校正をしてもらう

March 04 [Wed], 2009, 16:40
自費出版する際に、大切になってくるのが校正です。
商業出版は出版社がやってくれますが自費出版の場合は個人でやります。

書店に並んでいる本のほとんどが誤字・脱字はもちろんありません。
さらに統一性のある文章になっています。
しかしながら自費出版をする人達は素人がほとんどです。
最近ではパソコンを使うようになり、文章を書く中で変換ミスなどが増えてきています。
また漢字を多用しすぎて読みにくかったり、漢字に変換されていなかったりして読みにくい文章ができてしまうのです。
他にも算用数字と漢数字が混ざると統一性がなくなってしまいます。
本にした際に読みにくくないか確認する作業として校正を行う必要があります。

校正作業はとても大変な作業なので、個人でやるのには限界があります。
自分が書いた文章を自分で読んでもなかなか違和感を見つけることができません。
やはり出版社の方にチェックしてもらうのがいいでしょう。
何度でも無料で校正してくれる出版社もありますが、中には出版社によって校正をしてくれない所や有料のところがあります。
1回だけは無料で2回目からは有料など、出版社によって様々です。
無料の方がいいですが、そういう出版社は他の部分の費用が高いことがあるのでよくチェックしましょう。
校正は自分でやって下さいという出版社は避けた方がいいでしょう。校正が本の出来栄えを左右するのです。
校正の料金も含めて自費出版にどれくらいかかるかを検討するのがいいと思います。

ライティングとは

March 04 [Wed], 2009, 16:39
本を書く人にとって大切なのがライティング能力です。
個人で出版する場合でも、読み手にどれだけ自分の気持ちを伝えることができるかが大切になってきます。
相手に伝わる文章の方が多くの人に手にとってもらえる本になることは間違いありません。

自費出版をしたいという人向けにライティング講座を設けている会社があります。
本を書いた事のない人にとっては、何から書き始めたらいいのか分からないという人も多いのです。
まずはテーマを決めて、テーマに沿って項目を考えます。そしてどのような構成にするのか考えるのです。
いきなり文章を書き始めてしまうと、作文のような文章が出来上がってしまうので注意しましょう。

また、本を出したけど文章がうまく書けないという人にお勧めなのがライティングサービスです。
こんな本の内容にしたいと言うことを伝えると、それを文章にしてくれるのです。
自費出版はしたいけれど、文章に自信がない人にはお勧めです。
自分がどのような本を書きたいと思っているかというのをきちんと伝える必要があります。
あくまでも自分の本なのでまかせっきりというわけにはいきません。
相談しながら一緒に本を作っていくのです。
出来上がった文章が自分の考えていたものと同じか確認する必要もあります。
もちろん、ライティングをお願いすれば別途費用がかかることは言うまでもありません。
ただ個人で書く方が費用の負担も少なくなり、自費出版としての記念にもなると思います。

無駄を省く

March 04 [Wed], 2009, 16:38
自費出版の中でも、一番大切になってくるのが費用の問題です。
自分の希望にかなった本を出版したいが個人で負担できる予算があるため思い通りの本が出版できないという人もいます。
全てを出版社に任せると、費用はかさむ一方です。
自分でできることは自分でやって、負担を軽くしましょう。

まずは原稿です。
原稿は極力完璧な状態にすることです。すぐに印刷できるという状態ぐらいにするのがベストです。
誤字・脱字はもちろん、文章の校正を確認しましょう。修正や加筆が多いと費用がかさみます。
また数字の統一や日時の統一にも気をつけましょう。
表記の統一のミスは一番多いのです。読み直してもなかなか気づかない場合があるため、専門家に依頼する人も多いです。
しかし依頼すればそれなりの費用が必要となってくるので、できれば節約したいですね。
原稿を入稿する際に、手書きでも大丈夫という出版社も多いですができれば文章作成ソフトを使って文字入力をしましょう。
手書きの場合だと、文字入力代が必要となってきます。
同様に写真などもデジタルデータにする方が個人の負担が少なくて済みます。
最近ではデジカメを持っている人が増えたので、デジタルデータとしても送りやすくなっています。
いかに出版社側での作業を減らすことができるかが、費用を少なくするかにつながります。
出版費用を抑えるには、様々な点で妥協すれば安くできますが、それ以外にも個人でできることはやるということが大切です。
速読の魅力

費用を抑えるために

March 04 [Wed], 2009, 16:38
自費出版をするにあたって、記念に残る一冊にしたいが予算が厳しいという人も多いと思います。
無駄な費用は抑えても、それでも予算オーバーしてしまうということもあります。
予算内に収めるためには何か妥協するしかないのです。
本を作るにあたって、節約できる部分を紹介します。
自分の本に必要なものかどうか考えてみるのもいいかもしれません。

まずは写真や図版を減らすことです。写真や図版の数で費用が変化していきます。
たくさん入れすぎるとかなりの費用を負担しなければならなくなります。
次に妥協できる点はハードカバーではなくソフトカバーにするという点です。
ソフトカバーにするだけで、8万円程節約できる場合があります。
さらに表紙にカバーをつけなければさらに安く作ることができます。
表紙のデザインは多くの人がデザイナーに依頼していますが、個人でデザインを決めていればデザイン料を節約できます。

またカラー印刷は避けるようにしましょう。
昔に比べてカラー印刷はかなりやすくなりましたが、単色の場合よりも4色刷りであれば印刷代が4倍かかってしまうのです。
費用を安くするためには避けた方がよさそうです。
他にも特殊紙を使わないなど、細かな点をあげればきりがありません。

個人で出版するにあたって妥協できる部分とできない部分があるはずです。
契約をする際に、細かな点まで話し合って見積もりをだしてもらいましょう。
自費出版の場合、一つ妥協するだけで費用がかなり節約できます。

印刷会社で本を作る

March 04 [Wed], 2009, 16:37
自費出版をする際に印刷会社を選ぶ人もたくさんいると思います。
印刷会社で本を出版するメリットと言えば、何よりも費用が安いことです。
デザインから製本まで全てを一箇所で行えるため余計な費用がかからないのです。

他にもメリットがあります。それは身近な場所に印刷会社があるということです。
大きな会社もあれば、小さな会社もあります。
どこに住んでいても印刷会社はあるので個人で出版したいという願いを叶えてくれます。
特に地方に住んでいる人にとっては近くに出版社がないため、印刷会社を利用する人がほとんどです。

逆にデメリットは出版社とは違い名前が知られていないことです。
出版社から出版すれば、社名がブランドの役割を果たします。またISBNコードもつきます。
ただし、そのブランドがあるからといって本が必ず売れるわけではありません。
個人的に本を作るだけであれば、ブランド名より費用が大切だという人も多いはずです。
以前は印刷会社に頼むと、出版社に比べて本の質が劣ると言われていました。
専門スタッフがいないことが原因でしたが、今では自費出版にも対応してくれる編集部がある印刷会社も増えてきています。
出版社と似たようなサービスを提供してくれる印刷会社もたくさんあるのです。
契約する前に、どんなサービスがあるか確認してみるのがいいでしょう。
同じサービスを受けることができるのであれば少しでも安い方がいいですよね。
価格重視と言う方には印刷会社がお勧めです。

出版社で本を出す

March 04 [Wed], 2009, 16:36
出版社で自費出版をしたいという人は多いと思います。
専門的な知識がある人達につくってもらいたいと誰しも思うはずです。
そして本を売りたいという人にとっては、出版社名が本に入ることでとても大きな力になります。

出版社で本を作るメリットは本の質がいいことです。
個人ではできない本を作れることです。本作りのプロがそれぞれの要望を聞いて、期待に沿える本を作ってくれます。
校正はもちろんレイアウトなど、全てにおいて質が高いのです。満足のいく本ができあがるでしょう。
さらに全国の書店販売が可能であるというメリットがあります。
出版社は商業出版で使うため、必ず主要の取次店があるのです。
自分の本を売りたい人にとって、本の流通経路が最初からあるのはとても大切なことになります。
個人ではもちろん、他の会社でも本を流通させるのは大変なのです。
ましてや自費出版の本になるとなかなか取次店を見つけることができません。

逆にデメリットは費用が高いことです。
出版社名という付加価値がつく時点で少し値段が高いのです。
本の作成から流通までを考えるとかなり高額になってしまいます。
校正やデザインもプロの方がサポートしてくれます。
安心して任せることができ、質のよいものができあがります。
質のいいものができればできるほど、費用も高くなると考えておいた方がよさそうです。
安くしたいのであれば避けた方がいいですが、書店に本を並べたいのであれば出版社を利用するのが一番いいとおもいます。

新聞社で出版する

March 04 [Wed], 2009, 16:36
自費出版を手伝ってくれる会社の一つに新聞社があります。
出版社に比べると、地方にもあるので比較的利用しやすいものになります。
地方の新聞社はもちろん大手の新聞社であっても地方に支社を持っているので、調べてみると家の近くにあるかもしれません。

新聞社で自費出版をするというイメージはあまりないかもしれません。
そのためきちんとした本が出版できるか不安な人も少なくないと思います。
しかし新聞社には出版部というものが存在し、出版社とほぼ同じ働きをしています。
出版社と変わらぬ本を作ってもらう事ができます。
絵本や写真集ももちろん作ってもらえます。
個人出版したいという相談にもきちんと応じてもらえます。

新聞社にも知名度があります。全国紙を作る会社は知名度が高いので、費用が高くなります。
地方の新聞社の方が比較的安く本を作ることができますが、基本的には出版社と同じくらいの費用がかかると思っておいた方がいいでしょう。

新聞社で本を作るメリットは出版社と同様にいい本を作ってもらえることです。
また書店にも本を並べることのできる流通ルートがあるのもメリットです。
もちろん大手の出版社であれば、名前がブランド力になることもあるのです。
個人で本を出すことは会社選びも大変ですが、地方の出版社であれば親身に話を聞いてもらえるところも多いでしょう。
出版社同様に綺麗な本を出してもらえるのであれば、近くの新聞社でつくるのもいいかもしれません。

自費出版専門会社を利用する

March 04 [Wed], 2009, 16:35
自費出版のできる会社は色々ありますが、インターネットで調べると出てくるのが自費出版専門会社です。
個人で本を出版したいと思う人達が増えたためにできた会社です。

自費出版専門会社に頼むメリットとして、様々なアドバイスをくれることがあげられます。
個人で本を出したいと思う人の多くが初心者であるため、本を作るために必要なことが何もわからないという人がほとんどです。
契約に至るまでの説明はもちろん、契約してからも本をつくるためのアドバイスをもらうことができます。
出版社のように他の仕事もしているというわけではないので、親身になって自費出版の手助けをしてもらえます。

専門会社には本に関するプロのスタッフがいるので校正やデザインなど全てやってくれるのが特徴です。
本は書きたいけれど、難しいことは分からないという人にとってはお勧めです。
また、出版社には負けないぐらいの良い本を作ってもらえます。
ただし新聞社や大手出版社のように知名度がないため、本を出版した際のブランド名には期待はしない方がよさそうです。

このような専門会社は数多く存在しており、最近ではインターネットでも手軽に自費出版ができるようになっています。
しかし書店に並べたくても、流通ルートを持っていない会社もあります。
書店に並べたいのであれば、その出版社が実際に本を出版しているか最初に調べてから契約するようにしましょう。
なかには悪徳業者もいるので注意が必要ですね。

自費出版は儲からない

March 04 [Wed], 2009, 16:34
自費出版をしても儲からないという言葉はよく聞くと思います。
そもそも出版した目的が記念であって、売るのがメインではない人もたくさんいます。
売れなくてもいいから書店に並べてみたいという人がいるのも事実です。

では、自費出版はなぜ儲からないのでしょうか。
その理由の一つには個人で最初に負担する費用が大きく、本が売れてもなかなか最初の出費を補うことができないからです。
名前が知られていない分、売れても限度があるのです。
他にも理由があります。
書店に並べるだけでは売れないのです。
書店のどの位置に並べるかはお店の自由であるため、自費出版された本の多くは人目のつかない辺りにあるのが現状です。
部数も少ないため平積みにもしてもらえません。
また、売れなかったら返品になるためあまり利益は期待できないのです。
個人で出版した本であっても、有名な著者の本と同じくらいの価格になっています。
そのためどうしても、一般の人からすると聞いたことのない人の本に同じ値段を払えないと言う人もいるのです。

儲からなくても有名になれたらそれでいいという人もいます。
自費出版した本が売れれば作家としてデビューできるかもしれないという人もいるかもしれませんが、自費出版では厳しいでしょう。
作家デビューを希望するのであれば、自費出版より小説など公募している出版社に応募する方がいいです。
自費出版よりも作家になるための近道になります。賞が取れれば作品の依頼もきます。

売れる本を作る

March 04 [Wed], 2009, 16:33
自費出版はなかなか売れないと言われています。
その理由は様々ですが、本が100%売れないというわけではありません。
ではどのようにしたら売れる本を作ることができるのでしょうか。

個人で本を出してたくさん買ってもらえたという話を聞く事はほとんどありません。
その理由に自分の書きたいことを書いているということがあります。
つまり自費で本を出すのだから、自分の好きなように本を書きたいという人が多いのです。
当たり前のことに思えますが、大切なことが抜けている場合が多いのです。
それは本を読む人の立場になって本を作る事です。
自費出版の多くは自分の考えや想いを一方的に書いてしまう傾向があります。
しかしそんな本は読んでいる側からすれば面白くもありません。

もう一つ大切な点は読んでもらいたい人を決めることが大切なのです。
どんな人に向けて書いた本かが明白でないために中途半端な本になってしまっている場合が多いです。
誰でもいいから読んでもらいたいではなく、読んでもらいたい人を決めましょう。

そして売るために大切なのが宣伝です。出版社からの宣伝だけでなく、個人の宣伝も必要となってきます。
直接色んな人に話すことはもちろん、最近はインターネットが普及しているので利用するのもいいでしょう。
何もせずに買ってもらうのを待っていても、なかなか手にはとってもらえません。
書店に本を並べて、多くの人に買ってもらいたいのであれば、本を書く努力と売る努力は必要になります。