【 更新情報 】

スポンサード リンク

苔玉の手入れと対処法

苔玉は盆栽や観葉植物として思う存分に癒される為にあるというのが世の流れですが、
その作り方以上に育て方(管理方法)を覚えるのもおろそかにしてはいけません。
また、苔玉の手入れをしっかり行って大事に育てていたけれど、
想像以上に成長してしまい、どうしたらいいのか困っている人はいませんか?

前項の苔玉の育て方と管理方法をおさらいしつつ、注意点を補足していきましょう。

まず、苔玉の手入れ方法の基本に関しては以前もご説明したとおり、
水やりを1日に1、2回ほど行ってあげることと、置き場所にも注意します。

ここまでは苔玉の手入れの仕方として基本方法になるわけですが、
手入れの良し悪しに関わらず、苔玉に寄せ植えした観葉植物の根が伸びすぎて、
苔玉からはみ出しそうになる時もあり、これを初めて見ると結構焦ります。

でも、その場合でしたら、おそらくは安心してもらっても大丈夫です。
苔玉に植えた根は放っておいても、小さなボールの土の範囲内で成長が止まります。
むしろ、下手に苔玉を大きくしようとしたりすると逆効果だったりするのです。

また、苔玉にカビが生えてしまったという場合は、まずは水やりを控えて、
玉が乾燥してきたら、食用の酢を軽く数滴ティッシュペーパーに含ませ、
そのティッシュでカビを綺麗に拭い取り、水遣りは控えつつ様子を見ましょう。

苔玉の手入れは水やりが基本であるものの、水のあげ過ぎや周囲の環境などで
状態が悪くなってしまうこともしばしばあります。

ポイントは、苔玉を乾燥させつつ適度なタイミングで適量の水分をあげること。
普通の観葉植物の手入れより気を遣いますが、しっかり可愛がってあげましょう。

もしも、お手入れを失敗するのが心配だという場合は、
まずはこちらに目を通しておくと安心ですよ。

⇒苔玉の入門書で失敗しない育て方を習得する>>


▲苔玉の手入れ方法教室のトップページへ

苔玉の育て方と管理上の注意

苔玉の作り方に沿って、自分だけのお気に入りは無事に完成しましたか?
せっかく丹精込めて作ったのだから、この先も大事に飾っていきたいものですよね。
苔玉の育て方と管理方法を覚えれば、アナタの作品をより長持ちさせることができます。

苔玉も寄せ植えした植物同様に生きていますから、手入れが行き届いていないと
カビやウィルスなどにやられて、すぐにダメになってしまうのです。
また、過剰に世話をすると苔玉が成長し過ぎてしまう可能性だってあります。

ともあれ、苔玉の手入れの基本となる水やりの方法ぐらいは覚えておきましょう。

苔玉の育て方の基本である水遣りは1日に1〜2回が目安です。
霧吹きなどを噴いて、全体がしっとりとした状態を保つようにしましょう。
事前に水を張った器などに苔玉を5分くらいつけてあげると尚良しです。

さらに、置き場所にこだわるのも重要なポイントですね。

苔玉を置く場所は屋外でも室内でもどちらでも良いのですが、
あまりにも直射日光がキツく当たる所や寒い場所は苦手なので、そこは要注意。

また、風通しが悪く高温になりやすい所や湿気が多すぎる場所も好ましくありません。

苔玉の育て方は少々面倒で気を遣う所も多いですが、人やペットの世話をするのと同様、
しっかりした手入れができれば、より深い愛着を持つことが出来ると思います。
どうぞ愛情をたっぷりと注いで、その分だけ苔玉に癒されましょう。

より詳細な苔玉の育て方について知りたい場合はこちらを参照。

⇒オススメの苔玉専門書をご紹介しております>>


▲苔玉の手入れ方法教室のトップページへ

苔玉の作り方 基本編

ミニ盆栽である苔玉は癒しをもたらす鉢として、とても広い世代に親しまれています。
観葉植物や小さな梅の木など、お気に入りの植物を寄せ植えするだけで出来上がる手軽さと
苔玉の飾りにこだわったりできるなど、独自の楽しみ方ができるのも人気の秘密でしょう。
そんな苔玉の作り方の基本を、ここでは解説していきますよ。

まずは苔玉の材料をお好みに合わせて、必要な分だけ揃えておきましょう。

苔玉の作り方は、盆栽の植木鉢部分に当たるケト土を覆う苔の表裏に予め、
霧吹きで水を噴いて湿らせておき、その後に土を丸くこねていく作業から始めます。

ケト土にゴミや枝などの余分なものがあったら取り除き、耳たぶ位の硬さに調節しましょう。
土を丸め終ったら、植物を植え込む上面部を予めへこませておきます。

そして、苔玉に寄せ植えする植物を植え込んで形を整えます。

苔玉を綺麗に作るコツは、完成予定の大きさよりも若干小さめに土を丸めるのがポイント。
また、基本はボール状にするのですが、必ずしもその概念にとらわれる必要はありません。
自分の個性に合わせた苔玉に仕上げるというのも面白いでしょう。

最後は植木鉢となる土に苔を貼っていく作業に移りましょう。
苔は使う種類にもよりますが、普通は貼り付けてもすぐに剥がれてしまいます。
なので、必要材料として準備していた糸を使い、苔を固定していってください。
苔玉全体にX字を描くような感じで、まんべんなく糸を巻いていけば完成です!

以上が苔玉の作り方の基本となります。
一つ一つの作業を優しく丁寧に行えば、さほど面倒ではありません。
あとは完成した苔玉をオシャレに飾り付けてあげましょう。

もっと作成法にこだわりたい場合はこちらもチェック。

⇒知識とスキルを高める苔玉の専門書をご紹介します>>


▲苔玉の手入れ方法教室のトップページへ

苔玉の材料を揃えましょう

苔玉を手作りで自作する方法をここでは解説していきましょう。
勿論、自分で材料を探すのが面倒なら、通販キットを利用しても問題ありません。
では、苔玉の作り方を説明する前に、材料の用意と確認をします。

苔玉の材料で必要なのは、「ケト土」と呼ばれる粘り気のある土です。
ケト土とは、湿地帯に生える植物が長い間を経て堆積してできた用土の事を指し、
苔玉に寄せ植えする盆栽のベース部分として必要不可欠になってきます。

また、ケト土以外にも小粒な赤土や山野草の土なども少しだけ用意しましょう。
いずれもホームセンターなどで販売されているので、簡単に入手可能なハズです。

次に苔玉のメインである苔と、それを縛って固定するための糸を用意します。
苔には色々な種類がありますが、身近に生えているものでも全く構いません。

自分だけのおしゃれな苔玉のイメージにあった苔を見つけるのも楽しいものですよ。
尚、苔玉の固定に使う糸はテグスか木綿糸などでOK。

後は寄せ植えする植物を用意すれば準備完了です。
苔玉に観葉植物や小さい樹木などを寄せ植えして盆栽にしたりと、
おしゃれなインテリアとして楽しめるよう、自分のお気に入りの物を選んでください。

なお、材料を別々に揃えるのが手間だという方には、こういったものがオススメ。

⇒必要素材が同梱済みの苔玉制作キットで詳細をチェック>>

では、苔玉の材料が全て揃ったら、いよいよ苔玉作りの本番に挑戦です!


▲苔玉の手入れ方法教室のトップページへ

苔玉で盆栽に癒し要素を

苔玉とは主に植物等の根の部分を湿った粘り気のある土、いわゆる用土を使って
ボール状に包み込み、土の表面に苔を貼り付けて糸で巻いた植木玉の事を指します。
上手く出来た玉は大変美しく、観葉植物的なインテリアとして人気が高いですよね。
その為、苔玉は盆栽に癒し要素をより添えるために作られることもよくあるようです。

見ていると思わず心が和んでくる…そんな魅力が苔玉にはあります。
昨今では若い世代の方もその形に心癒されると、興味を持つ人が増えてきていますね。

苔玉は通販などで今は手軽に購入することもできますし、その種類も豊富にあります。
勿論、苔玉を手作りで材料から全て用意して自作する事も可能です。

特に通販の苔玉は作り方の他に、その後の手入れや育て方が
詳しく載ったものもありますから、初心者の方はそちらから試すのがお勧めですね。

しかし、苔玉といえども盆栽と同様、こまめな手入れが必要になってきます。
苔玉は植物を扱ったものなので、お手入れは当然といえば当然ですよね。

では、その具体的な方法とはどうやればよいのでしょうか?
苔玉の手入れの仕方も含め、ここでその基本を一から学んでいきましょう。

⇒まずは初心者向けの苔玉作成セットについて見てみる>>


▲苔玉の手入れ方法教室のトップページへ