶつかる壁があるんです。

それが、指導者と選手とはぜんぜん違うっていうことですね。

顧問や監督になったあなたは、あなた自身がバスケットボールの
選手として活躍した経験があると思います。

選手として活躍していた実績を買われて、
顧問や監督になったんですよね。

でも、実際に指導を始めてみると、
選手として活躍するのと、指導者として活躍するのは
全然違っていることに気がついているはず。


そして、毎日試行錯誤の連続で、選手たちの力を
充分に伸ばしてあげられないことに
歯がゆさを感じていると思います。

指導者として活躍するためには、
指導者としての経験と実績が不可欠です。

でも、指導を始めたばかりのあなたにとっては、
どちらも手に入れるのが難しいものですよね。

そんな時に指導歴が長くて、実績も充分な監督の
指導方法がとっても参考になるし、
あなたにとって必要な知識になるんです。


名将と言われる指導者の指導方法、練習方法は
普通は公開されていません。

でも特別に公開されて、DVD化されている
名将の練習方法があるんです。

それが延岡学園高等学校バスケットボール部の
監督である北郷純一郎監督の練習方法をまとめたDVDです。


延岡学園高等学校バスケットボール部は、
2011年にインターハイ・国体・ウィンターカップを全て制して
高校3冠を達成した強豪校です。

そして、北郷純一郎監督は指導歴40年以上のまさに名将です。


名将北郷純一郎監督の練習方法は、ただ厳しいだけでないし、
練習時間が長いわけでもないんです。

練習場所も練習時間も充分に取れないチームでも
全国優勝が現実のものとなる練習方法は、
歴史が浅かったり、経験者が少ないチームにも参考になりますよ。


延岡学園高等学校バスケットボール部北郷純一郎監督の
練習方法を「三冠達成への練習ドリル」として
とっても分かりやすくまとめたDVDになっています。

詳しくは下の画像をクリックして、
内容をチェックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓↓↓



「三冠達成への練習ドリル」
〜延岡学園高等学校 バスケットボール部のチャレンジ〜