高血圧の基礎知識 

May 12 [Wed], 2010, 17:00
高血圧とは、安静時の最大血圧値が140mmHg以上、もしくは最小血圧値が90mmHg以上になる病気のことです。
高血圧とは?


高血圧は、最大血圧値が140mmHg以上、最小血圧値が90mmHg以上になることをさし、一般的に最大血圧値が問題視されますが、最小血圧値の場合も気をつける必要があります。
数値で見る高血圧


人には、1日約10万回の血圧があります。朝起きてから夜寝るまでの間、この血圧は一定であるわけではありません。
24時間高血圧ということもない


高血圧と血管の関係とはどのようなものなのか、一般的にはわかりにくいのではないでしょうか。
高血圧と血管の関係


高血圧になりやすい人とは、どういった方々なのでしょうか。基本的に、年齢を重ねるごとに、リスクは高まっていきます。また、遺伝などで元々危険因子をDNAに含んでいる方もいます。
高血圧になりやすい人


高血圧になりやすい生活習慣があります。元々、遺伝などによって、高血圧になりやすい方もいらっしゃいますが、多くは生活習慣の乱れが高血圧を引き起こしています。
高血圧になりやすい生活習慣


高血圧の分類とは、正常値から異常値にかけてのリスクの分類となります。成人におけるものは、以下のように分類されています。
高血圧の分類


高血圧とメタボリックシンドロームには、密接な関係があります。そもそもメタボリックシンドロームとは、脂肪が内臓に溜まることで、様々な臓器に様々な疾患をもたらす生活習慣病の一種です。
「メタボ」にも含まれる高血圧


血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す圧力のことをいい、高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態のことです。
高血圧のチェック


高血圧は、生活習慣病のひとつとされており、高血圧状態が長く続くと、本来弾力性のある血管の壁は、厚く狭く、硬くなります。
高血圧と血糖値


高血圧はほっておくと脳卒中、心筋梗塞などの合併症を引き起こします。
合併症を発症する前に、正しい知識を持って予防しましょう。
知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜

高血圧の合併症の基礎知識 

May 12 [Wed], 2010, 17:00
毎日血圧を測定していれば別ですが、高血圧は比較的気づきにくい病気です。自覚症状がないことが多く、なんらかの体調の不調があるために医師の診断を受け、それではじめて血圧が高いことに気づくのです。
高血圧が招く合併症


高血圧の合併症には、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などがあげられます。これらの病気は高血圧によって引き起こされた動脈硬化が原因で発症します。
高血圧の合併症を呼ぶ動脈硬化


高血圧が原因で起こる合併症は、どのような部位に生じるのでしょうか。代表的な部位は脳、心臓、腎臓です。その他であれば血管や眼などが挙げられます。
高血圧の合併症が生じる部位


日本人の死因で一番多いのは癌ですが、2番目に多いのは心疾患で、その次は脳血管疾患です。一番多い癌をのぞくと、高血圧の合併症に関係する2つが入っているのです。
高血圧の合併症は日本人に起こりやすい?


初期の高血圧には、自覚症状がありません。そのため知らず知らずのうちに、血圧があがっていたということがほとんどです。日々高血圧が進み、動脈硬化が進んでいくのです。
高血圧の合併症と生命の危険

脳に関する高血圧の合併症 

May 12 [Wed], 2010, 17:00
日本人の死因の上位を占めているのが脳卒中です。これには脳梗塞と脳出血、くも膜下出血などの種類がありますが、いずれも大きな原因となっているのが高血圧なのです。
高血圧は脳卒中の最大の原因


脳梗塞は、脳に血液を送る血管に血栓ができたり、なんらかの理由で血液の流れが滞ったために脳細胞が壊死を起こす病気です。
高血圧の合併症としての脳梗塞


高血圧からは、さまざまな合併症が起こります。この中で命に関わる症状として知られているものに脳梗塞があります。
高血圧の合併症としてのラクナ梗塞


高血圧によりおこる合併症は多岐にわたります。そのなかで命に危険のある重大なものは脳梗塞でしょう。脳梗塞はいくつかの種類に分けることができます。
高血圧の合併症としてのアテローム血栓性梗塞


脳塞栓は脳梗塞の一種です。脳梗塞には、脳血栓と脳塞栓があり、脳血栓は、脳の中でできた血栓が脳の血流を阻害して障害がおこります。
高血圧の合併症としての脳塞栓


高血圧の合併症としての脳出血は多く、脳出血の原因の内70%が高血圧によるものです。脳出血とは、脳の中に出血を起こす病気です。
高血圧の合併症としての脳出血


高血圧の合併症としてのくも膜下出血があります。脳動脈瘤の破裂は、くも膜下出血の原因の大部分を占め、その割合は80%にものぼります。
高血圧の合併症としてのくも膜下出血

腎臓に関する高血圧の合併症 

May 12 [Wed], 2010, 17:00
高血圧と腎臓病の良くない関係とは、腎臓の機能のひとつで、ホルモンを分泌する事で、血圧をコントロールする事が出来るのですが、この機能が誤作動してしまい、悪循環と成る場合があります。
高血圧と腎臓病の良くない関係


高血圧は自覚症状がないため、健康診断や他の病気のために医師の診察をうけて分かることが多いようです。
高血圧の合併症としての蛋白尿


腎臓の働きが低下している又は蛋白尿が3ヶ月以上続く状態を慢性腎臓病といいます。原因はさまざまですが、そのひとつに高血圧があるということです。
高血圧の合併症としての慢性腎臓病


高血圧は自覚症状が出ないことが多いので、分からずに放置していることがあり、健康診断などで見つかることが多くあります。
高血圧の合併症としての腎不全


高血圧は、多くの臓器に障害をもたらします。本人は、なかなか気付かないものですが、自覚症状がでたときには、すでに合併症が進行していることが多いので、放置することは望ましくありません。
高血圧の合併症としての腎障害・腎硬化症

心臓に関する高血圧の合併症 

May 12 [Wed], 2010, 17:00
高血圧が心疾患につながる理由とは、血圧が高くなることにより、心臓への負担が増えることです。
高血圧が心疾患につながる理由


高血圧の合併症としての心肥大は、なぜ起こるのでしょう。心臓の役割は、心臓が伸び縮みすることによって、体中に血液を送ることですが、高血圧になると、心臓が血液を送り出すときに負荷がかかります。
高血圧の合併症としての心肥大


高血圧の合併症としての心不全とは、左心不全が多く、また拡張不全の場合がほとんどです。心不全を大きく分けた場合、異常があるのは心臓の左側なのか、右側なのかによって、左心不全、右心不全に分けることができます。
高血圧の合併症としての心不全


高血圧の合併症としての狭心症は、心臓に必要な栄養や酸素などが、冠動脈の血流が悪くなることなどで、足りなくなり発症してしまう虚血性心疾患のひとつです。
高血圧の合併症としての狭心症


高血圧の合併症としての心筋梗塞は、心臓に必要な酸素や栄養が足りなくなることで、心臓の筋肉細胞が壊死してしまう病気です。
高血圧の合併症としての心筋梗塞

さまざまな高血圧の合併症 

May 12 [Wed], 2010, 16:59
糖尿病は、インスリンが分泌されなかったり、機能しなくなることにより血糖値が高くなる病気です。
高血圧の合併症としての糖尿病


高血圧は、眼底出血という目の症状を引き起こす場合もあります。眼底出血という病名はありませんが、目の奥に出血するもので、出血した部分での視力の低下や目の霞み、蚊みたいな小さな物が飛んで見える飛蚊症などが症状として現れます。
高血圧の合併症としての眼底出血


高血圧は、動脈硬化にも深くかかわっています。血圧は、血液が心臓から送り出されたときに発する血液の圧力で、一般的に動脈の内壁を押す圧力のことを指します。
高血圧の合併症としての大動脈瘤


高血圧は、いろいろな合併症を引き起こします。臓器や脳に起こるものもありますが、中には末梢動脈疾患というのもあります。
高血圧の合併症としての末梢動脈疾患

高血圧の対策 

May 12 [Wed], 2010, 16:59
高血圧は、生活習慣病とのかかわりが深いことから、検査はまず問診から行います。これらの質問に対する回答は、今後の治療の計画に関わることなので、偽りなく答えましょう。
高血圧の検査


高血圧は、初期の頃は、ほとんど自覚症状がないので、発見が遅れることがあります。放置しておくと、いろいろな合併症を引き起こす原因となりますので、定期的に健診は受けたほうがよいでしょう。
高血圧の病状に応じた治療


高血圧は、さまざまな合併症をもたらします。すでに合併症にある人は、どのような治療をすればよいのでしょうか。
高血圧の合併症がある場合の治療


高血圧の治療薬は、血圧がなんらかの原因で一定の範囲を外れた場合に使用されます。一定の範囲とは、収縮期血圧が100〜140Mmhg未満であり、拡張期血圧が60〜90Mmhg未満の範囲です。
高血圧治療の薬


高血圧の人は、年齢が増すにつれ増加傾向にあります。30代の男女は4割〜5割が、高血圧患者であり、70代になるとその割合が、男女ともに55%以上になります。
年齢による高血圧治療の注意点


食塩を取りすぎると血圧を上げることは、今までのたくさんの研究で分かってきた事です。しかし食塩の摂取による高血圧は個人差があり、食塩を多く摂取しても、高血圧にならない人もいます。
塩分を抑えて高血圧を防ぐ


内臓肥満は、高血圧と深いかかわりがあります。肥満体形の人は、体重を減らす必要があります。肥満だと高血圧になるだけでなく、心臓や血管の病気の原因にもなります。
規則正しい生活で高血圧を防ぐ


現代の日本は、高血圧の方が増える傾向にあります。それは、欧米化が進み、食の変化が大きく関係しているからです。では、高血圧を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。
カリウムで高血圧を防ぐ


血圧を下げるには、食生活を気をつける以外にも有酸素運動が効果的です。しかし激しい運動は、逆に運動中に血圧が上がるので危険です。
運動で高血圧を防ぐ

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koketsuatsu184
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる